在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

オーディオリプラスの電源プラグ :RCP-1RU







オーディオリプラスからACプラグ RCP-1RU が




発売されました。










明工社製のホスピタルグレードACプラグに





シグネチャー・ナノクライオ処理と




銅合金メッキ、そして白金スペシャルルテニウム特殊メッキを




施してあります。
















青・白・赤のトリコロール調カラーリング。なかなかかっこいいです。










いくつかのコンセントプラグと比較試聴しました。




ベースとなった明工社のプラグはブレード部が真鍮製です。




最近は電気銅を採用して高い導電率を確保するプラグの方が人気がありますし、




そのメリットは聴感上明らかです。




そこを敢えて、定評があるとは言え明工社製ホスピタルグレード品を採用するとはと、




聴く前は若干疑問に思っていました。




しかし。。




RCA-1RU、




傑作です。




電気銅ブレードの他社製品と比べても、解像度が高かった。




団子だった中低域が心地よくほぐれ、音場は拡大し、




ノイズフロアも低い。




驚いたのは、ピアノの質感、音色です。




繊細で、官能的。




ご試聴になったお客様も私も速攻で注文しました。




自作の電源ケーブルを久々にパワーアップできます笑。




店員S田でした。婚活力もパワーアップしたい。










ゾノトーンの新フラッグシップ・スピーカーケーブル







先月、前園サウンドラボの前園さんが当店にいらして、




新しいフラッグシップ・スピーカーケーブル、




7NSP - Shupreme X を聴かせていただきました。








































ご覧のとおり、




太い!!




そしてその音は、




繊細かつ大胆。




音色を巧みに描き分け、音像のフォーカスはシャープに決めながら、




決してスタティックな音楽表現をしない。非常にダイナミックな表現です。




ケーブルを自作した方ならあるいはお分かりかと思いますが、




繊細さと大胆さを両立させるのはなかなか難しいものです。




ゾノトーンはこの相反する要素を高次元で両立させるために




導体をハイブリッド構成にするアプローチを採用してきました。




素人がやるとハイブリッドは音色がちぐはぐで定位もいい加減という結果になりがちですが、




ゾノトーンはハイブリッド構成のメリットだけを、音楽的に高度なバランスを保ちながら




我々オーディオファイルに提供してくれます。




あいにく当店にはまだ試聴機がございませんが、




スピーカーケーブルをお探しの方にはぜひ1度、試聴していただきたいですね。




店員S田でした。





オーディオテクニカ:ATH-ADX5000

















































オーディオテクニカの新しいフラッグシップ、




ATH-ADX5000




当店に既に試聴機がございます。




まだおろしたてなので本領は発揮していませんが、




かなりいいです。




空間情報が非常に多い。トゥッティで全く破綻しない。




とても軽いし側圧も気にならない。




音も造りも相当練られているようです。さすが名門。




ぜひ一度御試聴ください(^^)。

















日本音響エンジニアリング:AGSの威力












現在当店にて




日本音響エンジニアリングの柱状拡散体




Acoustic Grove System




=AGS の、




Sylvan




ANKH-III(アンク・ミニ)




ANKH-VI (FL66)






を御試聴いただけます。
























AGS 有りで聴いたあとで











AGS 無しで聴くと、




とっても寂しくなります(^^;)。




有りだと、スピーカーが解き放たれたかのように伸び伸びと歌いだし、




無しだと、音の束が団子になり、音場が狭くなり、録音現場の空気感が明らかに失われてしまいます。




自宅試聴すると戻せなくなるアクセサリーの最右翼ではないでしょうか。。




ぜひ AGS の効果を御体感ください。




店員S田でした。





OCTAVE:V 70 SE









独OCTAVE :V 70 SE
















バウハウス的な造形美。




だなんて、自分らしくもない気取った喩えも使いたくなるシンプルで合理的なデザイン。










このドイツの合理主義アンプに




英国 Stirling Broadcast の古典的な2ウェイバスレフスピーカー SB - 88 を組み合わせ、









姿も音も生成りな日本オーディオ(PROXIMA)の電源ケーブルで給電して









































色々聴いてみました。




音でなく音楽に集中させてくれますね。




S/Nに優れ、ドライブ力も充分。




これ以上何がいるのか。




オプションの Black Box、そして Super Black Box を加えれば更に




ドライブ力が向上してスケールも大きくなります。




昨晩プリから煙が出た我が愛機 QUAD 22+IIとは異なり、




信頼性、動作の安定性も十二分。




実に良いアンプです。




店員S田でした。















audiounion DAY vol.3 間もなく開催します!






本日12時からいよいよ、




audiounino DAY vol.3 開催です!










我々もそう滅多には聴くことがない、NVS のトップエンド、




Silver Inspire S シリーズが勢揃いしています。




新製品の USB ケーブルをデモするために使用する DACに急遽変更がございました。




dCS の Rossini DAC に代わり、英国 CHORD の DAVE を使います。




ただいまネイサン氏が最終調整中です。




あいにく超大型台風が近づいておりますが(^^;)、




今日はむちゃくちゃいい音が聴けますよ~笑。




ご来場お待ちしております!

YG ACOUSTICS:Carmel 2 !!


















先日開催された 2017 東京インターナショナル・オーディオショーで




最も話題を集めたブースの1つが、AccA ブース だったと言っていいでしょう。




Sonja XV の音は衝撃でした(^^;)。




ホログラフィックな再生というものは XVが初めて実現したとさえ言えるのではないか。




スピーカーが消え、音像と音場が立体的に立ち現れる様に




圧倒されました。。




インターでの衝撃がきっかけ?で、




当店でいま、XVの末弟 Carmel 2 が鳴っています。










YG ACOUSTICS:Carmel 2 




10月22日に audiounion DAY vol.3 で使用する、
























これらのコンポーネントと組み合わせて何枚か CDを聴いてみました。




XV に通じる高解像度、ホログラフィックな音像・音場が




はっきりと聴きとれます。




さすがにこのサイズですので低音のスケール感は XV に及びませんが、




私のような 6畳間のリスニングルームで聴いている者にはこのサイズの方がありがたい。




6畳間で究極の高忠実度再生を実現するためのスピーカー候補として




Carmel 2 は筆頭に挙げられるでしょうね。




欲しい。




店員 S田でした。




趣味を仕事にすると貯金なんてムリ。







audiounion DAY vol.3 デモ機が続々







audiounion DAY vol.3




明後日 10月22日(日) 12:00 ~ 14:00 





当店にて開催です。




当日使用するデモ機が続々と到着しています。




冒頭写真のSACDプレーヤーは スイス ORPHEUS の SACD HE/P です。











プリは イタリア AUDIA の Strumento n1 Mk.2










パワーアンプは同 AUDIA : Strumento n4 Mk.2









YG Acoustics:Hailey と、dCS:Rossini DAC は明日当店に到着予定です。




当店にしては珍しくハイエンド笑。




やっぱりハイエンドは素晴らしいです。情報量の桁が違う。




あさってが楽しみです。




店員S田でした。















10月22日(日) audiounion DAY vol.3  ネイサン氏来日講演です!







10月22日(日曜日) にオーディオユニオン全店にて開催される

audiounion DAY vol.3 




当店では今回、アメリカから NVS創設者 

Nathan Vander Stoep 氏をお迎えして、

滅多に聴けない同社のトップエンド、Silver Inspire S シリーズ

ネイサン氏自身の解説と共にお楽しみいただきます。


最終的に販売モデルとならなかった幻のケーブルもご紹介。

NVSのサウンドチューニングの秘密に迫ります。



そしてなんと、新作の USBケーブルも初お披露目!





10月22日(日曜日) 12:00 ~ 14:00

 当店にて開催!



【 当日の使用機材 】

●スピーカー  YG ACOUSTICS : HAILEY
●SACDプレーヤー ORPHEUS : SACD HE / P
●DAコンバーター dCS : ROSSINI DAC

●プリアンプ AUDIA : STRUMENTO n1 Mk.II
●パワーアンプ AUDIA : STRUMENTO n4 Mk.II




乞うご期待です(^^)。






超ハイエンド・ラインケーブルの誕生です







Acoustic Revive から 超ハイエンド・ラインケーブルが発売されました。




当店で御試聴いただけます。




●RCA-Absolute-FM / 1.0m=880,000円(税別定価)

●XLR-Absolute-FM / 1.0m=980,000円(同上)




(ファインメットビーズを装着しないモデルもあります。

ファインメットビーズを装着する上記ケーブルと比べて各2万円安価になります。)





まあ、価格にビックリです笑。




NVSのトップエンド、Silver Inspire S RCA / 0.9m が長さが10cm 短いながら同価格。
































先日からブレークインを兼ねて試聴を続けています。





超絶ハイファイです。




圧倒的な高解像度。ノイズフロアが底なしの低さ。




コンサートホールの空気がダイレクトに伝わります。




トランスデューサーとしての性能が高い現代ハイエンドスピーカーをお使いになる方には、




是非一度聴いていただきたいケーブルです。




とにかくハイファイ性能が高いケーブルですので(^^;)。




当然ながらエッジを立てて高解像度感を演出するようなまやかしは皆無。




一聴の価値大アリです。





店員 S田でした。