Triple AC Enhancer をお茶の水店でも試してみました。





Akiko Audio:Triple AC Enhancer をお茶の水店でも試してみました。


Sonus Faber のインテグレーテッドアンプ、MUSICA で。







MUSICA の電源をとっている電源ボックスに エンハンサーを抜き差しして比較試聴。








スピーカーは当然同じソナスの Sonetto(ソネット)II






・・かなり効きますねー。ノイズフロアが明らかに下がり、カサンドラ・ウィルソンのヴォーカルの抜けが断然良くなりました。


ていうか、MUSICA で鳴らした Sonetto 、かなりいいですね。。 店員S田でした。





オランダ Akiko Audio:Triple AC Enhancer




オランダ Akiko Audio:Triple AC Enhancer









デモ機を2つ 輸入元からお借りしました。










 Triple AC Enhancer はエントレック等と違い正しく電源のグラウンドで仮想アースする製品なので、今日は 電源のグラウンドが結線されていない国産機器ではなくイタリア Audia のプリメインアンプ を使います(念のため輸入元 eilex に電源インレットのグラウンドが内部で結線されていることは確認しました)。




国産ですと例えばこの DENON:PMA-SX1 Limited の ACインレットは御覧の通り2極。この件につき DENONに確認はしていませんがグラウンドは内部でシャシーに落ちているのが一般的。シャシーが機器の構成物の中で最も電圧が低いのでシャシーをグラウンドとしている(シャシーの電圧をゼロと仮定している)わけです。


Triple AC Enhancer と形状が一見似ている Acoustic Revive:RAS-14 Triple C もグラウンドノイズを除去するとうたっていますが、こちらは屋内配線のグラウンド線から入ってくるノイズを除去と明記してあります。


それに対して Triple AC Enhancer は輸入元の説明では「機器の直前に仮想アースを設置」とあり、屋内配線から来るグラウンドノイズ向けではない。


しかし一般的な家庭の屋内配線では御存知の通りグラウンドが結線されていませんから(一般的な家屋の壁コンセントの裏をご覧いただくとホットとコールドの2本しか来ていないはずです)、壁から直接1台の機器だけ電源をとっている場合 RAS-14 Triple C は Triple AC Enhancer 同様に事実上 機器の仮想アースとして機能していると思います(もちろんその場合、繋ぐ機器のACインレットのグラウンドが内部で結線されている必要がありますが)。


あと、1つの壁コンセントあるいは1台の電源ボックスから(グラウンドをACインレットに結線している)機器を複数給電している場合は機器間でアースループが形成されますので、この場合だと Triple AC Enhancer、RAS-14 Triple C 共にグラウンドノイズ対策アクセサリーとして機能しうると考えます。


そして今回の試聴では Triple AC Enhancer のグラウンドノイズ除去効果を確認するために以下のような繋ぎ方にしました。


● 各コンポーネントからエントレック等の仮想アースまでを繋いでいたアースケーブルは全て外す。

●ソース機器、プリメインアンプの機器には各電源ケーブルとラインケーブル、スピーカーケーブル以外何も繋がないようにする。

●ソース機器(今回はカクテルオーディオ:X-45のみ)、プリメインアンプの電源を同じ電源ボックスからとる。


ではその電源ボックスの空きコンセントに Triple AC Enhancer を抜き差しして比較試聴しましょう。





まずエンハンサー無しで聴き、





次にエンハンサーを2個挿して改めて聴くと、








ノイズフロアはさほど下がらないものの、ヴォーカルがストレスなくスウッと発声。そして桁違いに豊かな成分で残響が構成されるので、多良間島の黒砂糖みたいに滋味深い。


なるほど。エントレック系だとノイズフロアが下がるだけという印象が無きにしもあらずなのですが、


 Triple AC Enhancer だとノイズフロアはさほど変わらなくて、どちらかと言うとシグナル自体の改善効果が大きい印象です。


ただ難しいのは繋ぎ方ですね。アースの適切な取り方はまったくもってケースバイケースなので自宅に導入する場合は試行錯誤が必要だと思います。使い方次第では Triple AC Enhancer が効果を全く発揮しないことがあり得ます。つくづくアースは難しい。店員S田でした。



これは多分面白い。 Akiko Audio:Triple AC Enhancer 。





オランダ:Akiko Audio社 の Triple AC Enhancer 。



面白そうなので輸入元 Mix Wave さんにサンプルをお願いしました。同社ではコンシューマー向けではなくプロ向けの商品という位置づけのようですが、オーディオ生活30年の私の第六感が「これは効く」と珍しく強く主張しています。しかもお値段がそんなには高くない。



近日試聴して御報告いたします。乞うご期待。店員S田でした。




ミューテック:MU-BNCAP







既にある程度上質なケーブルをお持ちの方がよりいっそうの音質向上を図る場合、




より上質なケーブルに交換するという手が当然あります。




しかし例えばまだ壁コンセントが入居時からついていた、町の電気屋さん系の一般的な物だった場合には、




19,000円しかしないフルテックのトップエンド GTX-D NCF(R) に換えるだけで、





ケーブル交換でいえばウン十万級の音質アップが実現できたりします。




つまり、



システム全体の中でまだ手をつけていない、すなわちシステムの弱点に対策を施すことの方が、




費用対効果は断然大きいわけです。





このたび、カートリッジで有名なミューテックから発表された MU-BNCAP は




スピーカーターミナルの、空いているバナナ端子入力部に装着するアクセサリーで、




おそらくほとんどのオーディオファイルが今まで何ら対策を施していなかった、




知られざる弱点に対策を施す製品です。











こんな感じでバナナが空いていてもほとんど誰も気にしなかったかと思いますが、










こんな風に MU-BNCAPを装着。









ええとですね、




私は今回、MU-BNCAPを装着して試聴を始めた 5秒後に




デモ機を御持参いただいたカジハララボの梶原さんに購入を申し込みました。











こんなちっこいモノに 27,600円(税別)って高過ぎだ!と




こう見えてまだ健全な金銭感覚が残っていた私は内心





「いいかもしれないけど買わない」




と考えていました。  けど、音を5秒間聴いたら




「逆にこれは安い」と手のひら返し。




結局健全な金銭感覚なんてとうの昔に失っていたのだと




思い知った夏の日。




嫁さんもらうのは無理だな。




店員S田でした。





【 MUTECH : MU-RCAP 】 エレガントなアース 













自宅新製品試聴その2。







MUTECHの グラウンドコントロール RCA保護キャップ MU-RCAP



税別定価 ¥12,000。
















アナログの権威 カジハララボの梶原さんはカートリッジをはじめとするアナログオーディオに関するノウハウを底知れぬほどお持ちで、






そのノウハウの一端がこのキャップに惜しみなく投入されています。















素材は選別された最高水準の無酸素銅。






寸法、刻み、内部の底の摺鉢状の削り方、そして通常の20倍もの厚い金メッキは全てがノウハウに基づいた吟味とチューニングの結果。








小さくて凄く地味なんですが笑、最近流行りの大きくて重いヴァーチャルアースより僕はこちらに遥かにエレガンスを感じて好き笑。
















有り無しを比較すると一聴瞭然の効果。















イズフロアが下がる。






シューマン の Dichterliebe、冒頭 ブレンデルのピアノが抑揚豊かにこれでもかと繊細なメランコリーを湛えるのは、この静寂な背景あってこそ。







というわけでこれ自腹で買います。 仕事なのか趣味なのか。 因果な商売だ・・。




 

【Entreq】 ヴァーチャルアース 《Tellus / Silver Tellus》大特価販売中!!


 

スウェーデン Entreq社の小型ヴァーチャルアース Minimus / Silver Minimus が大人気です。


実際にお使いになった方々から、「ノイズフロアが下がった」「雑味が消えた」等 高い評価をいただいているヴァーチャルアース。



小型の Minimus ばかりが最近脚光を浴びていますが、内蔵する「ミネラルミックス」の量が数倍もある大型のTellusを導入すれば、更なるS/Nの向上が得られますよ。


そしてなんと現在当店では、そのTellus / Silver Tellus の「大」特価品を発売中! またとないチャンスです。



 


Tellus → http://www.audiounion.jp/ct/detail/used/130062/

Silver Tellus → http://www.audiounion.jp/ct/detail/used/130066/




早い者勝ちです!!





オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 9 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード