在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
3 6
10 13
20 21 22
23 26 27 28 29
30

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

Ansuz:X ケーブル 濃くて強い音がする。




ZONOTONE のケーブルの音はガッツがあって力強いと評されることが多いですが、





Ansuz のケーブルの音と比較すると、しっとり滑らか、どちらかというと繊細に感じられてしまいます。





銅単線に銀メッキを施した導体と、


錫メッキを施した銅の編組線のシールド。









端子は表皮効果を考えた造り。





スピーカーケーブルはツイストさせて低インダクタンス化。









ピアノの打鍵が強くて音色が濃い。実在感のある音像。


強弱・緩急の幅は広く抑揚表現に長けています。





銅鑼のアタックが強い。男声の声に芯がある。といって剛直一辺倒ではありません。


音像を構成する芯以外の成分の描き分けも価格以上のものがある(=解像度が高い)からでしょうね。


Ansuz 、いいケーブルです。得難い個性。



店員S田でした。














Ansuz:X ケーブル

Ansuz  の X シリーズケーブル


ラインケーブル と スピーカーケーブル をいま当店でお借りしています。


新進のメーカーではありますが、設計開発者の方は NORDOST に在籍していたということですので技術力の高さは折り紙付きですね。


今回は 比較用に ZONOTONE を繋いで聴きます。













この「竹富」で解像度と空間再現性をチェックして、





「ハスキル」 では主に音色、テクスチャ、温度感、抑揚を。





アンプは KR 、スピーカーは ZU 。


では次。Ansuz に繋ぎ換えます。


と。お客様の御試聴が入りました。というわけで次回に続きます。


明日 HL Compact が自宅に届く予定の店員S田でした。








私も買いました・・怪しいけど楽しいかも・・





Sixth Element 社の 製品。


当店にもどんどん買い足している常連のお客様がいらっしゃいます。


私もこの、DTX 3D Quantum Pad を買いました。


・・正直言って少々怪しさの漂う商品ではあるのですが笑、


我が家のシステムの色んな場所で試してみたところ、


音に「変化」が生じるのはどうやら間違いありません(^^;)。


場所によっては効き過ぎて、音が若干うわずったようになります。


この DTX 3D Quantum Pad は複数枚貼って使うのが本来のようですが、どうも私のシステムでは1枚でちょうどいいくらいみたいです。


ベストな場所が定まってから両面テープで貼る予定。ともあれこういう実験は楽しいです笑。


また御報告いたします。


スピーカーを買い足そうか検討中の店員S田でした。




ACROLINK:8N-PC8100 Performante 限定99本





8N が新品で手に入る・・99本限定ではありますが。


ACROLINK:8N-PC8100 Performante







詳しい内容は メーカーHP にありますが、


導体は勿論のこと、絶縁・振動対策・電磁波対策・プラグのクオリティ等、ケーブルの性能を決するすべてのファクターにおいて究極を追究していますね。








早速聴いてみましょう。


比較対象が必要ですね。今日はうってつけのものがありました。







同じ ACROLINK の 7N-PC6700 Anniversario CBN
















澄み切ったいい音です。エネルギー感もあるし、情報量は十分に多い。


では次。 8N-PC8100 Performante に繋ぎ換えます。











情報量も増えたのですが、最近私がよく使ってしまう肺活量が増えた感じに情報量の増大が効いています。余裕が出るんですよね。


で、これは正直驚いたのですが、


ともすればヒステリックに鳴ってしまいがちなヴァイオリンの音色が潤います。


倍率がある程度高くないと硬軟、乾湿、明暗、といった音色を構成するファクター同士のバランスが崩れてしまう録音ってある気がします。


8N の高い解像度=高い倍率 を得れば、耳障りな音しかしなくて困っていた録音から、生理的に心地良い質感を聴き取れるようになることもおおいにあり得るでしょうね。


店員S田でした。





























SPEC:RSP-701 、RSP-AZ1





手に取った瞬間に「こいつはいい音がしそうだ・・」と思ってしまうアクセサリーってたまに笑 あります。





SPEC のリアルサウンドプロセッサー 2機種を今日試聴しましたが、






右側の上級機 RSP-AZ1。クルミ材にウレタンを薄く塗ったその粗い感触が


「S田さんからオーディオを取ったら何も残らない」という、


(社会人としてはともかく)オーディオファイルとしてはこの上ない賛辞をいただいたことのあるこのワタシにその音の良さをビンビン予感させたのです・・。


ともあれまずは







リアルサウンドプロセッサー無しで聴いてから、







って、かなり弦がキリキリときつい音ですね。通常だと。


では次に、RSP-701 を繋いで同じ曲を聴いてみます。










・・最初の1音からもう明らかに良くなってます笑。
恐らくどなたがお聴きになっても同じ意見であろうと思えるほどに。


SPEC のリアルサウンドプロセッサーはバイワイヤリング接続同様に逆起電力の悪影響を免れさせるだけでなく、スピーカーのインピーダンス変動にも対処するアクセサリーだからでしょう、





混濁が解消して音抜けが良くなり楽器間の距離が明確になるだけでなく、


分かり易く管楽器で言えば奏者の肺活量が増えて、さっきまで肩を上下させて辛そうに吹いていたのが今度は正しく腹式呼吸するようになるのです。


インピーダンスカーブが完全に平坦なスピーカーなんて存在しませんから笑、


そしてメーカーが公表するインピーダンス値はあくまで大体の目安に過ぎずミニマムでは相当インピーダンスが低いスピーカーが多いわけですから、リアルサウンドプロセッサーのようなアクセサリーはもっと増えていいと個人的には思ってたりします。 


では次。オーディオ馬鹿にいい音を予感させた RSP-AZ1 に繋ぎ換えましょう。










予感的中笑。


RSP-701 より明らかに楽音のテクスチャが繊細に描かれるようになりました。


耳障りだった子音成分が桁違いにキメ細かく描き分けられることで、例えて言うなら
通常CDスペックのPCM が DSD になったような変化が得られたのです。


RSP-AZ1 は傑作ですね。




 



とかく敬遠されがちな20世紀曲もいい音で聴くと、というかいい音で聴かないと正直わかりません。


現代曲が不人気なのはオーディオ人口が少な過ぎるからだとずっと言っていたりする店員S田でした。



















米 GRADO のワイヤレスヘッドホン:GW 100





デリカシーって結構大事じゃないでしょうか。


オーディオを評価する際にあまり着目されないですし、髭を毛抜きで抜いてるのでだんだん跡がキタナクなってて先日床屋のおばさんにたしなめられた私にはこの言葉をそもそも使う権利がない気がしますが、


先日 DH Labs の Pro Studio Progressive を試聴したあたりからオーディオ表現におけるデリカシーについて考えていたりします。


ニューヨーク ブルックリンに工房を構える老舗、GRADO(グラド)。


私も同社のカートリッジ、The Reference 2 を自宅で愛用していますのでグラドの音は大好きなのですが、


グラドはヘッドホンも実にいいんですよ・・。どちらも表現にデリカシーが感じられるんです。



というわけで今日はワイヤレスヘッドホン、GW 100 を試聴してみました。

















私の iPhone で Apple Music を聴いてみます。

















耳障りな刺々しさが無いですね。滑らかでウェットな質感で一貫してます。


録音の新旧やジャンルを問わず色々再生してみましたがどの曲も過不足無い情報量。


ヘッドホンって、耳の近くで発音するので音色の違和感があると長くはとても聴いていられないものですが、


さすが老舗。さすがグラド。違和感なぞ皆無です。むしろずっと聴いていたい。


自分を棚に上げてデリカシーのある女性と結婚したい店員S田でした。




















 





DH Labs:Pro-Studio プログレッシブ RCA













このたび DH Labs からインターコネクトケーブル  Pro Studio プログレッシブ が発売されました。



ベースとなった Pro Studio はスタジオで活躍を続ける銘機で実は私も自宅で愛用していますが、


Pro Studio プログレッシブ は Pro Studio がまだ秘め持つポテンシャルをフルに引き出すべく、


Pro Studio に画期的な電磁波対策・振動対策を施したものなのです。


では早速、標準の Pro Studio と Pro Studio プログレッシブ を比較試聴しましょう。






まず Pro Studio で聴きます。





では次。 Pro Studio プログレッシブ に繋ぎ換えます。







・・・これは、





・・お借りして自宅でもっとじっくり聴きたいですね。その気にさせる音です。


何かとノイズが多い店内で聴いてもかなりの変化なのですが、というか S/N比の向上度が凄まじいのはある意味想定内なのですが、


音楽表現において興味深いものがある。。


というわけでさっそく





エアキャップに包みました笑。カバンに入れて持って帰ります。


新たにトーンアームを買うことになった店員S田でした。














ロシア:TCHERNOV AUDIO(チェルノフオーディオ)









ロシアのオーディオ製品ってほとんどお目にかかりませんが、


このたび TCHERNOV AUDIO(チェルノフ オーディオ)社のケーブルが我が国のオーディオケーブル市場に参入となりました。


早速聴いてみましょう。
















ちょっと高域に爽やかなアクセントがありますね。そしてノイズフロアがかなり低い。


特に東方的という印象はないですね。オリエンタリズム的な期待をして試聴してはいけない真っ当なバランスの音です。


映画作家で言えば ニキータ・ミハルコフのような雑さや演出はないし、といってアンドレイ・タルコフスキーのような西欧的正統でもない。新進のハイエンドって感じです。


まだ数日は当店で御試聴いただけます(^^)。


QUAD ESL を探し始めている店員S田でした。















 


SIXTH ELEMENT:QBR-525 3D Quantum Ball




あけましておめでとうございます。


オーディオユニオンは今日から営業しております笑。


今年も宜しくお願いいたします。


今年最初の試聴は、台湾 SIXTH ELEMENT:QBR-525 3D Quantum Ball です。






超絶高性能ヘッドホン、FOCAL:Utopia のケーブルにこのように装着してみました。





ノイズフロアが下がりますね。楽器の位置もより鮮明になる印象です。


小さくて軽いので特に違和感はありません。


静電気を除去するアクセサリーですので、乾燥して帯電しやすい冬、ポータブルで使用する際により効果を発揮するかもしれませんね。ヘッドホン・イヤホンのケーブルは衣服との摩擦で盛大に帯電するでしょうから。


今年は インターコネクトケーブルを買い換えるかもな店員S田でした。













SIXTH ELEMENT:QAP-255 3D Quantum Tube





台湾 SIXTH ELEMENT 社のオーディオアクセサリー、QAP-255 3D Quantum Tube









日本のオーディオファイルの家にはあまり見ない色であり、かつまた、


謎の紋様が刻まれた謎の形状の物体です。


私には空港の手荷物検査でひっかかるであろうこの物体を説明して無事に飛行機に搭乗できる自信がありません。しかし警察官に職務質問されて鞄の中身を開けられてこれが出てきたら変な汗を大量にかく自信はあります。


それでも。我々 オーディオ愛の戦士たち はいい音を追究する歩みを決して止めることはないのです。


今日はこの QAP-255 の試聴をいたしましょう。






いつものこのCDを、まず QAP-255 無しで。


というか、せっかくなのでスピーカー間に置いて眺めながら聴きますか。









では次。 QAP-255 をプリメインアンプ Audia:FL 3/S の電源ケーブルに装着します。







・・効きますね。これ(^^;)。


強烈なのは オーパーツかと見紛う 超古代文明的なアピアランスだけではなかった。


実は今回プリメインアンプに繋いでいる電源ケーブルは、NVS のとんでもないやつなのですが、


電磁波シールド、振動対策、導体、絶縁、導体構造、メッシュ、プラグ等々ケーブルを構成する全ての要素において究極を追究したこの電源ケーブルに、まだ伸びしろがあることを知らしめるアクセサリーです。大したものです(^^;)。


SIXTH ELEMENT 社の説明によりますと、同社の製品にはランタノイドという素材を使用していて、マイナスイオンを発生させるようです。マイナスイオンについては諸説ありますが、イオン系のアプローチで静電気除去ができるのは他社の製品を試しても実感はできますので、具体的な仕組みはともかくとして静電気を除去してはいるのは間違いない気がします。







QAP-255 を装着すると、混濁が解消する上に音離れが極めて良くなりますね。


このピアノ協奏曲では、ピアノも管弦も共に解き放たれかのように実に伸び伸びと歌うようになります。


弦の温度感が若干ひんやりしますが、これは QAP-255 が温度感を下げたのではなく、NVS の電源ケーブルが帯電していなければ本来このような温度感だったはずと思える程度に全く違和感の無い変化です。


外見のインパクトが強すぎて笑 試聴前は正直あまり期待していなかったのですが(^^;) 音を聴いてしまうと、





超古代文明 スゲー!!・・じゃなかった、QAP-255  かっこいいかも・・!と


感じ始めている自分が、、いるかも、しれな、い。


店員S田でした。皆さま良いお年を。