在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 9
12 13 16 17
20 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

マルコプーロス作曲「オルフェウスの典礼」他




Apple Music で聴いて気に入ったので買ったこの CD。





マルコプーロス作曲「オルフェウスの典礼」


現代曲ですが屈託がない笑。録音もなかなかでお勧めです。


このアルバムは現代ハイファイシステム向きですね。


ちなみにここでたまに試聴するこのCD、








私事で恐縮ですが、私は自宅でこのアルバムをCDでは聴きません。アナログのオリジナル盤で聴いています。理由は当然ながら音がCDより録音制作意図に沿うものだろうから。といいますか、


このCDあたりを買って聴いた当時そのデリカシーに富んだ表現に感銘を受けつつも、その頃使っていた現代機器から成るシステムによる再生に強く違和感を覚えた結果として、今の私の古風な QUAD 22+II 、ガラード401、そして欧州の古典的なスピーカー等から成る古風なシステムに行き着いたと言っていい。というお話をしたかったりします。



個人的にはアナログ録音時代の古いアルバムをハイレゾのデジタルファイルにして現代ハイファイ系ハイエンドで再生する意義をあまり見出せない(^^;)。色々な意見があるでしょうけどやはりアナログ盤を、制作時に一般的だった再生システムで聴くのがいちばんだと思います。



ということばかり考えて行き着いた我が家のシステムは、フルトヴェングラーやトスカニーニ、ブッシュSQ、等々のCDも極めて魅力的に再生してしまいます。・・枯れてるシステムとも言う?


とか言いながらアマゾンで買ったレンタル落ちのパフュームのCDなんかで電源ボックスの比較試聴してたりする店員S田でした。














DH Labs:Q10 Progressive 端子特注仕様




某他店さんで購入した、HARBETH:HL Compact 。アラン・ショウの処女作。





とりあえず杉の角材をベースにして、インシュレーターで3点支持で鳴らしています。





HL Compact 用に選んだスピーカーケーブル、DH Labs:Q-10 Progressive Bi-Wire


スピーカー側端子は全て DH Labs:Silver Lock Banana(中型)に変更。








パワーアンプが QUAD II なのでアンプ側端子は DH Labs:Z-Banana の先っちょだけに変更。


通常仕様だと 金メッキ ですが、銀メッキ でお願いしました。





TMD の ポリマー液で3回処理。毎日少しずつ慣らし運転を続けていますが、


早速に滑らかでウェットな管弦。生音より官能的かもしれないヴォーカル。


Q10 Progressive が届くまでは某社の切売トップエンドを繋いでいましたが、Q10 Progressive に繋ぎ換えた途端 音数が激増。 ノイズフロアはグググっと下がり、音場はドッカーンと広くなりました。


そして1番大事な HL Compact の音色、質感は下手なハイファイ色に染められることが全くない。染められたら何のためのハーベスか、そしてクォードかということになりますので、この条件を満たすアクセサリーでないと私は絶対買いません笑。


もう何も買わなくていいな。そう絶対に何も買わない。・・多分何も。おそらく。・・いやひょっとしたらあるいは。。


店員S田でした。













やっと・・




私事で恐縮ですが、先日購入した HARBETH:HL Compact(アラン・ショーの処女作)用のスピーカーケーブル、米 DH Labs:Q10 Progressive Bi-wire (端子特注仕様)が我が家に届きました。


今はまだブレークイン中ですが、・・かなりいいです。



S/N がムチャクチャいい。低域の沈み込みが深いのに立ち上がり立ち下がりは早い。そして何より、HL Compact の絶妙な明暗バランスと耳に美味しい質感とが下手なハイファイケーブルと違い全く損なわれない。というか逆に HL Compact の個性をいっそう引き立ててます。



近日また御報告いたします。


店員S田でした。

トランス式アッテネーター搭載かあ・・





LUXMAN から4月下旬発売予定の真空管コントロールアンプ、CL-1000


トランス式アッテネーターを搭載するんですね。やりますな。


最近ですと オーロラサウンド の PREDA(プリダ)あたりも採用するトランス式アッテネーターは、抵抗を用いるアッテネーターと比べると音痩せしない点にその魅力があります。







英国 Bespoke Audio   や、元サンスイの方によるイシノラボ からはトランス式パッシブプリが出ていたりしますが(あいにくこの両社製品は弊社にてお取扱しておりません笑)、そしてどちらも当然電源が要らずゲインも無いわけですが、通すと S/N 比が極めて高くなるうえにエネルギーが増大する印象でした。


ただでさえ真空管の音色に魅せられている者の1人として、CL-1000 が気にならないわけがない。そのうえトランス式アッテネーター搭載というのは更に購買意欲をそそります。


体調を崩したので体力がつく食べ物を探しつつも痩せなければいけない店員S田でした。この場合はゲインありの抵抗式でしょうか。









今日のお買い物





私事で恐縮ですが、HARBETH:HL Compact (アラン・ショウのデビュー作)用にアマゾンで杉の角材を4本買いまして先日早速開梱して設置したのですがガタがありました。


なのでスペーサーになるものは無いかと日用品を含めてあれこれ探しましたが音質的に副作用のないモノって意外と無い。というわけで 今日は Acoustic Revive の CP-4 を買って帰ります。



スピーカーケーブルは 先日試聴して S/N比の高さとナチュラルな音色が非常に好印象だった DH Labs の Q10 Progressive をバイワイヤ仕様で注文予定です。


しばらくは杉の角材をスタンドにして色々な盤を再生してみますが、おいおい松や桧や黒檀や桜等他の木材を試してみようかと考えています。昔のマニアみたいですねー。


現代ハイファイ系ハイエンドから遠く離れて。店員S田でした。















クルレンツィス





私事で恐縮ですが、かなり遅ればせながら話題のテオドール・クルレンツィスに興味を持ちました。


最近古い録音盤を聴くのが楽しすぎて新譜をあまりチェックしていなかった(^^;)。


Apple Music で聴いてこれは CD を買わねばと。音楽として非常に興味深い。そそる。







実は我が家のオーディオはもういじりたくないほどに、少なくともひとまずは完成と言っていい状態になってしまいまして、つまり音楽的に素晴らしすぎまして、


しかし反面、オーディオファイルの端くれとしては寂しいことこのうえないのです。


今のシステムでは音楽として十全に再生できないようなソフトさえ見つかれば、


新たなシステムを組む大義名分はできマス。


アヴァロン・ダイアモンドか B&W 803 D3 に コンステ か VIOLA あたりを組み合わせてと


かなり以前から考えている構成を実現するきっかけにクルレンツィスが果たしてなるか?あるいはやっぱり現用システムに惚れ直すだけで終わるのか?


悩み多き40代の店員S田でした。


不惑って何? 音いいのそれ?






氷の世界








井上陽水のアルバム


  


『 氷の世界 』





オリジナルのリリースは 1973年12月とのこと。


これは アマゾンで買った中古の SHM-CD です。








昭和歌謡と LS3/5a V2 はやっぱり相性いいです。


けどアナログの方が立体感が出てもっといいだろうなー。


隠居したら田舎に庵を結んでサンゴーエーと直熱三極管シングルアンプとガラードで音楽聴いて日がな1日過ごすのもいいんじゃないでしょうか。というか早く隠居したい。


店員S田でした。






DH Labs:Pro Studio Progressive RCA エイジング中







先日から DH Labs の新作: Pro Studio Progressive RCA/1.0m をお借りして自宅のシステムに繋いで鳴らしこんでいます。


おろしたての新品なのでまだ伸びやかに歌いませんが、既に価格が信じられない高解像度と高S/N比を実感しています。







早く本領を発揮させたくて PAD のウルトラエンハンサーをかけつつ、「この録音が音楽的に満足できなきゃオーディオやってる意味がない」極私的に試金石となるこういった盤を少しずつ再生しています。


個人的には古い録音盤に試金石が集中してたりするのもあって、ただハイファイ性能が高いだけではダメなんですよね(^^;)。


他にも色んな盤を再生して、Pro Studio Progressive の性格を見極めてみます。今のところ音楽的にもいい感じです。10万円以下のインコネでこのようにじっくり試す気が起きるケーブルは稀ですね。


店員S田でした。












『NVS SOUND』 ~崇高なまでの音楽表現力~








個人的に最もお熱を上げているのは何を隠そう、アメリカの新進気鋭ケーブルブランド NVSのケーブルです。





いま我が家では、Copper 2 スピーカーケーブルと、Copper Inspire XLRケーブル、そしてSilver 1 Ultimate XLRケーブルを使っています。





今となっては私の音楽再生には絶対欠かせないケーブルです(^^;)。















ケーブルに限らずオーディオ製品って、導入後しばらくは聴き惚れる毎日でとても幸せですが、その後はその音楽表現に慣れが、悪く言えば飽きが来て新しいものが欲しくなることがありますよね。





しかし私にとって NVSのケーブルは、馴染むごとにそして聴きこむほどにその音楽性に驚かされるので飽きることがありません。もし変化を求めるなら NVSのより上位グレードに買い換えたいと考えるだけ笑。





特に Silver シリーズは崇高と言えるほどの音楽表現力です。全てのケーブルを Silver Inspire S で揃えられたら一生幸せですね。。





むちゃくちゃ高いけど。。





店員S田でした。










 


 

組み合わせの相性

オーディオユニオンお茶の水アクサリー館アナログ担当の 久埜 でございます。


ただいま4Fアクセサリー館にて、なんと FirstWatt SIT-1 の中古が入荷しております!!


 

店頭販売価格:¥998,000円(税込み)
http://www.audiounion.jp/ct/detail/used/128298/


組み合わせのプリを当初PHASEMATIONCA-3にしていましたが、SITの真空管アンプのような甘さが、高性能半導体アンプの純粋で薄まってしまったような音になってしまいました。

そこで相性を考え、1974年型のラックスマンの管球式コントロールアンプCL-35Ⅱに入れ替えてみたところ、やっと甘さが出ました。

スピーカーがPENAUDIOCHARIASMAなので音がストレートにきっちりでるため、FirstWattSIT-1を基点として生かすためにはこのような組み合わせがよろしいのかもしれません。



このように、コンポーネントやアクセサリー含め“音”の組み合わせは、まずご自分がどのような音を好むのかを見極め、それに対しそぐわう個性を各コンポーネントの役割に合わせ、纏め上げるのがよろしいかと思います。

オーディオはつねにトライ&エラーでございますので、長く探求できて一生モノですね。



次回はCL-35Ⅱの内蔵フォノイコライザーとPHASEMATIONのEA-500で比べてみたいと思います。