Nmode:X-PM3




Nmode の 1bit プリメインアンプ、X-PM3 を聴きましょう。














アナログRCA入力が3系統。スピーカー出力1系統。


本当は外部クロック入力で遊びたいのですが今回はとりあえず普通のプリメインアンプとしてだけ試聴します。











今回組み合わせたスピーカーは audel:Magika Mk.2


・・絶対的な出力が小さいので制動力はほどほどなのと、この Nmode の 1bit アンプ特有のしっとり滑らかな質感とが相乗して、バリトンのディースカウがかなりリラックスして歌う感じ。







クリス・ボッティの3曲目。冒頭の拍手は柔らかく、スティングのリップノイズが耳に刺さらない。








これは素晴らしいですねー。noon の声質が X-PM3 のテクスチャと似てしっとりしたものなのでドンピシャにはまる。





これは一聴の価値あり。店員S田でした。






PATHOS:Classic Remix




最近輸入が再開されたイタリア PATHOS のハイブリッドプリメインアンプ、Classic Remix





両サイドにメーカーロゴをあしらったヒートシンクを配するのは最近の流行り。





背面。





多彩なデジタル入力。





プリ段が真空管。しかし懐古趣味は微塵も感じられないデザインと内容です。





とりあえずお国の違う GRAHAM:LS3/5 を繋いで鳴らしてみました。





これは合ってない。LS3/5 の、レンジが狭い反面で充実するはずのヴォーカル帯域が充実しないし、


このアンプは LS3/5 得意の直接音ではなく、どちらかというと間接音を豊かに出そうとしている気配が濃厚なので全く噛み合っていない。





ならば同じイタリアの audel:Magika Mk.II だとどうか? Magika Mk.II は間接音の艶が色彩感豊かだから合うのではと思って繋いでみるといい感じに合いました。



なるほど、いかにもお洒落なリビングに似合いそうなこの Classic Remix は音もお洒落なリビング向けですね。腰痛再発中の店員S田でした。





ACCUPHASE:E-800




明日2月8日(土)14時~16時は当店にて「春先取り KUZMA アナログ試聴会」を開催いたします。








そして明日使用するアンプは、いま話題の ACCUPHASE:E-800


 

で。色々な曲を再生しておりますが、


 


 

噂通りプリメインアンプの音ではない。S/N が素晴らしいし、スピーカーの制動力は極めて高いし、情報量も多い。まさにセパレートアンプ級の音。


 


が。この凄い音は、


 


 


ヨルマデザインのケーブル群と、ジョデリカの電源ボックスによるところも大きいですね。


いつもながら私事で恐縮ですが、以前 自宅で ACCUPHASE の DP720、C2820、そして A70 に NVS のケーブル群を組み合わせて聴いていた私からすると、E-800 & ヨルマ & ジョデリカ がいま奏でている音と音楽はちょっとカラッとし過ぎていて強過ぎるきらいがあるものの、、逆に面白い笑。割り切っていて潔いというか。


HIGH FIDELITY CABLES の MC0.5 を挿せるだけ挿したりすれば超絶ハイファイ性と官能性を両立できたりしないだろうか? 気分転換に飢えている店員S田でした。















Mark Levinson:No.383L




動作チェック中の Mark Levinson:No.383L










チャートウェル:LS3/5 を駆動中。意外とイケます。基本的に偏りなくニュートラルな音調ながら、折々にそこはかとなく柔らかでウェットなテクスチャで聴かせる。



BBCモニター系は大陸より英米の方がやはり違和感が無いかも。いや、ジェフは合わないから一概に言えない。自宅の Harbeth:HL Compact 用に PASS LABS か First Watt をいつか組み合わせてみたいと考えている店員S田でした。



LUXMAN:CL-1000
















先日 お茶の水ハイエンド中古館で audiounion DAY vol.9 開催時に鳴っていた、


LUXMAN:CL-1000


トランス式のアッテネーターを搭載する真空管式プリアンプ。


同社の MQ-300 と組み合わせて TANNOY:Canterbury GR を鳴らしていました。


私が想像していたよりずっとハイファイでした。温度感は高くもなく低くもなく。そしてワイドレンジ。


いちどアナログを聴いてみたいところです。店員S田でした。





TRIODE:TRX-P300M 真空管モノラルパワーアンプ




TRIODE:TRX-P300M


300B パラシングル・モノラルパワーアンプ。











明日の audiounion DAY vol.9 「 昭和の歌謡曲を最新の真空管アンプで聴く! 」で使用します。


御存知の通りいまの主流は半導体増幅のアンプですが、真空管アンプも根強い人気があります。


かくいう私もメインのアンプは英国 QUAD の 22+II 。永く使いたいので EF86、12AX7、GZ32/34、KT66 は交換用のヴィンテージ品を大量にストックしています。


真空管アンプはホントいいです。聴いてて生理的に心地よい。


ともあれ TRX-P300M の音を聴いてみましょう。プリは同じトライオードの TRX-3 です。








 同じ 300B ながらシングルの





この TRV-A300XR より、パラシングルの TRX-P300M の方が当たり前ながらドライブ力があるので


大音量時でも息切れしない。300Bシングルで 4オームのスピーカーとかを組み合わせたら当然クリップしますが、


パラシングルの TRX-P300M なら実使用上さほど問題なく駆動できるでしょう。


もちろん、シングルにはシングルの魅力が大いにあるわけですが。






アヌアル・ブラヒム も このフルート四重奏曲も ウェットで艶やか。実にいい。


個人的には音色が明る過ぎる印象ではありますが、球をヴィンテージに換えれば音色はある程度ダークになります。S/N は悪くなりますがね。あるいは、エミッションラボや高槻や Elrog の現行管という選択肢もあります。


TRX-P300M はさすがにこの価格なので手配線ではありませんが、逆にこの価格でこれだけの音を出してくれるのだからやっぱり素晴らしいです。店員S田でした。


TRIODE:TRV-A300XR













 


TRIODE:TRV-A300XR









今度の日曜日 10月20日 14時~16時に当店にて開催する


「 audiounion DAY vol.9 昭和歌謡を最新の真空管アンプで聴く! 」 でデモする機器の1つです。


現在、300Bシングルの真空管プリメインアンプはガレージメーカーを含めて沢山ありますが、TRIODEの製品 はその中でおそらく最もお手頃な価格。そして高品質。


300Bはヴィンテージだとむちゃくちゃ高いですが、現行管でも良いものが現実的な価格で入手が可能ですよね。ハイパワーで高性能な半導体アンプをメインで使いつつ、サブに TRIODE の 300Bシングルプリメイン。というのは面白いと思います。


店員S田でした。

TRIODE のリーズナブルな真空管プリアンプ、TRX-3



TRIODE:TRX-3 。







シンプル化傾向著しい昨今には珍しく4バンドのイコライザーを装備。














今日組み合わせている パワーアンプは EAR:8L6





スピーカーは当店常設の audel:Magika Mk.II









EAR 単体だとウェットで滑らかな質感が支配的に過ぎるキライが無きにしもあらずなんですが、


TRX-3 を足すと適度にカラッとするのでいい感じにメリハリが立ちます。


プリアンプとしてはかなりお手頃な価格。最近はプリメインアンプの高額化が著しくてこの価格帯のセパレートアンプってほとんどありませんから、TRX-3 は貴重な選択肢になりますね。


写真で見るよりコンパクトな TRX-3 。10月20日(日曜日)14時~16時に当店にて開催するイベント、「audiounion DAY vol.9 昭和歌謡を最新の真空管アンプで聴く!」で使用いたします。もちろんそれまで当店で御試聴いただけます。御来店お待ちしております。


店員S田でした。





Accuphase:E270 で audel を鳴らす。




Accuphase:E270








スティーヴ・ライヒ。








ピリス。








アンドリス・ネルソンスのブルックナー。





シチリア島生まれでいつも路上で陽気に歌っていた audel:Magika Mk.II  が  E270 と組み合わせたら正装して音響のいい大ホールで歌い始めた。例えるならそんな感じの音です。


ていうか、アキュフェーズのアンプはボトムエンドの E270 でも本当に S/N がいいですねえ。。びっくりします。ドライブ力も価格が信じられないほどだし。店員S田でした。






オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
平日 12:00~20:00
日曜・祝日 12:00~19:00

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ブログ内検索

バーコード