在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 10 11 13
14 15 16
22 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

Trinity-Go は HD 800 の高音のキツさを解消するか?






私も以前愛用していた ゼンハイザーのヘッドホン、HD 800




周知の通り高音、あるいは子音がキツイです。




勿論それを補って余りある高い解像度と、極めて優秀な空間再現能力を




堪能できる名機ですが、




あのキツイ高音さえどうにかなったらとお思いの方は多いでしょう。




私もリケーブル、ヘッドホンアンプ、電源周り、果ては自作電源ボックスのボルトの素材まで




その対策として吟味を重ねましたが、かなり大変でした(^^;)。



今日ふと、米 HIGH FIDELITY CABLES の Trinity-Go なら



なんとかしてくれるのではないか?と思いつき



早速試してみました。














高音、サ行がキツイ録音として選んだのは 宇多田ヒカルのアルバム " Distance " 。




聴くのは1曲目 「 Wait & See ~リスク~ 」。




まず最初に HD 800 のケーブルを直接 LUXMAN のトップエンド・ヘッドホンアンプ




P750u のアンバランス出力端子に繋いで聴きます。






・・やっぱりキツイ。痛い。。



解像度は素晴らしく高いのですが、このキツささえ解消されたらきっともっと素晴らしい。



次。Trinity-Go を 同じアンバランス出力端子と HD 800 との間に挿入します。
















・・挿入直後でも既に、磁気伝導技術の効果が出ています。



私も自宅で愛用している、空きコンセントに挿す Magnetic Waveguide



同じ方向に変化・改善してますね。すなわち、



個々の楽器が立体化し、楽器間の距離が出て、音場全体が明瞭になり、



そして今回の目的でもある、質感表現の改善=原音にはなかったハーシュネスの減少効果が



得られています。



しかしご存知の通り、磁気伝導技術にその本領を発揮させるためには



時間がかかります笑。



なので今回はしばらく放置して他の仕事をしていましょう。



それにしても、やっと涼しくなったと思いきや、また猛暑になっちゃいましたね。



こう暑いと自宅で真空管アンプに電源を入れる気が失せてしまいますよね。



私は最近、シェーンベルク以降の現代曲の、90年代以降の優秀録音盤に関しては



現代ハイファイシステムがやっぱり必要かもと、また色々探してたりします。



AB級かクラスDなら夏でも使う気になりますねー。  といったことをここ3年



言うばかりでオオモノは何も買ってない・・・アナログ盤ばっか買ってる・・





             ・・・・30分経過。










さっきより大きく改善しました。目論見どおりです笑。



楽器間の距離の表現等が Trinity-Go 挿入直後よりも明らかにレベルアップしたのは勿論のこと、



サ行に関していうと、キツかったサ行成分がサ行成分であることに当然変わりはないのですが笑



それが本来の強さにまで弱められ、かつ、Trinity-Go 挿入前はサ行の音像が不自然に大きくて



太かったのだなと納得できるのです。



・・これは、HD 800だけでなく、



個人的にべた惚れしている FOCAL:UTOPIA でも試さねばですね。



UTOPIA はリケーブルの選択肢が少ないですから、まず Trinity-Go かな。



そのあとで AXIOS-AG にしたら究極でしょう。



店員S田でした。



















ORTOFON の アナログRCAケーブル 比較試聴






カートリッジ同様にカラフルな ORTOFON のラインケーブル。



かなり昔、私も同社の Reference 6NX RCAを使っていました。



澄んだ音色が印象に残っています。



今日は現行 ORTOFON ラインケーブルの一斉比較をしてみました。








上の K-07 と、下の FL/3S との間に繋いで試聴します。








スピーカーは両端の GRAHAM AUDIO:LS 5/9 。








試聴盤はいつものこちら。今日は1曲目と3曲目を聴きます。









最初に、付属品グレード(赤白)で聴いて。




今日聴く4本のうち1番お手頃価格の Reference Red




税別定価 10,000円のものなのです。




今まで付属品ケーブルをお使いだった方が



初めてケーブルの交換にトライするようなケースに候補に挙がるのが Reference Red



価格帯でしょうね。



で、赤白の音はというと、









普段ここで聴いている音と違い過ぎ(^^;)。



レンジが狭くて、空間も左右はスピーカーの間だけ。上下も狭い。



全ての楽器が分離しきれていない。



まあ無理もありません。



次。 Reference Red に繋ぎかえます。
















(※ 中央のグレーの 極太 USBケーブルは NVS の Silver Inspire S SE です。

写真では今日1番目立っている気もしますが今日は登場しません。あしからず。)




Reference Red 。生まれて初めて、ケーブルを単品で買って付属品から換えたときの



感動を思い出しました笑。赤白とはモノが違う。



各楽器がちゃんと分離して描かれました。



音楽空間をもやもやさせていた霧が晴れたかのよう。



やっぱり、単品でコンポーネントを揃えたら、Reference Red クラスからぜひ



お試しいただきたいですね。



次。Reference Blue 。価格が一気に3倍に跳ね上がります。













改めて見ると黒い熱収縮チューブの青い印字がかっこいい。








再び中央に Silver Inspire S SE USB が目立っていますがやはり今日は関係ありません。









スピーカーの外側に音場が拡がりました。



情報量がぐっと増えて、メリハリも立つ。



この価格帯は1、2万円違うだけでも音の差が大きいですねー。



ハイエンドと違うところです笑。




では次。Reference Blonze


















御覧の通り、左の Blue より Blonze は径が大きいです。









段々と、真ん中の Silver Inspire S SE との視覚的インパクトの差が縮まってきました。






ラック裏で映えるケーブルだなあ。



空間が上下にも広く展開。



音像定位が良くなりました。



楽器間、聴衆とステージの間、そしてホール全体に漂う空気が感じられるように。



ではラスト。 トップエンドの Reference Black




















トップエンドにはやはり凄味がありますね。



空間の広さ、音像定位、解像度等全てのハイファイ的ファクターにおいて



今までのケーブルより優秀なのは勿論、



楽器やヴォーカルの音像の密度感が高い。



テクスチャがきめ細かく音色のコントラストが強いのです。



きょうび、1.0mペアで実売5万円以下のアナログRCA に



複数の機種を展開しているケーブルブランドがいったいどれだけあるでしょうか。



一昔前とは違い、価格のワイドレンジ化著しい今、この価格帯に4機種もの製品を



展開しているオルトフォンは、オーディオ好きにはとってもありがたいブランドですね。



現実的な価格帯の中で楽しく悩めるわけですから笑。




店員S田でした。

















































KRIPTON:KX-0.5






KRIPTON:KX-0.5


















































未使用現品なのでまだまだ本領発揮とはいきません。



けれど、日本製のブックシェルフ 2 Way ってきょうび珍しくて、



ツィーターの個性でしょうか、ヴォーカルがちょっと冷ややかで、



耳をくすぐるような質感で、



じっくり腰をすえて鳴らしこんでみたくなりますね。



御来店お待ちしております。



店員S田でした。







FOCAL の トップエンドヘッドホン UTOPIA






最近、iPhone で Apple Music を聴き始めました。








月額980円で聴き放題の割に意外に聴ける音質ではあるので、




最初は、個人的には優先順位が高くないポップスのアルバムを中心に




ライブラリに追加しては




Lightning → 3.5mm ヘッドホンジャックアダプターを介して




安いヘッドホンで聴いていました。




しかし Apple Music にはクラシックの音源も非常に豊富なので




もうちょっとまともな環境で聴きたくなりました。




とりあえずアンプのヴィンテージ化に伴い1度止めたヘッドホンリスニングを、




再開したいなと。




が。いざヘッドホンの試聴を始めてみると




結局1番いいものしか欲しくなくなる。いつものパターンです。




そしてその1番いいものというのが、









やはりと言うべきか、仏 FOCAL のトップエンド:UTOPIA でした。














UTOPIA の音は超がつく高解像度とワイドレンジ、








圧倒的に広い音場、







楽器間の距離の描写も的確なのはもちろんのこと、








音色が極めてナチュラル。



ヘッドホンは耳のすぐ近くで鳴るものですから



よく言われるようにルームアコースティックの影響を受けません。



ですから、部屋の響きが加わるスピーカーでのリスニング時よりも



音色に違和感があるととても気になります。



ヘッドホンから出る音だけを聴くわけですから。



ですので、私も色々なヘッドホンを聴いてきましたが、



音色に違和感を覚えるヘッドホンはハイファイ性能がどんなに高くても買いません。



個人差があるでしょうが、その点 UTOPIA はクラシックを聴いて音色に全く



違和感を覚えません。



高過ぎる価格には私の財布が違和感を覚えているようですが。



頑張れ財布。頼む。



って、圧縮の Apple Music のためだけに UTOPIA というのはさすがにないですよね笑。



UTOPIA を買ったら EAR の HP4 か LUXMAN の P750u を買って



CDも聴かなきゃもったいない。究極のヘッドホンリスニング。




店員S田でした。


和室に Monitor Audio:Bronze 5





































私事ですが、自宅の和室用に



スピーカーを買いました。



液晶テレビの音がおかしくなったんです。



元々内蔵のアンプとスピーカーがいかにも粗悪なものでしたから



テレビ鑑賞用の 2ch システムを新たに組んでみました。



意外に和室にしっくりきた、英 Monitor Audio :Bronze 5



アンプは随分前に購入した LUXMAN の AB級プリメイン、L-505f です。





スピーカーの下にオーディオボードを敷いたり、



壁コンセントをまともなものに交換したり、



これから少しずつ色々しなきゃとは思いますが、とりあえず設置して出してみた音は



なかなかでした。



今回、全く試聴しないで購入したんですが、



Monitor Audio はコスパ高いですね。ポン置きで結構いい音してます。



同じ Bronze シリーズのブックシェルフ、



Bronze 1 なんて1ペアの税別定価 44,000円 らしいです。 寝室用に買おうかしらん。



オーディオの他にもすることがあるんじゃないか? 婚活とか貯金とか。



店員S田でした。




North Star Design の USB DAC:Fluxio














































最近輸入が終了してしまった、イタリア North Star Design。



同社の Fluxio の中古品 が現在当店にございます。



Esoteric:K-07 内蔵の DAC と比べて聴くと、



音色が甘美で、テクスチャがしなやか。いい DAC です。



ずっと音楽に浸っていたくなります。



さっきから仕事なんかしたくない気分になっているのは



Fluxio の美音のせいです。(この暑さのせいだけではない。)



次の輸入代理店が早く決まると良いんですが。



店員S田でした。









入門クラス ラインケーブル 4機種 比較試聴






暑い!

















こう暑い日は肩の力を抜いて




入門クラスのラインケーブルを比較試聴しましょうか。



高額機を聴くときは結構気が張りますが、




入門機なら気分転換も兼ねられる、暑さもいっとき忘れられる?




謎のロジックですが試聴を始めましょう。









現在絶好調、英 THE CHORD COMPANY の




C-Line RCA




プラグの接点において生じる「反射現象」を、



通常の編線シールドから独立した芯線(アレイ線)をホット・コールドとは別に用意し



そのアレイ線を出力側のみに落とし入力側は浮かすことで




反射現象の悪影響、具体的には位相の変位を免れています。





























今日の試聴盤。3曲目、スティングの「SEVEN DAYS」で比較します。













C-line、ワイドレンジ感は価格なりですね。




帯域の広さより密度の高さを意識させます。




ベースが太くて濃い。空間の前後・左右はほどほど。



さすが、S / N は良いです。



このクラスには異例の厳重なシールドとアレイ・テクノロジーが効いているのでしょう。



次。









米 ZU CABLE:OPTION RCA




カラーヴァリエーションが非常に豊富です。

















シールドには特にコストをかけず、




導体・絶縁・プラグに注力しています。




導体はシルバー合金。絶縁はこのクラスでは異例のバージンホワイトテフロン




プラグは銅合金+金メッキ。そして線材とプラグを銀ハンダで接続。




入門クラスはコストの制約が大きいのでおのずと、



優先順位づけの仕方にメーカーの個性が出ますね。



そして OPTION RCAの音は C-line とはかなり対照的で、



抜けが良くワイドレンジ。空間の前後が出ます。そして爽やかな音調です。




さて次。3機種目。


















安定した人気の LUXMAN:JPR-100 。




導体をむやみにツイストすると伸びやかさが失われると考える LUXMANらしく、




撚りのピッチを緩やかにしています。




JPR-100 は音がぐいぐい前に出ますね。



勢いがある。シールドが厳重過ぎるとありがちな音の詰まりがない。



しかし S / Nが良い。意外に思われるかもしれませんが、



AiTECのインシュレーターを使ったときに似た涼やかさがあります。



芯線に帯電防止効果を持つ和紙をテーピングしているのも効いているのでしょう。




静電気対策を施すとたいてい雑味が消えてクールになるんですよね。




最後。


















SAEC:SL-1980




他の3機種と価格帯を揃えるなら同社の SL-1801 でないといけないのですが



あいにく試聴できるものがありませんでした(^^;)。



で、音はやはり一番高いだけのことがありました笑。



スケール感、情報量が今までの3機種より明らかに上。



入門クラスであることに変わりはないのですが、結局価格=投入コストなんですね。



PC Triple Cは PCOCC-A生産完了後に出た数ある新導体の中で今や完全に



主流という感じですがこの音を聴くとそれが納得できます。



情報量がとても多いだけでなく、生理的に嫌な音がしないですからね。




まだカートリッジを探している店員S田でした。


















































pear audio analogue:Robin Hood SE / Cornet 1






私が自宅で愛用しているのはイギリスのガラード 401 で




そこそこに古いターンテーブルなわけですが、









当店で展示している、中欧スロヴェニア  /  ペアー・オーディオ・アナログ社の




ターンテーブル Robin Hood SEトーンアーム Cornet 1 は、




現行機ながらその操作感がとってもプリミティヴで、



ガラード 401の方がモダンに感じられてしまいます。










ご存知の通り pear audio analogue は









ノッティンガム・アナログ・スタジオの故トム・フレッチャーと深い関わりのある




アナログ機器メーカーです。









ですので、同社のターンテーブルのモーターは低トルク。再生時は手回しで起動。






33回転のとき。







45回転のとき。





33/45の速度切替はこのようにプーリーの高さの架け替えで。






ピッチ調整は別筐体独立モーターの位置調整で。




・・・レコード再生に伴う所作がとってもプリミティヴなので最初は面食らいますが、




意外とすぐ慣れる。




そして慣れてくると、逆にこの原始的な所作をてきぱきとこなす自分って




ひょっとしたら熟練の、けっこう粋なマニアなんじゃないか?だなんて感じられてきて




なんかくすぐったくなる。のは私だけ?




で、肝心の音なんですが、



















キャビネットがさり気なく









バルトバーチを12層に積層した18mm厚ボードを御覧の通り2段重ね。





2枚のボード間には特殊シリコン。




私も仕事柄色んな素材のオーディオボードやインシュレーターを試していますが、














伝説のアクセサリーメーカー、Obligato Acoustics に




個人的にワンオフでこんなものを造ってもらって自宅で愛用している人間としては、




Robin Hood SE の音が悪かろうはずがないと。




この木製のチップは、Obligato Acoustics 社が生産していた




最高級のフィンランドバーチ積層合板にこれまた最高級の蜜蝋を




腕のよい職人がムラなく塗ったボードが非常に音が良かったので、




何かと使い易い6cm角のサイズでと特注したものです。




バーチの積層は、とにかく響きが美しい。




音楽的に不要な振動は積層構造で絶妙に減衰させつつ、




楽音に豊かな響きを加えてくれるんです。




生理的に心地よい、美しい音色。




Robin Hood SEの音もやはり、バーチの積層の音です。




低トルクがもたらす静かな音場空間に、




バーチ積層の豊かな響き、美しい音色で音楽が奏でられる。











実に趣味性の高いターンテーブルです。




店員S田でした。





















MCカートリッジ 比較試聴中






MY Sonic Lab:Eminent GL



最近趣味と実益を兼ねて




っていつものことですが、




MCカートリッジの比較試聴を




しています。










オーディオテクニカ:AT-ART7










Phasemation:PP-500










ZYX:Ultimate-Dynamic









ZYX:Ultimate Airy G









SUMIKO:Celebration II




それぞれに魅力があるので悩んでしまいます。





買えるものなら全部買いたい。




しかし当然予算の制約がありますので、ここはやはりいつものように




「自分にとって大事な盤を音楽的に納得できる音で再生できるかどうか」



を唯一の基準として選ぶしかないですね。



比較試聴、盤を自宅から持参してしばらく続けます。




店員S田でした。










Accuphase:C - 37 御試聴可能です






AccuphaseC - 37











































当店にて御試聴可能です。



アキュフェーズは造りが本当に素晴らしいです。



スイッチの操作感も実に心地よい。。



御来店お待ちしております(^^)。