在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 6
10 11 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

2018 インター その2 ~Accuphase 、NASPEC~




東京インターナショナルオーディオショウ その2。


極私的とまではいきませんが、若干の主観?をまじえてご報告してみましょうか。


まずアキュフェーズから。上の写真は新発売のプリメインアンプ E-480。












以前当ブログでご紹介したこともある FM ステレオ・チューナー T-1200。

今は単体チューナーって他にヤマハしか出していないんですよね。

私は今も、もう1度八木アンテナを屋上に立ててメインシステムで NHK-FM を聴き始めようかと悩んでいます。なんだかんだ言って NHK-FM はやはりコンテンツが魅力的です。

スマホのアプリでもノイズ無しに聴けはしますが圧縮ですしね。







いつかチャレンジしたい DG-58。





以前 DP-720 を愛用していた者として気にならないわけがない DP-750。

私はDP-720 を手放したあと古い海外機を渡り歩き中ですが、・・デジタルは最新鋭の高性能機もなんだかんだ言って必要よね。。フィリップスのスイングアームも素晴らしいんですが。。


お次は NASPEC ブース。





要注目! 英 ISOTEK から、SIGMAS + TITAN の上級機 NOVA が誕生。






デザインは背が高い SIGMAS といったところ。

これは早く聴きたいですね。



ISOTEK の電源ケーブル。





米 WIREWORLD のケーブル が シリーズ7からシリーズ8に一新。

当店でもさっそく2枚目の写真の PEI 8 RCA 等が売れてます。
















カスピアン、やっぱりかっこいいです。欧州の薄型コンポーネントっていいもんです。







NASPEC は取扱ブランドがとても多いですねー。しかも魅力的な製品ばかり。


続きます。
























2018 東京インターナショナルオーディオショウ






2018 東京インターナショナルオーディオショウ に









行ってきました。







少しずつご報告いたします。

WIREWORLD シリーズ 7生産完了品 在庫処分大特価セール






アメリカの名門、WIREWORLD社の シリーズ7がこのたび シリーズ8 にモデルチェンジ。


それに伴い、当店にて


生産完了となったシリーズ7の在庫品を大特価セール中 


です。
















この機会をお見逃しなく!!








11月10日(土)11日(日)第14回 リレー試聴会開催です。






明日 11月10日(土)から2日間、当店にて



「 第14回 オーディオアクセサリー・リレー試聴会 」を開催いたします。



1日目の明日は



12:00~13:45 株式会社ブライトーン

14:00~15:45 アイレックス株式会社

16:00~17:45 株式会社ステレオサウンド

18:00~19:45 関口機械販売株式会社


というスケジュールを予定しております。



現在、準備の真っ最中です。
















 見慣れないカートリッジですよね。



それもそのはず、これは holbo のターンテーブル導入に伴いブライトーンさんが



新規に取扱予定?の、米 SOUND SMITH 社のカートリッジ なのです。











こちらはアームに取り付けられている Sussurro Mk.II 専用ケースで










この小さい方は、Zephyr MIMC ☆。



もちろん、人気の High Fidelity Cables 等もお聴きいただける予定です。




ご来場お待ちしております。




















カーマス・オーディオ:KA-RC-1 デモ始めました。






話題の超音波レコード洗浄マシン



カーマス・オーディオ:KA-RC-1 の店頭デモを始めました。







販売価格が20万円未満というお手頃な価格と、高い洗浄性能、











そしてメンテナンスのし易さが売りの KA-RC-1 。








御来店お待ちしております(^^)。














ジェネシスサウンド 体感・体験試聴説明会開催中です






今日は他店さんでお祭り開催中ということですが、



当店はこんな試聴会を開催して対抗していたりします。



「GENESIS SOUND 体験・体験試聴説明会」









CK-1 。







引っくり返した CK-1







今日の試聴システム。


一見わかりにくいですが既にジェネシスサウンドが仕込んであるのですよ。







わかります?







ほら!







こんなところにも!







試聴用の椅子の下には金箔を貼った CK-1 ですよ。







そしてスピーカーの上と、







アンプの下には特殊カーボンマットの C-1







以前にも当ブログでご紹介した両製品ではありますが、



今日改めて試聴しました。



使用前よりも使用後の方が、音像の1つ1つがエネルギー感を増す印象ですね。



お恥ずかしながら私には変化の理由がわからないのですが(^^;)。



店員S田でした。





































ISOTEK:EVO3 TITAN ONE 入荷しました。






英国の名門、ISOTEK から



TITAN の弟分が新発売。その名も EVO3 TITAN ONE








ご覧のとおり横幅がとても狭いですのでこのような設置も可能。








しかし性能は兄貴の TITAN と同じ。



スリムにするために IEC コンセントを1系統に減らしただけです。



モノラルパワーアンプ1台につき1台ずつ、とか



ステレオパワーアンプを2台、BTL接続で使用する際にそれぞれ1台ずつとか、使い方いろいろ。



これだけスリムですから、設置スペースを確保するためにさほど悩まなくて済みますよね。



当店にて御試聴いただけます。



店員S田でした。




















Esoteric:7N-PC9700 MEXCEL 大特価販売中






Esoteric のトップエンド電源ケーブル、7N-PC9700 MEXCEL / 1.5m



当店に最終在庫品が僅かにございます。



生産完了してしまったのです。 モデルチェンジしたばかりだったのですが。。

















本当の最後です。MEXCEL の電源ケーブルを大特価で入手できるチャンスを



お見逃しなく(^^)!







LUXMAN 内覧会 その3










コンパクトなネオ・クラシコシリーズ、第2弾が登場。



真空管プリメインアンプ、SQ-N150







CDプレーヤー D-N150



こういうのを未来の美人な奥さんと寝室で使いたい。タンノイのフロア型と組み合わせたいな。







今回写真をうっかり撮り忘れてしまったのですが、



地下の試聴室で、この Diablo Utopia Evo と、



ペア 2,700万円の Grande Utopia EM Evo を LUXMAN のトップエンド機と組み合わせて



聴きました。








・・・ヴォーカルの密度、立体感が途轍もなくて仰天しました(^^;)。



薄くて軽いハイファイ調ではまったくなかった。。



仏 ERATO のオリジナル盤を海外から毎月取り寄せている人間には、



あの、細身にならず温度感も高い Utopia の音は強烈なインパクトがありました。



勿論ハイファイ性能は極めて高い上でのあの濃さですからね。。



何か買いたくて仕方がない店員S田でした。

LUXMAN 内覧会 その2






LUXMAN 内覧会その2。



Kanta No.2 (白いトールボーイ)も聴きました。





(左が来年発売予定の Kanta No.3、右が No.2)



Kanta はオーディオファイル向けに企画開発されたのではなく、



リビングで寛ぎながら音楽をいい音で聴けるおしゃれなスピーカー、という趣旨の商品。



ですので、カラーヴァリエーションが非常に豊富ですし、



クリティカルなセットアップをしなくても音楽を楽しめるように



スウィートスポットがかなり広い設計だそうです。DALI のスピーカーもそうですよね。



とはいってもそこは天下の FOCAL。音はクリティカルに聴いても本物のそれです。









ハイグロス仕上げだからかも知れませんが、マット仕上げだった Kanta No.1とは違って



すっきりくっきりした質感の音でした。



我が家のリビングで鳴らしているのは 30年前に買った パイオニアのヴァーチカルツイン



S-55 Twin SD なんですが、Kanta No.2 か、No.3 に買い換えたら



あのしがないリビングもさぞやオシャレになるでしょう(って部屋が負けるか・・)。













今回 Kanta 兄弟を鳴らしたのは、特にドイツで非常に高い評価を受けているという噂のL-509X 。



駆動力、クオリティ、どれをとっても下手なセパレートアンプが裸足で逃げ出すレベルのプリメインアンプです。



さらに続く。



店員S田でした。