ドクトル・ファイキャルト: Magic-Mat




多少涼しくなったので 独 DR.FEICKERT ANALOGUE のターンテーブルマット、Magic-Mat(マジックマット)を試そうじゃありませんか。





ぱっと見 何の変哲もないターンテーブルマットですが、






近づいてよくみるとヌメヌメとした感じ。触っても手は汚れませんがやはりヌメヌメ。



薄くて強いグラスファイバー・シートの両面を抗菌性の特殊シリコンでコーティングしているんだとか。


何はともあれ音を聴きましょう音を。能書きが長いのはあたしゃ好きじゃない。






試聴盤はこちら。





まずアクリル製プラッターに直に盤を置いて聴き、





次に マジックマットを敷いて改めて聴いてみます。





カートリッジは私が自宅で愛用しているのと同じ GRADO:The Reference 2 。





ヴォーカルがポッと宙に浮かびます。各楽器の音も同様、かつ音像が引き締まり、揺らがない。そして各楽音が立体的になる。


ノイズフロアも下がる。気になる音色バランス(明暗、色彩)も変わらない。・・言うことなしの音質改善効果。


他のマットだとどうでしょうか?





英国 ROKSAN:UPGRADE MAT





ご覧のとおりフェルト素材。





音像が分厚い。ヴォーカルがかなりオンマイクに。聴くソースによってこちらをお好みの方もいらっしゃるでしょう。


私は ガラード401 のプラッターの上に音溝が刻まれていないSP盤をマットとして載せて聴いていて音には非常に満足してはいるんですが、ちょっと盤が滑りやすいのが前から気になっていました。


その点 Magic-Mat だと滑る心配がないですよね。あの音像の揺らがなさ、ポッと空中に浮かぶ感じは Magic-Mat の表面の摩擦係数が高いことにもよるはず。


Magic-Mat のいいところはその音質改善効果だけでなくて、非常に薄いので他のマットと併用できるのと、


盤の汚れを特殊シリコンが吸いつけてくれるところ、そして静電気除去もしてくれるところ。


というわけで、重ね使い用に遅かれ早かれ買いたいリストに追加。店員S田でした。

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード