HIGH FIDELITY CABLES:Magnetic Speaker Cable Adapters




こ、この物体はひょっとして・・、





いや、間違いない・・





やっぱり・・あの、ブレークインに 1,000時間かかるくせに外すと効果が完全に消える悪名高い 米 HIGH FIDELITY CABLES の製品だ。。





見なかったことにしようか、、聴くとやばいんだよなここの製品は・・。





ふむふむ、手持ちのスピーカーケーブルのスピーカー側がバナナ端子ならこの穴に挿し、





Yラグならこの黒い部分をまわして





ここに挿すと。






っていうか実を言うとですね、3日ほど前に既に他のスタッフが クリプトン:KX-1000P に装着していたんです。





そして昨日と一昨日私はお休みをいただいていたんですがその間もずっと装着したままだったと。





なので3日間分はブレークインが進んでいる。これを外していつものように 無し→有りの比較試聴をするのは勿体無い。なので今回はいつもと逆に 有り→無し の順番で比較試聴しようじゃないですか。





・・あれ?





この曲、結構な回数聴いてきたけど、


楽器それぞれの位置はもっと前後方向にお互い近かったはずなのに


やたらめったらお互い前後に距離が出てる。。文字通り目に見えるレベルで。


今までケーブルやらクリーン電源やらインシュレーターやらを有り無しで相当比較試聴してきたけど、ここまでの前後はおじさん初めて聴く。。


これはもう、





アダプターを外すしかないっ。





・・・やばい。いつもの音だ。前後の距離感が消えてしまった。。


聴くんじゃなかった・・・・デジタルでここまで前後が出るなんて・・アナログのオリジナル盤ならもっとってことか・・


えーといちおう駄目元で確認したいんですが 本領発揮するまで 1,000 時間ですよね? 磁気伝導技術だから。


1,000時間経ったあとで外したら今日よりずっとがっかりするんですよね? やっぱり磁気伝導技術だから。


うちだと ウィンアコのハイドンはシングルワイヤリングだから1組で「済む」のが不幸?中の幸いか。店員S田でした。


※ 12月14日(土)、15日(日)の2日間にわたって開催する「第16回オーディオアクセサリー・リレー試聴会」株式会社ブライトーンさんの回(15日14:00~15:45 )にて、HIGH FIDELITY CABLES の製品をデモいたします。もちろん Magnetic Speaker Cable Adapters も御試聴いただきます。ぜひご来場ください!


aet:TSD-SPA




aet から スピーカーケーブルスタビライザーTSD-SPA が発売されました。





・・スピーカーケーブルスタビライザー





「 同社独自のアコースティックコンディショナーによりスピーカーケーブルの抵抗値を制御する」アクセサリーとのことですが・・。











装着するとこんな感じになる。


何はともあれ聴いてみましょう。





最初に TSD-SPA 無しで聴いて、





次に TSD-SPA を装着して聴いてみます。








今日繋いでいるスピーカーケーブルは NVS の FD V ですが、


FD V 単体のときより明らかに音像がタイトになりました。 そしてちょっとノイズフロアが下がった音場がぐっと手前に展開。


太鼓の皮にテンションがかかって胴鳴りが引き締まってます。面白い変化。


これだとどうでしょう。





電子楽器と女性ヴォーカル。FD V 単体だとふんわり柔らかな音場と音像ですが、


TSD-SPA を装着するとやはり音像がタイトに。そして電子楽器のアタックが強くなりますね。


面白い変化です。個人的にはアコースティック系のソースなら FD V 単体で、電子楽器を多用するポップス系には TSD-SPA を加えて、という使い分けをしそうです。店員S田でした。

















米 HGA:X32 スピーカーケーブル




 米 HGA のスピーカーケーブル が入荷しております。





今日は X32 を聴いてみましょう。導体は4Nの純銀単線です。

















銀単線的な高域の癖はありますが、つかえがとれたような抜けの良さは銅より導電率が高い銀ならでは。





スッカーンとストレスなく音が出てきます。エイジングを進めれば化けますなこれは。








立派なハードケース付き。所有欲も満たします。


ヌヴーのオリジナル盤を探している店員S田でした。




JPS Labs:SUPER CONDUCTOR 3




珍しいスピーカーケーブルが入荷しています。


米 JPS Labs:SUPER CONDUCTOR 3 SP / 1.8M














御覧の通り単線です。JPS Labs 独自の導体 Alumiloy  (アルミ・銅合金)の単線を4本使っています。まさかのアルミですが、、導電率どれくらいなんだろか? SUPER CONDUCTOR って言うくらいなんだから笑 相当高性能なハズですが。。








先日の audiounion DAY vol.9 で使用した TRIODE:TRX-3TRX-P300M WE300B


カクテルオーディオ:X45 PRO、そして 当店常設 audel:Magika Mk.II で試聴します。





( 便利過ぎて最近 Apple Music を試聴用にも使ってしまう。
このハイレゾの時代にスミマセン )






・・ケーブルの音にも温度感ってありますよね。私の主観で恐縮ですが 照明に例えるなら


例えば アコリバ が 昼白色 なら サエク は 温光色


今日聴いた SUPER CONDUCTOR 3 は 温光色 という印象です。


そして SUPER CONDUCTOR 3 はやはり単線だからなんでしょう、音像の輪郭線が滲まずすっきりくっきりしています。


で、単線臭が強すぎると高域がキツくて聴き疲れすることがありますが、


SUPER CONDUCTOR 3 は全く逆で、生理的に気持ちいい質感。素晴らしい。


特筆に値するのは中央に定位するヴォーカル等のフォーカスがビシビシっと定まっているところ。ビッグマウスの対極。


いいケーブルの音を聴くと幸せになりますね。なんてこと SNS に書いても いいね がつかないどころか顰蹙を買うでしょうけど。店員S田でした。



KRIPTON:SC-HR2000 試聴しました。



KRIPTON から 10月下旬に発売予定のスピーカー・ケーブル、





SC-HR2000 。税別定価 14,500円 / 1m 。


導体は勿論 PC-Triple C


シングルワイヤリング仕様である同時発売の SC-HR1500、同1300 とは異なり HOT / COLD それぞれ 2組のバイワイヤリング仕様。







左が同時発売の SC-HR1500、右が SC-HR1300


1300 には介在にポリエチレンパイプを採用。とても判りにくいですが導体の中心にマグネシウムの芯線。これで電流に伴う振動を素早く吸収しています。





1500 。白いフサフサは介在の天然シルク。帯電防止と振動吸収を狙っています。


こちらは導体の中心にポリエチレンパイプ。



 


花束?みたいな SC-HR2000 。ツイーター用に SC-HR1300、ウーファー用に SC-HR1500 って感じです。


切売スピーカーケーブルとしては非常に高額です。


何はともあれ試聴してみましょう。






と、SC-HR2000 は上述の通りバイワイヤ仕様なんですが残念なことに当店にはいまバイワイヤで繋げるスピーカーがないので(KX-1000P があるんですが、HIGH - LOW 間がむちゃくちゃ遠くて無理でした) 、ウーファー用部分(=SC-HR1500同等)だけ繋ぎます。


幸い SC-HR2000 のデモ機は当店にずっと置かせていただくことになりましたので、バイワイヤ仕様での試聴はまた別の機会を設けます。









・・切売でここまでノイズフロアが低いスピーカーケーブルは過去無かったんじゃなかろうか?



しっかりと音響設計がなされた大ホールのあの静寂な空気に、オケとヒラリー・ハーンのヴァイオリンの音色が実に伸びやかに拡がりゆく様がなんとも心地よい。



これも聴きましょう。






スタジオ録音でも SC-HR2000 の 高 S/N比 がものをいいます。ダイアナ・クラールは試聴会でよく使われますが、ともすればハスキーヴォイスの子音成分が強調され過ぎて聴き疲れする例がなきにしもあらず。


しかし SC-HR2000 ( 今回は SC-HR1500 相当分だけですが ) にそのようなぱっと聴き試聴会受けする音を期待しても無駄です笑。 PC-Triple C と天然シルクの音でしょう、生理的に極めて心地良い質感。正直に白状しますが私はあんまり気持ち良くてしばらく聴き込んでしまいました。


これは切売グレードではないなあ・・。バイワイヤで繋いだらもっと凄いでしょう。


店員S田でした。







サンシャイン:SSP-Reference を聴いてみました。




台風が近づいていますがオーディオファイルには関係ありませぬ。





今日も今日とてケーブルの比較試聴をするのです。


サンシャインから発売されたばかりの切売スピーカーケーブル、SSP-Reference


そして対するは ゾノトーンの 6NSP-Granster 5500α 。







今回は都合によりプラグが両機で異なりますが大体の傾向の違いは判るでしょう。










まず 6NSP-Granster 5500α を繋いで聴き、







SSP-Reference に繋ぎ換えます。





Granster 5500α より SSP-Reference の方がテクスチャが官能的。極端に言うと スピーカーを B&W から HARBETH に換えた感じ。





Granster 5500α だと子音成分が結構目立ったこの録音。SSP-Reference に換えるとビヨンセ のヴォーカルが耳に刺さらない。極端なたとえをするとツィーターをホーン型からソフトドームに換えた感じ。


ディップフォーミング導体の音ってやっぱりこういう感じですね。肉厚な中音域、滑らかなテクスチャ、ちょっとダークな音色。


いいスピーカーケーブルです。店員S田でした。





サンシャインの切売スピーカーケーブルが入荷。




サンシャインから切売スピーカーケーブルが届きました。





詳細はまだわかりませんが、間違いなく HSE処理を施したディップフォーミング導体でしょう。





近日詳しく御報告いたします。

DH Labs:Q10 Progressive 端子特注仕様




某他店さんで購入した、HARBETH:HL Compact 。アラン・ショウの処女作。





とりあえず杉の角材をベースにして、インシュレーターで3点支持で鳴らしています。





HL Compact 用に選んだスピーカーケーブル、DH Labs:Q-10 Progressive Bi-Wire


スピーカー側端子は全て DH Labs:Silver Lock Banana(中型)に変更。








パワーアンプが QUAD II なのでアンプ側端子は DH Labs:Z-Banana の先っちょだけに変更。


通常仕様だと 金メッキ ですが、銀メッキ でお願いしました。





TMD の ポリマー液で3回処理。毎日少しずつ慣らし運転を続けていますが、


早速に滑らかでウェットな管弦。生音より官能的かもしれないヴォーカル。


Q10 Progressive が届くまでは某社の切売トップエンドを繋いでいましたが、Q10 Progressive に繋ぎ換えた途端 音数が激増。 ノイズフロアはグググっと下がり、音場はドッカーンと広くなりました。


そして1番大事な HL Compact の音色、質感は下手なハイファイ色に染められることが全くない。染められたら何のためのハーベスか、そしてクォードかということになりますので、この条件を満たすアクセサリーでないと私は絶対買いません笑。


もう何も買わなくていいな。そう絶対に何も買わない。・・多分何も。おそらく。・・いやひょっとしたらあるいは。。


店員S田でした。













やっと・・




私事で恐縮ですが、先日購入した HARBETH:HL Compact(アラン・ショーの処女作)用のスピーカーケーブル、米 DH Labs:Q10 Progressive Bi-wire (端子特注仕様)が我が家に届きました。


今はまだブレークイン中ですが、・・かなりいいです。



S/N がムチャクチャいい。低域の沈み込みが深いのに立ち上がり立ち下がりは早い。そして何より、HL Compact の絶妙な明暗バランスと耳に美味しい質感とが下手なハイファイケーブルと違い全く損なわれない。というか逆に HL Compact の個性をいっそう引き立ててます。



近日また御報告いたします。


店員S田でした。

仏 REAL CABLE:CHAMBORD II SP デビュー






アッセンブルはフランスで。





メッシュにトリコロールが。





オーディオ製品の音にはお国柄が出るといいますので、





試聴用にフランスものを用意しましょうか。明日我が家からいくつか持ってきます。


試聴でフランス近代ものが滅多に使われないのはケシカランと常々思っている店員S田でした。英国の作曲家も dCSの製品名に使われるくらいで、パーセルやディーリアスの作品を試聴会で聴いたことってほとんどありませんよね。ケシカラン。


オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 9 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード