在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

フルテック NCF の 威力

 






我が家では、ORB の SN-03 や NANOTECH SYSTEMS の AURORA  を導入して、




静電気除去による音質向上効果を日々体感しています。




SN-03は CD再生前に盤の両面に風を当てて、




AURORA は、自作電源ボックスの中に1枚だけ貼って使っています。




AURORA は数が多いと効き過ぎてキンキンしてしまうので注意が必要なほど。




そしてフルテックの NCF 製品は、風を当てるのでもなく、貼るのでもなく、




静電気の発生を抑止する素材 NCF が最初から樹脂部分に混ぜ込んであるのです。





静電気を「元から」断つという感じでしょう。





今まであまり無かった発想ですね。





というわけで、今日は











フルテックさんからこんなデモ機をお借りして試聴しました。




※ 非買品です。











 





4個口のうち半分は





フルテックのコンセント GTX-D NCF と、コンセントプレート 105-D NCF





という NCFコンビ。




残り半分は










ノーマルの GTX-D と、104-D。




つまり、NCF と 非NCF の比較をするため「だけ」のデモ機です笑。




では試聴してみましょう。











今日の試聴システムは、





 




Sonus Faber の ガルネリ・エヴォリューション




 




エソテリックの K-07




そして、当店に展示導入となった










イタリア Audia のプリメインアンプ FL3S。




びっくりするほどエッジを立てないのに、解像度が高くアタックも強い。




パルシヴな音はパルシヴに、しかし弦は濡れて艶やかという、




玄人をうならせるアンプです。
















いつもの試聴盤を今日も使います。




最初に、非 NCFで試聴。






















非 NCFではあっても、コンセント GTX-Dの導通部は純銅ですから




抜けが良く雑味も少ないです。




では次。NCFで聴いてみます。





















ええと、




この比較試聴をして




非 NCFを選ぶ方はいらっしゃらないと思います(^^;)。




非 NCFでは音場の背景にざわざわ感があったのだとすぐに判ってしまうレベルの違いがあります。




そして、音像もよりコントラストを増し、細かな音の粒子がはっきりと聴き取れるようになりました。




当分この試聴機は当店にございますので、




ぜひ一度、ご試聴ください(^^)。かなりマニアックな比較試聴ですけど笑。




店員 S田でした。





















REVEL AUDIO : M-105 








今日の店内は蒸してます(^^;)。





アメリカの REVEL の小型ブックシェルフ、M-105





ぱっと見は、米 Infinity の DELTA シリーズを思い出させます。












フロントバッフルを正面から眺めるとモンキーそのものですが笑、





音を聴くと非常に知的です。





えっ! と驚いてしまうほど解像度が高い。











エンクロージャーは現代的な形状。内部定在波の発生を抑えるため、側面を平行にしない台形。




Infinity の DELTA も同じ台形でした。




しかし DELTA とは異なり、天板にゴム系?の分厚い素材を貼って響きをコントロールしているようです。











ツィーター周り。巧みな造形によって回折、指向性をコントロールしていますね。




耳を近づけても、ふんわりと高域が拡がる様が聴き取れます。











シングルワイヤリング。










試聴してみました。



















音色が適度にダークです。




オトナの音。 実際、音色が明るいスピーカーの方が多いのでこれはとてもポイント高いです。




ユニットの性能が非常に高いのでしょう。クラスを超えた解像度と空間表現。




音像が分厚く出るタイプではありませんが、といって細身になることもない。




ハイエンドの音を知悉している人の設計とチューニングという気がとてもします。




目指す頂がかなり高い。




ルックスが個人的には難しいんですが笑、音の良さはもっともっと知られるべきなのは





間違いないですね。





通常はオーディオユニオンお茶の水店(オーディオユニオンお茶の水ビル1F)でお聴きいただけます。




御来店お待ちしております(^^)。





やっと自宅のガラード401用にアームとキャビネットを手配した店員S田でした。










ブルメスターのプリメインアンプ 101 展示中です!







ドイツの超高級車 マイバッハ





そのカーオーディオとして採用されているのが他でもない、ブルメスター。













宝くじが当たれば、ベントレーやロールスロイス、そしてマイバッハも所有したいと





捕らぬ狸の皮算用がライフワークとなって早幾年の私が常日頃考えているのは





当然過ぎることです。














しかし、今当店でハイエンドオーラを放つブルメスターのプリメインアンプ 101 なら、












実は頑張れば手が届く価格。











101の展示が始まってからというもの、



























いつになく真剣に試聴を重ねているのは、



















しかしそのブランド性だけが理由ではありません。












非常に艶やかなんです! 音が。











・・弦とピアノが本当に素晴らしい。





女性ヴォーカルも実に潤いに満ちています。。





普段なら楽音にまとわりつく耳障りなハーシュネスが見事に取り除かれ、





直接音と間接音が、実に芸術的に、そして精妙に漂います。










ご存知のとおりブルメスターの製品はどれも非常に高価なのですが、





101はなんとか買える価格。




フロントパネルのスイッチの感触も官能的。。





こいつは危険です。。












ブルメスター 101、来週末まで展示する予定です。





ぜひ御試聴ください(^^)。




私も空き時間を見つけては試聴する予定です。




店員 S田でした。













































英国 EAR:V12他、御試聴いただけます







だいぶ春めいてきましたね。




今、当店で英国EARのプリメインアンプ V12と、











プリアンプ 868、











同じくプリアンプ 834L、そしてフォノイコライザーアンプ 834Pを




御試聴いただけます。



















じんわりと身体に沁みこむ美音。




すごーくいいです!




御来店お待ちしております。





【 独 Alto Extremo 】ネオ・フレックスの「 正しい 」使い方







私も個人的に購入して愛用中の、独 Alto Extremoの ネオ・フレックス。













我が家で使い始めてしばらく経ちますが、







不要振動がコンポーネントに伝わるのを防ぐという若干消極的なニュアンスが感じられる「インシュレーター」というよりも、





システムを朗々と歌わせる、非常に積極的なアクセサリーという気がしてなりません。








非常に高価なアクセサリーではあります(^^;)





私は現在のところ、アキュフェーズの SACDプレーヤー DP720の下に





ネオ・フレックス XLサイズを3個。





そして自作の電源ボックスと、











これまた自作の、スピーカーケーブル・アダプターの下に Lサイズを 2個ずつ使っています。




が、スピーカーの下にはまだ試していませんでした。




というわけで今日は、スピーカーの下に置いて試聴してみました。








今日の試聴システム






スピーカーはたまたま入った、我が家のものとは仕上げだけ異なる Vienna Acoustics の Haydn Grand Symphony Edition。





結果が良かったら我が家でもということになってしまう危険な試聴機です。











こんな感じで置きます。











あちゃー。結構かっこいいな。



















見た目はかなりイイ。。













当店にあるものは Lサイズ4個と Mサイズ4個でしたので、左右でサイズが異なりますが、とりあえず効果はわかります。




ところで、ここで所有者として声を大にして言いたい。





ネオ・フレックスは、磁力を極力ゆるめて使わないとこんな高い金出して買った意味がない! 





「フロートしている」と言えるぎりぎりまで、つまり、





ネオ・フレックスにコンポーネントを乗せた際に、磁気による反発力をゆるめすぎて受け部がベース部に触れてしまわないぎりぎりまで、磁気反発力をゆるめないと、




ネオ・フレックスを使う醍醐味は味わえません。











これは磁気反発力をかなり強くした状態です。





これをゆるめると、











こうなります。





このようにしてコンポーネントを乗せると、





肩を上下させて喉から発声していたのが、





正しく腹式呼吸になった、という感じになります。






実に伸びやかに朗々と歌うようになるのです。













で、以上のネオ・フレックスの効果は、












スピーカーでも同じ、といいますか、やっぱりスピーカーで使った場合の方が明らかに凄いことが、




わかりました。




・・・これ高いんだよなあ。





困った。





店員 S田でした。

































英国の老舗 THE CHORD COMPANYの試聴機 沢山入りました








英国の老舗ケーブルブランド、THE CHORD COMPANY。






お問い合わせが多かった同社のケーブルの試聴機のご用意ができました。






ご試聴いただけるようになったのは以下のケーブルです。





●Chord Music XLR
●Sarum Super ARAY XLR
●EPIC XLR / RCA
●Shawline XLR / RCA
●Clearway XLR / RCA
●C-line RCA
●Epic Reference Speaker Cable






赤いケーブルが Showline,、グレーが Epic、青が Clearway










Epic Reference スピーカーケーブル







Sarum Super ARAY XLR
















そしてトップエンド Chord Music !






同社が大変力を入れているのが電磁波対策。





ご存知のとおり昔と違い現在は盛大に電磁波が飛びかっておりますから、電磁波対策を厳重に施した CHORD のケーブルは S/Nがとにかく素晴らしいです。





そして CHORD のケーブルはさすが老舗で、安っぽいハイファイ調にせず非常に実直な音ですので、音に驚かず音楽に驚くことができるまっとうなハイエンドケーブルブランドの1つとして、私も個人的に大好きです。






論より証拠。何はともあれ当店にて御試聴ください。






店員S田でした。












【 Vienna Acoustics 】 LISZT リスト 








Vienna Acoustics のトールボーイスピーカー、 LISZT リスト をいま鳴らしています。






















私も現在、自宅で同社の小型ブックシェルフ Haydn Grand Symphony Edition を愛用しております。






Vienna Acoustics のスピーカーで弦を聴いてしまうと、














他のスピーカーで聴く弦が無機的に聴こえてしまう。






そういうスピーカーブランドです。















さすが、大型トールボーイ。










手前左がリスト。右奥がMozart Grand Symphony Edition. リストは大きいです。





交響曲や協奏曲のスケール感は我が家のHaydn とはワケが違います笑。









スコーカーとツィーターが同軸。一つ目小僧みたいで今日聴くまで私は嫌いでした。






スケールが大きくなってもVienna Acoustics一流の官能性は変わりなし。





中高域用のユニットとエンクロージャーが、大きく振動する低域用エンクロージャーと分かれたことも功を奏しているのでしょう、






豊かでふくよかな低域と、澄んで艶やかな中高域が両立しています。















音を聴いてしまうと一つ目小僧もエレガントに見えてくる。。






イタリアのソナス・ファベールの艶とはまた違う艶。





いわく言い難い艶なんですよね。。





トップエンドの The Music は大きすぎて、6畳しかない私の小さなリスニングルームには無理なんですが、













リストならぎりぎり行けそう。





とにかくこの艶。どのアンプで鳴らしても独特の艶がのる。





しばらく当店でお聴きいただけます。













Haydn を存分に歌わせるために QUADのセパレート 22+II を買ったばかりの店員S田でした。





無粋と知りつつ、QUADの魅力をよりひきたてるケーブルは何か?






これから探究していこうと思ってます。 仕事です。



















オーグライン: RCA-1.0  








個人的に、お手頃で良質なアナログ RCAケーブルを探しています。






良くも悪くも、欲しいもの買いたいものがだんだんとってもお高くなってきてしまっていて、






そういうとき、逆にすぐ買えるオモチャ的な製品を買ってしまうことってありませんか。





当然私は買いました。 マランツのプリメインアンプ PM-5005





安いのに実に立派な音がして、私の中で最近マランツがマイブームです。






しかし、PM-5005にはアンバランス入力しかないのです。





そして今私が持っているアンバランスケーブルとしては、





アキュフェーズ DP720に付属していた ASL-10 しかないのです。





しかし、スピーカーケーブルも アナログXLRケーブルも NVSで揃えている者として、






アキュフェーズのケーブルはたしかに良くできてはいますが、






そして価格バランス的には PM-5005には ASL-10でも高すぎるくらいなのは分かっているのですが、





正直ちと寂しい。





というわけで最近ずっと、RCAケーブルを探しております。





そんな中、先ほど少しだけ時間が取れましたので、先日から当店に中古で入荷している、





オーグラインの RCA-1.0、を試聴してみました。















試聴ソースはこの2枚。





























いやあ、





単線の良さがこれほどわかることも珍しいんじゃないでしょうか。















写真から容易に推測できる最悪の取り回しではあります。















オーグ合金自体の特長でもある解像度の高さと、独特の艶やかな質感の加わった






単線特有の混濁のない音像と音場が、






ホールで収録したピアノ協奏曲においても、スタジオ録音のポップスにおいても






非常に奏功して、音楽を全くストレスなく楽しめますね。















これはいいなあ。。






私が今回候補として考えているのは、当然ながら 愛用中のNVS、その他 NORDOST、JORMA DESIGN、あたりなのですが、





オーグラインも候補に入りましたね。 ってユニオンの人間は中古を買ってはいけませんのでこの個体は買えませんから新品の中から選ぶことになりますけど。





けど、すぐ決めないでもうしばらく悩みます。





RCAケーブル買っちゃったら買い物の楽しみがまた遠ざかっちゃうので。 





安定の本末転倒。 倒錯。 買物依存症。 店員なのに。




店員S田でした。





※ブログを御覧になったと店頭にてお伝えいただければ、ブログで御紹介した中古商品を10%お値引きいたします ( ご来店の場合に限らせていただきます )。














米 NORDOST : ヴァルハラ 2 スピーカーケーブル

 







役得と言いましょうか、






この仕事をしていると、発表前の製品ですとか、






超高額製品を手にとり、仕事と称して試聴できたりします。
















最近ですと、中古で入荷したアメリカのハイエンドケーブルブランド、





NORDOSTの上位機 VALHALLA 2 スピーカーケーブルを仕事と称して聴けたのは





やはり役得と言えるでしょう。






かく申す店員S田は同じアメリカの NVSに惚れ込んで同社のケーブルを自宅に揃えておりますので、







清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入した Silver 1 Ultimate XLRケーブルや、






Copper 2 スピーカーケーブル等から NORDOSTに浮気することはありませんが、






VALHALLA や ODIN クラスの超ハイエンドケーブルとなるとやはり、憧れを抱かないといったらウソになります笑。







これ絶対に自作が不可能ですよね。。







もはや自分のライフワークではないかとすら思える、恒例の捕らぬ狸の皮算用をするならば、








そしていいケーブルは美しい。






宝くじで1等が当たったら、NVS の Silver Inspire Sシリーズと、JORMA DESIGN の PRIME あるいは STATEMENT、






そして NORDOST の ODIN 2、VALHALLA 2 で、ラインケーブル・スピーカーケーブル等を全て一式揃えますね。  間違いなく。 これは断言できる。 いったい他に何を買うと言うのか。

















そんな皮算用の常連たる VALHALLA 2。 試聴するとやっぱりスゴイです。






NVS のような、一流のトロンボーン奏者でもあるネイサン氏だけがなしうるレベルの、







つまり技術者には不可能な、音楽的抑揚のこの上ない豊かな表現ですとか、音色の微細な描き分け等はさすがに、NORDOST や JORMA のケーブルにはできません。

















しかし反面、科学的・客観的な再生レベルという点で、NASAにもケーブルを納品している NORDOST の 上位モデル、VALHALLA 2 は恐ろしいです(^^;)。







とにかく空間が広い。ドッカーンと拡がります。






解像度も文字通り桁違い。






ただご注意いただきたいのは、ご存知の通り、ネットオークション等で贋物が大量に出回っていることです。







弊社で販売する中古品に関しましては、当然ながら全て正規輸入品であることを確認してありますからご安心ください。







そして VALHALLA クラスの中古が当店に入荷することは実際そうは頻繁ではありませんので、






くれぐれもこのチャンスをお見逃しなく笑。







店員S田でした。






英国 Stirling Broadcast : LS3/5a V2  









今月は雨が多いですね。






店員S田には雨の日の午後に自宅で音楽を聴きながら読書するのが無上の喜びだったりします。







といっても基本インドアなので晴れてても全く同じことしてますが。







ともあれそんな午後、しっとり音楽を鳴らすにはやっぱりBBCモニター LS3/5a が一番ではないでしょうか。
















いつも馬鹿の一つ覚えみたいにこの話をしてしまいますが、

















放送局で使われるために開発され、実際に大活躍していたのが LS3/5a ですから、






必要十分なモニター性能。
















そしてなんといってもプロの現場で長時間聴いても疲れないようチューニングされましたから、






聴き疲れしない穏やかな音質。







3/5の素晴らしいのは音質だけでなく、このコンパクトなサイズ。






リビングでも書斎でも自己主張しないこの小ささが、






オーディオを意識させず音楽だけを心地よく楽しませてくれます。
















10月中旬まで、当店で 英国 Stirling Broadcastの LS3/5a V2 がご試聴いただけます。






店員S田でした。