在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2
7 8
12 15
18 19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

D&M 新製品内覧会に行ってきました




一昨日、D&M新製品内覧会に行ってきましたので御報告。まず DENON から。


写真右の方が DENON の新しいサウンドマネージャー、山内 慎一さんです。





向かって左手が今までのトップエンド、DCD-SX1PMA-SX1


右手が新しいトップエンドの DCD-SX1 Limited と PMA-SX1 Limited





DCD-SX1 の天板


PMA-SX1 の天板


このように SX1コンビは天板が中央で分かれる2枚構成。その分ビスも多く、叩いても鳴きませんが



DCD-SX1 Limited の天板


右側手前が PMA-SX1 Limited の天板。


ちょっと分かりにくいですがその奥にある PMA-SX1 と違い1枚構成でビスは SX1 より少ないです。



叩いて鳴きの違いを確認しているところ。


SX1 Limited コンビは SX1 コンビ より明らかに天板が鳴ります。これはコストダウンのために剛性が落ちたのではなく、


チューニングの結果、天板をガチガチに固めない方が音が良かったからだそうです。盛大に天板がなるソウルノート製品に結果的に近づいた? デノンの上級機って高剛性で鳴かないことでは最右翼というイメージでしたからこの変化は興味深いですね。











細かい話が続きますが笑 お分かりになるでしょうか、Limited の方はビスに銅メッキが施してあります。メーカーHPに書いていないことは大体これくらい笑。


あ、あと





フット。右の黒い方が SX1 用(のサンプル?)、左の銀色の方が SX1 Limitedのもの(試作品かもしれません)。








どちらにも Limited Edition ロゴがついています。


で、SX1 コンビ・SX1 Limited コンビの比較試聴を何枚かのCDでしましたが、


SX1 Limited コンビは明らかに SX1 コンビより解像度がより高くなり空間は拡がりノイズフロアは下がりました。あと印象的だったのは低域です。SX1 Limited を聴くとどの CD でも SX1 より低域の実在感が増して音楽的な説得力も向上していました。


とはいえ SX1 Limited  コンビもやはり音像が力強い点で今までの DENON サウンドを確かに継承しています。


今回写真はないのですが、他にも PMA-390 シリーズの後継となる PMA-600NE、そして DCD-755 シリーズの後継となる DCD-600NE 、


そしてデザインシリーズの新製品 PMA-150H を試聴しました。


いずれも価格を遥かに超える音 でした。ちなみに私は寝室で DCD-755RE を使ってますが DCD-600NE との比較試聴は所有者的に悲しくなる結果となりました( 600NE の方が断然良かった笑)。まあサブシステムのサブシステム?なので慌てませんが笑。




マランツ試聴室。


同じく MARANTZ :PM-5005 を所有する者的にはで今回難を免れたましたがその後継機が出たら多分悲しくなるであろうことに、





まだ資料ができていなかったプリメインアンプの新しい2機種も、それぞれの先代より断然良くなってました。


SA12、PM12 が気になり始めている店員S田でした。









日本ディックス:Pentaconn Yラグ / バナナ端子を試聴しました。




Pentaconn シリーズ で有名な 日本ディックスから スピーカー端子(Yラグ、バナナ)が発売されます。





JIB の切売スピーカーケーブル をまず裸で繋いで聴きましょう。











JIB のこのケーブル、かなりのお手頃価格ではありますが


いつも完成品スピーカーケーブルを繋いで聴いている当店で改めて聴いてみると


意外と聴ける笑。 ここの切売はいまどき珍しい強い音がするので聴いてて面白いんです。


では日本ディックスの端子を装着して聴いてみましょう。











ジェニファー・ウォーンズがさっきはビッグマウスだったんですね笑。口元がきゅぅとしぼまりました。


裸で繋いだときより情報量はむしろ増えた印象です。スピーカーターミナルの形状にマッチするよう成型されたプラグの方が裸よりも接触が安定しますから(良質なという限定はつきますが)Yラグ、バナナ端子を装着する方が音は良くなります。


ちなみに日本ディックスのこの端子は真鍮でなくOFC(無酸素銅)と特殊銅合金でできているので導電率はとても高い。加えて下地メッキがよくあるニッケル(磁性体)メッキではなく非磁性体の特殊メッキ。


ニッケルメッキが絶対悪かというとそうとも言い切れないのですが、音質的考慮の行き届いたプラグであることに違いはありません。


予定価格がけっこうお高いようですが笑 とてもいい端子です。店員S田でした。


 






HARMONIX:TAKUMI Maestro を聴いてみました。




猛暑にめげず HARMONIX:TAKUMI Maestro SMT-15R 電源ケーブルを聴きましょう。







せっかくなので Esoteric:7NPC-9900 MEXCEL と比較します。







・・バッハ・コレギウム・ジャパンの演奏・録音って再生が難しくありませんか?


私は SACD 化される前から結構沢山買って再生してきましたが、どうも明る過ぎる。カール・リヒター的な暗く重厚でコブシがきいたドラマティックな演奏・録音や、フリッツ・ヴェルナー的な地味でローカルで実直なそれともまるで違う、


タメの無い、ちょっと速い、そして明るくて軽い古楽特有の演奏と録音。


まあバッハのカンタータに限らず ホグウッドのモーツァルト交響曲全集や、コープマンのハイドンとかでもそうなんですが、


古楽系はハイファイ性能を高めるほど明るく軽く薄くなってしまいがちな気がします。あるいは私が昔から聴いてきたベームやリヒターに馴染み過ぎているだけなのかもしれませんが。


7N-PC9900 MEXCEL でプリメインアンプ に給電した音は、Magika Mk.2 自体の明るい音色と妙に相乗?したようでかなり明るいものでした。7N-PC9900 MEXCEL 自体は音色の明暗バランスは中庸なのですが、Magika Mk.2 との組み合わせるとちと明るい。






これも明るい。ちょっと違うんじゃないか。


 


では TAKUMI Maestro に繋ぎ換えましょう。





コタツの電源ケーブル太い版。





※ お中元の箱ではありません。


我ながら上記したことがフリにしか思えない展開ではありますが、7N-PC9900 MEXCEL より解像度は下がった反面、音色バランスは中庸になりましたね。


で、これはおそらく 9900 のエイジングがまだ完了していないせいかと思うのですが 9900 は1本調子で強い音がとにかくぐいぐいくる感じだったのと対照的に、


TAKUMI Maestro (何度も書いてるとちょっと恥ずかしくなる名前かも)は「押す」と「引く」をきちんと描き分けるので抑揚表現が TAKUMI 。


TEN-IN ESUDA でした。















FURUTECH:NCF Booster-Brace 試聴 。




NCF シリーズ で快進撃中の フルテックから新製品が誕生。


その名も NCF Booster-Brace 。


Brace (ブレイス)=締め具、支持具 といった意味。しかしこの製品はコンセントに電源ケーブルのコンセントプラグを確実に挿すためのアクセサリーなだけではない。


不要振動を減らし、静電気の除去もしてしまうアクセサリーです。





私はこの新製品については音展でお披露目された際の写真を見ただけでしたので、





↑ 実はこんなに凝りに凝った素材構成、構造だったと知ってビックリ。


フルテック、攻めてます。











赤いのは両面テープ。





この面をコンセント側と両面テープで固定させます。








今日は プレーヤー、プリメインアンプの電源で試します。まずこのように NCF ブースターブレイス 無しで。



ちなみに今回はイジワル?で、コンセント GTX-D NCF (R) 、コンセントプレート 105.1 NCF という NCF コンビに ブレイス 有・無 で試します。NCF を既に沢山使っているんだから このうえ ブレイスなんて要らない気もして。ブレイス も決して安くはないんでね笑。





さ、ではいよいよ NCF ブースターブレイスを装着。





気のせいかな。ついこないだもこんなよーなことやったような。





いや、多分きっとこれからもずっとこんなことを





・・続けるんだろうな。ってナニまたこのかっこいいこと!

これだからオーディオはヤメラレネエ。





ハァ・・(溜息)。





今日の試聴スピーカーは 伊 audel の Magika Mk.2 。なんですが、





ブレイス無しで聴いたときと笑っちゃうほど違う! さざ波が沖から手前まで断続的に、つまり途切れ途切れに展開していたのが、


ブレイス有りだと欠落無く繋がって前後に展開するようになるだけでなく 
唄、オカリナの音像がキュウっと絞まる。





安直ハイファイ系アクセサリーだとモワンとした美味しい質感を消してバカのひとつ覚えみたいにスッキリクッキリハッキリの1本調子にしてしまうこの録音も、ブレイス有りだとモワンとした質感がむしろより際立つ(ノイズとシグナルを正しく判別できるアクセサリーということです)。





そしてこの曲。冒頭右手のパーカッションからして全然違う。


奏者と楽器の周囲を覆っていた淀んだ空気が取り払われたかのよう。


ノイズフロアの低下・音像サイズの適正化・空間情報の精密化。


ブレイスの効果をまとめればこんな感じでアクセサリーの効果としてはよくある表現になってしまいますが、


音質の向上度からすると NCF Booster-Brace は 超絶ハイC/P アクセサリーだと断言してしまいましょう。


店員S田でした。







伊 audel:Magika Mk.2 入りました。




イタリア audel :Magika Mk.2 。当店で鳴らし始めています。
























これでもかこれでもかっ!


と言わんばかりのバーチ積層尽くし。






イタリア製なので私の方も これでもかこれでもかっ!と イタリア系のソースを再生してみると









ファビオ・ビオンディ ✖  オイローパ・ガランテ のような、下手するとイージー・リスニングになりかねない演奏と録音が、音楽としてシリアスに聴けてしまう。これはかなりスゴイ。血なんでしょうか。


反面、おろしたての現時点では









ブロッホは厳しいかな・・。 エイジングを進めて、アンプやアクセサリーを吟味して、ブロッホも聴けるようにしたい。ぱっと見はヨーロッパのお洒落なリビング向けスピーカーですが、ポテンシャルは感じるのでチャレンジする価値はあると思います。





ご多聞にもれず?夏用の熱くならないアンプが欲しくなった店員S田でした。



サンシャイン:SSP-Reference を聴いてみました。




台風が近づいていますがオーディオファイルには関係ありませぬ。





今日も今日とてケーブルの比較試聴をするのです。


サンシャインから発売されたばかりの切売スピーカーケーブル、SSP-Reference


そして対するは ゾノトーンの 6NSP-Granster 5500α 。







今回は都合によりプラグが両機で異なりますが大体の傾向の違いは判るでしょう。










まず 6NSP-Granster 5500α を繋いで聴き、







SSP-Reference に繋ぎ換えます。





Granster 5500α より SSP-Reference の方がテクスチャが官能的。極端に言うと スピーカーを B&W から HARBETH に換えた感じ。





Granster 5500α だと子音成分が結構目立ったこの録音。SSP-Reference に換えるとビヨンセ のヴォーカルが耳に刺さらない。極端なたとえをするとツィーターをホーン型からソフトドームに換えた感じ。


ディップフォーミング導体の音ってやっぱりこういう感じですね。肉厚な中音域、滑らかなテクスチャ、ちょっとダークな音色。


いいスピーカーケーブルです。店員S田でした。





HIS MASTER'S VOICE




シーッ! お静かにっ!





いまオーディオ業界の超絶 VIP







当店で御試聴中なんですからッ。





「 ・・フムフムなるほど、悪くはなかったけどさ、





やっぱりオレは





ビクターのスピーカーが いちばん音いいと思うよ。」


そりゃそうですニッパーさまッ! 当然過ぎます 他のなんか全部クソですッ!!

・・ただせっかくなんで当店自慢のオーディオアクセサリーも御覧になってください!


「しょうがねえなーじゃあ見てやるよ。ッタク かったりーな 」


アリガトウゴザイマスッ





・・・。



・・・



・・・




「・・・他には?」


お気に召したみたいですね(^O^)  まだまだ沢山ありますよっ











・・・。




「・・これはわかるな」





「クンクン。・・おいここ変な臭いするぞ」





「・・・えっと、」





「ここから出してもらえるかな?」


当店が相当お気に召したみたいですね(^^)。というわけで、ニッパー様 絶賛発売中です。

サモエドをいつか飼いたい店員S田でした。









































ESOTERIC:7N-PC 9900 MEXCEL




ESOTERIC:7N-PC 9900 MEXCEL





デモ機が届きました。









早速比較試聴しましょう。


しかしなんといっても ESOTERIC のトップエンド電源ケーブルですからね、


比較対象はかなり限られます。国産で探すとやはりこれでしょうかね。













ACOUSTIC REVIVE:POWER SENSUAL MD





今回はプリメインアンプの電源ケーブルとして比較試聴。





この POWER SENSUAL MD は相当鳴らし込んでいる個体なので、価格がかなり MD より高いとはいえおろしたての 7N-PC9900 MEXCEL には厳しい戦いになるんじゃないか?


そんな心配をしてしまうほどに MD はいい音してます。


全体に温度感が高い。空間は前後左右高低に満遍なく展開。空間内の情報量に偏りが無い。


出川式が効いているんでしょう、私も自宅で愛用していた POWER MAX III や POWER SENSUAL よりも音場空間内に緻密かつ均質に楽音と空気が満ちる印象です。


では 7N-PC 9900 MEXCEL に繋ぎ換えましょう。







・・いやあ。さすが MEXCEL (^^;) 。


凄みがあります。まだ MD のような空気感は表現できておらず、楽音がもっぱら水平方向に展開しているのですが、


楽音の1つ1つが超高精細に描かれます。他の録音も聴きましょう。





現時点では MD よりも ヴァイオリンがキンキンしてはいるものの、各楽器の音が1つ1つ実に丁寧に描かれる。。





7N-PC 9900 MEXCEL の方が MD より波の泡立ちを細かく表現する。半面、高域に強調があるとも言えますがこれはおろしたてであることにもよるでしょう。しかしエイジングが進めばもっとバランスがフラットになるでしょうし、現時点で聴きとれる極めて高い解像度も全帯域に及んで相当凄いことになるはずです。


栴檀は双葉より芳し。7N-PC 9900 MEXCEL 要注目です。


店員S田でした。







SPEC:AC-USB1




SPEC:AC-USB1







試聴しましょう。





いつもの竹富。





まず AC-USB1 無しで聴き、


次に カクテルオーディオ:X-45 のフロント USB-A 端子に AC-USB1 を繋ぎます。





まず気がつくのは、沖方向の波の音が正しく沖方向に聴こえるようになったこと。


そして鳥の鳴き声が AC-USB1 無しのときより明らかに遠くに、そしてその距離感に整合するサイズにまでキュッと音像が小さくなりました。


唄とオカリナは密度感が増します。


予想していたよりずっと効きますね。他にも聴いてみましょう。







また AC-USB1 無しで聴いた後、





先ほどと同じ端子に繋いで聴いてみます。


バックボーカルがメインボーカルから鮮やかに分離しました。加えて楽器の音がその周囲の空気を伴って描かれる。S/N比 が向上していますね。ボーカル自体の音色が濃やかさを増したのも音像自体における S/N比 が向上したことによるのでしょう。







ともすればキンキンと耳障りになりがちなこの盤のヴァイオリンも AC-USB1 を繋ぐとそれが演奏のせいではなくプレーヤー内のノイズが悪さしていたせいだったことがわかります。耳障りでない=「正しい」子音成分というものは確かにあるわけですね。


絶対的な価格はお手頃ながら効果は大きいアクセサリーです。店員S田でした。










Accuphase:A-48




アキュフェーズの純A級パワーアンプ、A-48 。


A-47 の後継機です。





メーカーの説明によりますと A-47 の後継機というより、現在の純A級ステレオパワーアンプのトップエンドである A-75 の弟分?という位置づけとのことです。


最近のアキュフェーズが文字通り愚直なまでに S/N比とダンピング・ファクターの向上に取り組んでいるのは周知の通りですが、


それらの性能の向上が音楽を聴く歓びをも大きくするのか? 単なるスペックの向上に過ぎないのではないか?


という素朴な疑問が浮かばないでもなかった笑。


が。 A-47 との比較試聴でその疑問は雲散霧消しました。彫りが深くなり、楽音の密度感・実在感が増した結果、ともすれば明るく薄くなりがちなところもあった アキュフェーズの音が、元々ハイファイ性能的には断トツに素晴らしかった長所はさらに伸ばしつつ、音楽的な説得力をも向上させていたのです。


A-46、A-70 を所有して愛用していた者の1人としては A-48、A-75 に改めて興味を抱かざるを得ない。皆様にも A-48、A-75 、をぜひ御試聴いただきたいところですね。店員S田でした。