在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6
8 9 11 13
14 15 16 18
22 23 24 25 26 27
28 29 30

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

CARDAS:Myrtle Blocks Large










先日購入した、米 カルダス の Myrtlewood Block L サイズ をスピーカーの下に敷いてみました。


スピーカー は Vienna Acoustics の Haydn Grand Symphony Edition で、





米 Joseph Audio : Pulsar 専用スタンド (生産完了品)の天板の上にこのように3枚のクリプトンのチタン製インシュレーター(生産完了品)をまず敷き、






普段はこのように、クリプトンの上に Obligato Acousitc に特注した 6cm 角のフィンランドバーチ積層チップに最高級の蜜蝋を塗ったもの を重ねて、その上に Haydn を置いています。


いつものこの形で聴いたあと、クリプトンの上に今度はカルダスを置きます。








こんな感じ。








10曲目、昨日クリプトンの電源ボックス比較の際にも聴いたこの曲は


曲の冒頭、手前には波が打ち寄せ、沖の左方向からは「ホウッ、ホウッ」とフクロウかなにかの鳴き声が聴こえてくるのですが、


その後で始まる唄もさざなみの泡立ちも鳴き声もバーチだと音像の輪郭線が滲みます。滲んだ音像同士が耳に美味しくブレンドされる。


カルダスにすると、唄もさざ波の泡立ちも泣き声も輪郭線がくっきりして、各音像の位置関係もはっきり。


特に鳴き声ですね。判りやすいのは。音像がカルダスにするとかなり小さくなります。つまり距離をバーチより正確に表現できているということですね。バーチのときは鳴き声がカルダスのような遠くの小さい点からではなくもっと手前、そしてなぜか水平方向に展開する線状に出ていました。


昨日のクリプトンの電源ボックスの違いで言えば、PB-HR1000 での鳴き声はバーチ系で、PB-HR2000 でのそれはカルダス系。カルダス、PB-HR2000 で聴くとフクロウが結構遠くで鳴いているんだなとわかります。


・・いま私の耳に


「音楽でなくて音を聴いてる」「やっぱコイツ病んでる」


という常識人達からの声が聞こえたのは気のせいです。全然病んでマセン。そのショーコに病んでる自覚がないのでね。。


DAC 探しに夢中の店員S田でした。












クリプトン試聴会が終わりました。ので、




いつも試聴に使っている「竹富」、あまりに音がいいので先日CDを買ったんです。





 10曲目、冒頭で


例のさざ波の背後に、フクロウか何かの「ホウッ、ホウッ」という鳴き声が





自宅ではセッティングによってかなり変わることを確認しております。


PB-HR1000、PB-HR2000 をこの曲で比較しましょうか。







カクテルオーディオは起動に時間がかかるので今回は SOULNOTE:A-2 (プリメインアンプ)の電源ケーブルだけ差し替えます。


まず PB-HR1000 から給電して聴いたあと、







PB-HR2000 から給電させると、





これは判り易い・・。


PB-HR1000 のときの鳴き声はさざ波の奥に平面的な音像で聴こえていたのが、


あるいはもっと具体的な?印象としては、鳴き声の音像が海面と垂直に張られたスクリーンの面の上に貼りついていたのが、


PB-HR2000 にしたらスクリーンが取り払われてそのずっと奥に点状に、しかも立体的な音像を結んだのです。


パフュームで比較試聴したときはノイズの広がりが「音像になった」という変化でしたが、


この盤のような超絶優秀録音だとこういう変化が聴きとれるのですね。。


1000 と 2000 の比較試聴も危険ですね(^^;)。2000 の音を聴いてしまうとやばいです笑。


店員S田でした。





















CARDAS:マートルウッドブロック を買いました



CARDAS:Myrtlewood Block 。




某他店さんで貯まっていたポイントで買いました。


打ち鳴らすととても硬質な音が出ます。


経験的に、硬くて表面が少し粗い木は音がいい。





高額なインシュレーターが多い中、この CARDAS や ほぼ同じつくりの Ayre の製品は価格がお手頃。それだけでも称賛に値しますよね笑。


後日また御報告いたします。


結局現代ハイエンドから離れたままの店員S田でした。



インターコネクトケーブル3機種比較試聴 その2




インターコネクトケーブル3機種比較試聴 その2。今日は Audio Replas:REF-RU9000SZ









さすがリプラス!S/N 比が非常に高い。


ノイズフロアが極めて低い音場を背景に展開する各楽器の音それ自体の密度感が高まる。ノイズ成分が減るとこのように音像の密度感が高まるのです。






質感は滑らかでハーシュネスが感じられません。何より素晴らしいのは、音色の明暗バランスが中庸なところ。ダークな音色が好きな者に最近のオーディオ製品は音色が明るすぎるのです(^^;)。


Audio Replas のアクセサリーは全て科学的・技術的な見地に基づいて設計・開発されているのでオカルト的見地?に基づく製品と違い妙な副作用もありません。海外での高評価も納得です。



あり合わせで寝室にサブシステムをつくった店員S田でした。
スピーカーは PIONEER:S-55 Twin SD 、プリメインアンプは TRIODE:TRK-3488 (真空管は全てヴィンテージに交換)。ソースは Apple Music を DENON:DCD-755RE 内蔵 DACで。寝ても覚めてもオーディオ。そしてもうすぐ45回目の誕生日。人間は変わらない。








インターコネクトケーブル3機種比較試聴 その1




今日はこのシノーポリ指揮 VPO、


ツェムリンスキー 『抒情交響曲』でラインケーブル3機種を比較試聴。





まず KRYNA:INCA 7 RCA







導体はドイツ製超極細撚り線。単線の対極です。プラグは自社製。同社独自の Z-WIRINGにより高周波ノイズを除去。


撚り線の撚り方もケーブルの種類毎に研究を重ねている同社。絶縁が PVC で超極細撚り線ですから、テフロン絶縁・単線導体派からは意見がありそうですが笑、









音は非常にいいです。これだからオーディオはわからない笑。


以前 KRYNA の方にお話を伺ったことがあります。KRYNA さんの考えと研究結果によると伝送情報量の多寡は導体の表面積のそれで決まる。となると単線は無い。単線の対極の、超極細撚り線を多く使用する方が情報量は多くなる。そして絶縁に関しては勿論あらゆる素材を試したが、結果的に PVCが、しかし単なる PVC ではなくある非常に高品質な PVC で絶縁するのが一番音が良かったので採用した。とのことでした。


KRYNA のケーブルはインシュレーターより若干影が薄いですが、ぜひいちどお聴きいただきたいところです。不用意にエッジが立たないので解像度が低く感じるかもしれませんが、静かな部屋で聴きなじんだ音源を聴くと実に微細な描き分けをしていることがわかります。


特にこのトップエンドの INCA 7 は S/N 比が極めて高い。PVC 絶縁で気になる位相に関しても正確です。


ブリン・ターフェルのバリトンが普通のケーブルだと辛そうに喉から発声されている印象なのが、INCA 7 だと肩を上下させず腹式呼吸で余裕綽々の発声に。


加えてですね、・・楽音が繊細かつウェットなのですよ。。いいラインケーブルだなあ。。



続きます。











PC Triple C 極太単線がもう残り僅か・・




最強の屋内配線と言っても過言ではない、Acoustic Revive:EE/F-2.6 Triple C







惜しくも生産完了となりました。


1マニアとして非常に哀しい。。これを根元に繋がないと我が家のシステムは一気につまらない音になるんです。。





こんな極太の トリプル C 単線なんて他に無いですからね(^^;)。


今後、アコリバの 切売 Triple C 単線はスピーカーケーブルの SPC Reference Triple C と SPC-AV だけになってしまいます。










導入をお考えだった方はお早めにどうぞ。



ハーベスで頭がいっぱいな店員S田でした。

Ansuz Acoustics のケーブルを試聴中です。




花粉が飛んでいますねー。





先日ハイエンド中古館から借りた チェコ KR のプリメイン がなぜかまだ当店にあります。









ZU のスピーカー と組み合わせて









デンマーク Ansuz Acoustics のケーブルを試聴しています。









NORDOST に在籍していた方が設計・開発しているようですね。


近日改めてご紹介する予定です。


某他店さんで ハーベス:HL COMPACT (初代)を買った店員S田でした。
結局古いモノばかり買っている気がする。





チェコ KR社のプリメインアンプ VA 830








チェコ KR のプリメインアンプ、VA 830









ナローレンジで、音の立ち上がり・立ち下がり共にゆっくり。


緊張を覚えさせない音。人肌より高い温度の音、なので


夏ではなく秋か冬に使いたいと思うのはやっぱり安直でしょうか。






繋いでいるケーブルは当店得意の反則級。当然です。






もうすぐ春ですねえ。



婚活は厳冬期が続いている店員S田でした。






2月21日(木)発売の Audio Accessory 誌 172号 掲載予定





今日はオーディオ評論家の炭山アキラ先生が、


2月21日(木)発売予定の Audio Accessory 誌 172号の取材にいらっしゃいました。


以前当ブログでもご紹介した KRIPTONの電源ボックス、PB-HR2000 が主役の試聴記事です。


ぜひお買い求めを笑。


というわけで今日のブログは、取材終了後オーディオアクセサリーという宝の文字通りヤマである当店内を御覧になっている炭山先生が主役です。





さー、終わった終わった




あとはプライベートぉ・・・





おっ ゾノトォーン!





ウフフ(笑)





これ、これがむちゃくちゃいいんですよっ





JF Sounds の SIN-KAI。 コスパ高いんですよねー!





ウオォッ! さすがお茶の水アクセサリー館!!





FD V シリーズが沢山。V になって音が軽やかになったんですよねー





Acoustic Revive の Absolute も CHORD COMPANY の Music もありますねー





JF Sounds は ラインケーブルも 炭山イチオシ





あら(笑)クリプトンのインシュレーターも沢山ある(嬉)









これもね、カーボンとネオフェード使ってるんですよっ!





アイコールのバキューム式スタビライザーもあるし、





こっ、これはっ!!!




出たっ! ナガオカのスタビライザーッ これ音いいんです!!




そして、





ウィンドベルの中古もありますねー





くわばらくわばら。これを見逃すところだった、





やっぱヘリカワンだよね。もはや定番っ!

次はお客さんとして来ますねっ!



御来店お待ちしております(^^)。



(文責S田)














ダイヤトーン:DS-4NB70





名門の復活。


DIATONE:DS-4NB70 をお茶の水店に出張?して試聴してきました。

















とにかく音の立ち上がり、立ち下がりが速い!


ここまでクッキリハッキリスッキリを貫き通した超高性能トランスデューサーですと


天邪鬼な私なぞは逆にソース機器とアンプには温度感が高くてリズムのタメのあるものを組み合わせたくなります。











・・実はこの組み合わせ、


相当良かったんですよ(^^;)。


CDプレーヤーが現代的な水準からすると決して情報量の多いものではないのですが、


他のスピーカーだと電気信号を空気の疎密波に変換する際にロスがあるところを


極めて優秀な音響変換機である DS-4NB70ですと CDプレーヤーでD/A変換しきれなかった情報分くらいは余裕でカバーできてしまうからでしょう、 


情報量としては全く不足を感じさせず、それどころか、


スイングアーム特有の持続音の粘りとうねりが復刻版マランツのプリの艶やかな音色を得たその様が


まさにストレートに聴きとれるのです。名門復活ですねえ。



トヨタのスープラも復活しましたし。って関係ないか。



ペーパードライバーの店員S田でした。