在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2
7 8
12 15
18 19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

KS-Remasta シェルリードワイヤ 徹底試聴 その5草稿


いつもながら素敵な笑顔の柄沢さん


KS-Remasta シェルリードワイヤ 徹底試聴 」。おかげさまで御好評をいただいております。




しかし当然のように右手には刃物


今日また柄沢さんにお越しいただきとっかえひっかえ聴きまくりました。



「研ぎ」と「磨き」についてお話中の柄沢さん。人間、好きなことを語ると自然に笑みがこぼれるものである。私も訊かれた筈もないのにスピーカーのインピーダンスカーブについてあることないこと嬉々として話すのが過ぎたからであろう、昔付き合っていた女性から「私はオーディオには負けると思っている」と言われ振られたことが。あれから何年経ったのか。



柄沢さんのノウハウはリードワイヤにとどまらずケーブルにも大いに関わる非常に興味深いものでしたので、 KS-Remasta のリードワイヤ製品をひと通り採り上げただけでは終わらせずに広く大きく展開させる予定です。乞うご期待。


では早速試聴を始めましょう。





今日使用する機材。


フォノイコ:Accuphase C-37 






プリメインアンプ: Audia FL 3/S


そしてスピーカーは audel:Magika Mk.2 






前回は私物でちょっと偏っていたかもなので今回は一般的?なこの盤を聴きます。





まず最初に、前回同様 オーディオテクニカのヘッドシェル:AT-LT13a 付属のリードワイヤを半田付けせずただ挿した状態で聴きます。







では次に、





KS-Remasta の KS-VWS-3024D を聴きましょう。


型番解説。


KSKarasawa Shingo

VWSVintage Wire Solder (ヴィンテージワイヤーを半田で端子に取り付け)

3024

3 : Western Electric の ブラックエナメル絶縁

24: AWG 24 の導体径(直径約0.5mm)
D : ダッチボーイ社製半田


具体的には

導体:1940~1960年代のWE製単線

絶縁:ブラックエナメル、絹巻き


半田:1940~50年代 ダッチボーイ社製黒缶


という構成。







・・KS-VWS-3024D、音色が暗めで質感もモワンとしていて好みですねえ。


あとアナログ的な筆圧の強さが感じられるのもいい。この筆圧に慣れてしまうとアナログから離れられなくなります笑。


スサーナのヴォーカルは地声ですからこういう再生がとても正しいと思います。














サンシャイン:D-REN mini




お盆ですが、いやお盆だからこそ サンシャインの D-REN mini を試そうじゃありませんか。





D-REN mini H4P の裏面。





裏面にこのように付属の両面テープを貼ります。






ちょっと見にくいですが側面を見ると真ん中で分かれています。2枚のゴムの間にマグネシウム箔?を挟んでいるようです。





※ ジャンパーの方向が間違っていますが D-REN mini の効果の有無を聴き分けるのに支障はありません。


いつもの竹富、ロバータ・フラックを D-REN mini 無しで聴いてから





両面テープは黒いです。





高域側のターミナルに D-REN mini を貼ります。ちょっとかっこいい?





スピーカーターミナルはスピーカーの振動がもろに伝わりますから、振動対策を施すと効果はデカいはず。





効いてます。ブックシェルフスピーカーの下に高性能なインシュレーターを設置したときみたいな変化。


音像がポッと空中に浮かぶようになる。全体に混濁が解消して楽音が整然と配置されるようにもなりました。


ちっちゃくて薄くてほんとに効くのかいなと疑ってかかりたくなりますが笑 これはちゃんと効きます。


真空管式ヘッドホンアンプが欲しい店員S田でした。







SPENDOR:SP 3/1R




SPENDOR:SP 3/1R 。













やはり聴いてて疲れません。


英国の古風なスピーカーを聴くたびに、聴き疲れしないスピーカーの有り難味を感じます。






アファナシエフ。個人的に一時期夢中になってCDを買いまくり聴きまくりました。浜離宮で開催されたセミナーにも参加しましたが面白かったですねえ。


アファナシエフは基本デジタルでしか聴けないのでアナログ偏重気味な最近の私でもデジタル再生で手抜きできないのです。まあアファナシエフ以外にもそういう演奏家が当然やまほどいますが。




DMSD 60PRO 試聴しました。




イタリア製のインシュレーター DMSD 60PRO を試しましょう。









今日は SPENDOR:SP3/1R の下に置きます。







かなり背の高いインシュレーターです。


ハーベスほどではありませんが、スペンドールもやはりエンクロージャーが鳴るタイプのスピーカーですので、


振動吸収性能が高いインシュレーターやスピーカースタンドを組み合わせると全く歌わなくなります。


ですので DMSD 60PRO がその類のインシュレーターであればつまらない音になってしまったのでしょうが、


相性のいいインシュレーターを組み合わせたときに共通する効果である、音離れの良さ・音像定位の向上・低音の余計なだぶつき解消が得られました。



箱鳴りを活かす設計のスピーカーを面で支えるとあたかも太鼓の腹をてのひらでおさえながらバチで叩くような詰まった音になりがちなので、


今回のように3点、あるいは4点で支える方が朗々と歌うんですよね。


DMSD 60PRO はスピーカーとの接触面がゴム系素材ですので音の質感も少々ゴムくさくなりはしますが、


ある意味古風なこの質感は生理的に気持ち良いですし笑、金属製あるいは木製インシュレーターにどうしても違和感を覚えてしまう方にはいちどご検討いただきたいところです。



店員S田でした。




audel:Magika Mk.2 を鳴らしています。




イタリア・ audel 社の2way ブックシェルフ、Magika Mk.2を鳴らしています。





シチリア島にあるメーカーとのこと。





いちど真空管アンプで鳴らしてみたいですね。







MC 0.5 Helix + 2個使い





外すとむちゃくちゃ寂しくなると話題のアクセサリー、


High Fidelity Cables の MC 0.5 Helix + を今日は



2本使いしてみました。









御覧のように DAC と プリメインアンプの電源を壁コンセントから直接とった状態で聴いたあとでこのように同じ壁コンセントの空きに MC 0.5 Helix + を挿してから









今日は15分待ってみました。御存じの通りこのアクセサリーが本領を発揮するまで挿してから最低でも 400時間かかりますので15分って短すぎるんですが実際上仕方ない(^^;)。





・・MC 0.5 のユーザーの方ならお分かりになるでしょう、MC 0.5 挿入後 1,000時間経過するとえも言われぬ官能的な質感に音場が満たされますが






MC 0.5 Helix + を2本挿した今日も 例えばいつものロバータ・フラックみたいに古い録音なんかが特に気持ちよく聴けるようになるんですよね。ちなみに我が家でいわゆるヒストリカル音源をたとえデジタルでも音楽としてまともに聴けるようになったのは、もちろん他にも色々やってはいますが笑  MC 0.5 を2本使っているのがかなり効いてる結果だと言ってしまっていい。具体的には、


ヴォーカルも楽器もテクスチャがぞくっとするくらいしっとり肌理細やかになる。もちろん見境なく全ての音をそうしてしまうのではなく、カチッとした音はカチッとしたまま、ハスキーヴォイスもハスキーヴォイスのままに、


つまり各楽音のテクスチャの性質はそのままに、といいますか、その性質をむしろ「高める」んですよね。下手なリマスター盤みたく化粧しすぎて、オリジナル盤で聴けた粗いながらも生々しいテクスチャを消してノペーっとペターっとしてしまうようなことがない。スペインで頻発しているというフレスコ画や彫刻等の素人による「修復」的なことは絶対しない。


なので





当然この録音が逆にヒストリカル調になるなんてこともない笑。ちなみにこの録音で比較試聴した印象では、MC 0.5 Helix+ 2本を15分挿した後はオケのすべての楽器からあたかもツカエが取れたかのようにスッカーンっと音が出るようになる。そして楽器間の距離が明瞭になり、各楽音のテクスチャの描き分けがより精緻になる。



次回、マーラーの交響曲で比較試聴してみましょうか。特に各金管楽器の音の描き分けを精緻にできないシステムだとマーラーの交響曲は厳しいですから。



MC 0.5 Helix を2本挿した今回この録音を再生してみて、MC 0.5 を2本所有し愛用している私の印象ではどうやら MC 0.5 より明らかに MC 0.5 Helix+ はハイパワーです。15分でかなりの効果を実感できてますから。ブレークインが完了した後どんな世界が待っているのか・・。



前の私のシステムだと トスカニーニ・コンプリート RCA コレクション(84CD+DVD)を聴くのは苦行でした。一貫してパッサパサな質感だったうえに平面的にしか音場も音像も展開してくれなかったからなんですが、

今の私のシステムはトスカニーニやフルトヴェングラーやミトロプーロス等のヒストリカルはもちろん、ノリントンでもラトルでもヤニック・ネゼ=セガンでも自分史上最高に音楽的説得力高く再生してくれます。(注:のろけです。)これは MC 0.5 無しだと結構厳しくなる。数か月前、全接点を TMD で再処理した際 コンセントから MC 0.5 も外したんですが、全部戻してから1週間ほどの音はかなり寂しかったのがその哀しい証拠です。



なので MC 0.5 は二度と外したくない。また最初からブレークイン始めるのはヤダ。もちろん Helix + を追加は当然シタイ。けど高い。謎の遺産でも転がり込まないだろうか?店員S田でした。





KRYNA の電源ケーブル、ACCA 5 を聴く。







今日は KRYNA の電源ケーブル ACCA(アッカ)5 を聴きましょう。





今日もプリメインアンプで試します。まずこのように付属品グレードの電源ケーブルで聴き、


次に ACCA 5(両端にプラグを付けたデモ機)に繋ぎ換え。







・・比較の対象が付属品グレードというのは ACCA 5には失礼だったかと思ってしまうほどに劇的なクオリティ向上笑。


ところで プラグ無し 1m 税別 22,000円 ですから、切売電源ケーブルとしてはかなりの高額品です。


外径はそんなに太くないのになぜ高額?と思ってしまうかもしれません。


半分の価格で 5.5SQ の導体断面積という切売電源ケーブルはけっこうありますし。


しかし。ACCA 5 の HOT, COLD, GROUND の3芯それぞれに皆さん 何本の導体が入っていると思いますか?


 


答え=500本。 ・・にわかには信じがたい本数ですよね笑。





導体は ドイツ製の「超」極細撚り線。内外の導体を聴きまくった結果のチョイスだそうで、


実は撚り方もむちゃくちゃ研究したそうです。


KRYNA の考えによると、オーディオに関わる電流はもっぱら導体の表面を伝わる(いわゆる表皮効果に関わる話です)。であるならば、導体の「断」面積ではない方=外皮側とでも言うんでしょうか、そちらの面積を最大化すれば伝送量は最大化する。


なので、単線はあり得ない。撚り線、しかも可能な限り細い線を可能な限り多く使うことが望ましい。


その結果、ケーブルの外径は細いのに導体の本数が3芯合計 1,500本(!)という業界でも稀な電源ケーブルとなったのです。


付属品グレードから ACCA 5に換えると 空間は上下左右に広く展開。音像のエッジは特に立たないものの、総じて 音像自体の S/N 比が増すので各楽音の音色の違いが実に明瞭。ポスト印象派のスーラみたい。





付属品グレードではなく同価格帯の電源ケーブルと比較しないと ACCA 5の真価はやはりわからないので笑、フルテックの The Astoria に繋ぎ換えて同じ曲を聴いてみました。







なるほど、The Astoria を聴くと ACCA 5の特徴が分かります。The Astoria は ACCA 5 よりも音像の輪郭線を聴き手に意識させる。それが音像の立体感にも影響していて、ACCA 5はその点音像の立体感がぱっと聴きだと感じられにくい。エッジが立たないので聴き方によって音像が平面的にしか展開しないように感じられるかも知れません。


しかし音場空間は立体的なんですよね。どのみちこのあたりは両端のプラグ変更でかなり変わってくるでしょう。


ともあれ、 ACCA 5の音は総じてエッジが立たない反面 テクスチャが極めてデリカシーに富んでいて音色も甘美なので一聴の価値があります。個人的には前段機器に向く気がしますね。


店員S田でした。

ニュープライム:DAC-9H




NuPrime:DAC-9H を輸入元からお借りしています。

















なかなかカッコイイ。
















SAEC の電源ケーブル 全4機種を改めて聴いてみる。




今日は SAEC の電源ケーブル 全4機種 を改めて聴いてみましょうか。






まずは PL-3800







モールドの端子。





ブレードには金メッキ。 


●導体:2SQ の PC-Triple C

●絶縁体:耐熱性ポリオレフィン





プリメインアンプの電源ケーブルとして比較試聴します。





実はこの試聴の直前に、米 ノードストの 2VHPWR =ヴァルハラ2 電源ケーブル で同じソースを聴いてたんです。





VALHALLA 2 POWER CABLE 。ここでは詳しく書きませんが、案の定 ハイファイ性能が強烈に高くて驚いたのです。けれど、PL-3800 に繋ぎ換えて音を出した瞬間にワタシはわかったんです。 VALHALLA 2 は(今日聴いた環境では)私に緊張感を覚えさせていたコトが。


だって PL-3800 に換えたらホッとしたんですもん笑。それはもちろん PL-3800 のハイファイ性能は VALHALLA 2 とは比較にならないほど低いことにもよるでしょう。音場は平面的でスクリーンみたいにしか展開しませんし、レンジはナロー、解像度も低い。ローファイの方が安心して聴けるってやつです。


けど、同価格帯の電源ケーブルと比較して決してハイファイ性能で劣るわけではないですし、


どころかむしろ ロバータ・フラックのこの録音には緊張させるヴァルハラ2より安堵させる PL-3800 の方が合うと断言してしまってもいいんじゃないでしょか。PL-3800 はつまりそういう音の電源ケーブルでした(このソースにヴァルハラというのは私は違和感を覚えます笑)。


とすると? 上位機種になればなるほどハイファイ性能が高くなり、それに正比例してだんだん緊張感が増しちゃうのか? というわけでお次は PL-5800






●導体:3.5SQ の PC-Triple C

●絶縁体:半硬質PVC

●シールド:銅箔







接点部は金メッキ。





長く使っているデモ機なのでシールがボロボロです(^^;)。


なるほど、PL-3800 より音場が立体的になりました。音数が増えてレンジも広がったのですが、


やはり PC-Triple C と金メッキの接点部から予想された通りのマイルドな音調なので、ロバータ・フラックのこの曲をリラックスして聴けます。PL-3800 と基本的な音調は変わらない。


あとシールドが銅箔ってのがいい。絶対的な電磁波遮蔽性能はアルミの方が断然高いんですが、高いだけに使い方を誤ると詰まった音になってしまい、伸びやかさが失われますので。


では次。さらに上級の PL-7000 に繋ぎ換えましょう。





●導体:3.5SQ PC-Triple C

●絶縁体:半硬質PVC

●シールド:銅箔







やはり接点部は金メッキ。





振動防止装置が付いてます(中身は不明ですが実はこの装置で静電気除去もしてるらしいです)。





音色が濃くなりました。PL-3800 、PL-5800 同様にマイルドな音調なまま。ヴォーカルの肺活量が増えたかのように発声に余裕感も出てきました。



導体も絶縁体も PL-5800 と変わらないんですが、プラグのクオリティ差と振動・静電気対策の有無が音の違いを生んでいます。


これも聴きましょう。





冒頭、右側でパーカッションが打ち鳴らされ周囲の空気が峻烈に動くさまがヴィヴィッドに伝わります。これは PL-5800 でも伝わらなかった。


では本日のラスト。トップエンドの PL-8000 です。私は実は PL-8000 を自宅のシステムに4本、使っていたことがあります。





●導体:5.5SQ PC-Triple C

●絶縁体:制振材入り耐燃性ポリエチレン

●シールド:銅箔


PL-7000 より導体断面積が多い。そして絶縁体には制振材を加えてます。










そして振動防止・静電気除去装置。





当時私はまず PL-7000 を1本買ったんです。PL-8000 が出る予定だったことを知らなくて 7000 がサエクの新しいトップエンドだと思ってたんですよね笑。


PL-7000 は それまで使っていた PCOCC-A 採用 の ACOUSTIC REVIVE : POWER MAX 3 より温度感が高くかつ質感がなまめかしくてなかなかに官能的な音のする素晴らしい電源ケーブルでした。なので 上級の PL-8000 が出た時はまったく悩まずに購入を決めたものです。


で、PL-8000 を一気に4本導入した結果はといいますと、官能的な音色はそのままに、音場が拡大。そして中低域の実在感も増えました。


今日の印象もだいたい同じ笑。 で、「音場の拡大」という表現は安易に使いがちですが、今日の印象をもう少し分析的に言いますと、録音会場の空気が増えたと言いましょうか、楽器の音がホールに満ちている空気を動かしながら複雑なパターンで減衰してゆくわけですがその動かされる空気自体の量が増えた、そんな感じなんです。PL-5800、PL-7000 だと各楽器自体の周囲にしか感じられなかった空気感がホール全体で感じられるようになったんですよね。


ともあれ PL-3800 で魅力を感じた聴き手に緊張感を与えない音調は、トップエンドの PL-8000 でも保たれていました。なるほど、人気が続いているわけです。店員S田でした。














KRIPTON の電源ケーブル 2機種を聴く





今日は KRIPTON の電源ケーブル 全2機種を聴いちゃいましょう。


まず PC-HR500M Triple C / 2.0m





導体は PC-Triple C 3.5スケア。絶縁体は 制振剤入り耐燃性ポリオレフィン。


そして介在には帯電予防と振動吸収のために絹糸を採用。コストがかかってます。





この白い部分が絹糸です。かなり多めにつっこんでますね。これくらいギュッと詰めないと導体が発する振動を吸収できないのでしょう。


ではまず前回と同様、プリメインアンプに付属品グレードの電源ケーブルを繋いで聴き、





次に PC-HR500M Triple C に繋ぎ換え。






関係ありませんが昨晩帰宅後久々に HARBETH:HL Compact で CD を再生しましたら、かなり良かった。。 アダム・フィッシャー指揮 オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団 による ハイドンの交響曲全集から何枚か聴いたんですが、


ご存知の通りCDでクラシック、特にハイドンの交響曲なんかを不用意に聴くとかなりイージーリスニング調になってしまいます。あれは正直かなりしんどい(^^;)。とにかく薄くて、明るくて、軽い。


が、昨晩聴いたハイドンはかなり良かった。音像の彫りが深かったんです。音色もそこそこダーク。そしてアルミのドームツィーターが絶妙にアクセントをつけてくれてました。


加えてとノロケを続けますと、よく箱鳴りがどうこう言いますが、「箱」のイメージでは鳴らないんですよね。つまり四角くない。エンクロージャー全体が歌うので、HL Compact という発音体から放射状に音楽が拡がるイメージ。四角ではなく球状に音場が展開するんです。四角い呼吸球 笑。 


ユニットだけから音が出るなら当然回折の問題を考えざるを得ず必然的に Vivid Audio や オリジナル・ノーチラスみたいな形状になるでしょうが、エンクロージャー全体から音が出るなら回折もクソもなくなるとは笑(回折の影響が顕著な高音域がエンクロージャーから出ることはないでしょうが笑)。アラン・ショー言うところの Super Tuned Structure 、凄すぎです。


というわけで昨晩はずっと HARBETH で画像と動画の検索をしておりました。HL Compact 以後のアラン・ショーの研究成果が投入されている Monitor 30.1 か Super HL5 Plus 、欲しいですねー。。


閑話休題。





PC-HR500M Triple C を AUDIA:FL 3/S に繋ぎます。





このソースはアナログ録音特有の音像の肉厚感・立体感と、モワワーンとした質感が魅力なので、アクセサリーによってどんなにハイファイ性能が向上したとしてもその魅力が損なわれるなら何の意味もない、どころか逆にそのアクセサリーを使うのは止めておいた方がいいということになります。その意味でシビアなソースなんですが、


前回の ZONOTONE とはまた違った意味で PC-HR500M Triple C はこのソースに合ってますね。


すなわち、音場のノイズフロアがグウッと下がるうえに音像にまとわりつく雑味が減って総じてクリアーに、そして解像度も最初の付属品グレードの電源ケーブルのときとは桁違いの高さ、になりはするのですが、


多分 PC-Triple C 導体と介在のシルクの音なんでしょう、耳がくすぐったくなるような極上のテクスチャーなんです。。ロバータ・・いい声してはりまんなあ。。


では上級機の PC-HR1000M Triple C に換えるとどうなるんでしょ? この2機種は導体径が異なるだけです。





太さが違うだけ。見分けがつきにくいです笑。





なるほど。やはり導体が増えると量感が増大しますねー。
そして 1000 の方が低域の存在感がある。


これも聴いてみましょう。






導体が多い PC-HR1000 Triple C の方が音場が上下方向に広く展開しました。1000 と比べると 500 は水平方向に帯状に展開していた感じです。へえー。


やっぱり電源ケーブルは面白いですねえ。ケーブル換えるならまず電源ケーブルからと改めて言いたくなる。店員S田でした。