ISOTEK:NOVA デモ機が到着しました。





今度の日曜、audiounion DAY vol.8 でデモするクリーン電源機器の1つ、


英 ISOTEK:EVO3 NOVA が本日当店に到着しました。









時間を見つけて試聴します。


HL Compact 用に買った DH Labs:Q10 Progressive がだいぶ馴染んできて幸せな店員S田でした。



TRANSPARENT:POWER ISOLATOR 8




今日は中古で入荷した TRANSPARENT:POWER ISOLATOR 8 を試聴しましょうか。








今日も カクテルオーディオ:X45 と AUDIA:FL 3/S で試します。





まず両方の電源を壁コンセントからとって





いつもの竹富を聴きます。





では次に POWER ISOLATOR 8 から給電しましょう。












壁直に戻す気が全く起こりません笑。壁直のときは音場が完全に平面状だったことがわかります。つまり POWER ISOLATOR 8 を通すと3次元空間が立ち現れるわけです。


加えて音像のエネルギー感が増します。ノイズフロアが低くなるので背景と音像とのコントラストが際立つ。


さすが名門の製品ですね。


店員S田でした。



ISOTEK:EVO3 TITAN ONE 入荷しました。






英国の名門、ISOTEK から



TITAN の弟分が新発売。その名も EVO3 TITAN ONE








ご覧のとおり横幅がとても狭いですのでこのような設置も可能。








しかし性能は兄貴の TITAN と同じ。



スリムにするために IEC コンセントを1系統に減らしただけです。



モノラルパワーアンプ1台につき1台ずつ、とか



ステレオパワーアンプを2台、BTL接続で使用する際にそれぞれ1台ずつとか、使い方いろいろ。



これだけスリムですから、設置スペースを確保するためにさほど悩まなくて済みますよね。



当店にて御試聴いただけます。



店員S田でした。




















クリーン電源試聴:ISOTEK アクエリアス






クリーン電源試聴。今回は、









大人気、英国 ISOTEK の  EVO 3 AQUARIUS 。








日本に導入されたのは最近ですが、



欧米では以前から名声を確立していた名門、ISOTEK。



その 名門アイソテックのパワー・コンディショナーのラインナップにおいて



ボトムエンドに位置するアクエリアスは、パッシブのフィルターでノイズを落とすこともあり



とっても軽いです。



前回とりあげたアキュフェーズのクリーン電源等は



パワーアンプと見紛うばかりの大きなトランスを積んでおりますので



当然重量もパワーアンプ並み。



ですから、大きくて重くて音がいいコンポーネントに慣れている人間が、



拍子抜けするほど軽い アクエリアス、そして兄貴分の シグマス を持ったら、



「こんなんで音は大丈夫かしらん?」



と思ってしまうかもしれません。







(専門誌等ではあまり写真に撮られないアクエリアスの底面です。

 軽いからひっくり返す気も起こるのです)




(脚は何の変哲もない樹脂製。
ごっつい脚を見慣れている我々にますます不安を覚えさせます。)



ただでさえフィルター系の電源アクセサリーは、



ノイズはたしかに減るのだけどおとなしくなりすぎてしまって、



躍動感が損なわれることが多かったですからね。




繋いで音を聴く前に負のバイアスがかかるのも無理はないかもしれません。












まず壁直で聴き、







次に アクエリアスから給電。







※ デモ機の都合により前回使用した電源ケーブル2本のうち、1本がAcoustic Revive:Power Sensual MD輸出用モデルから、NVS:Copper Inspire S PCに替わっています。が、クリーン電源の有り無し比較試聴においてクリーン電源自体の印象を変えることはない筈ですのでご了承ください。















・・・。



アキュフェーズでは S/N比の向上がとても強烈で、



金管楽器の質感に特徴的なものを感じたのでしたが、



ISOTEK では、弦楽器群の織り成す滑らかなハーモニーがホールの高い天井に向かって



昇っていく様が実に見事に描かれることに、まず気がつきます。







といっても金管楽器のボディ感は強いので音場表現に偏してはおらず、



どころかむしろ、リスナーの方にグイグイ迫りもします。







以前、東京オペラシティのコンサートホール、タケミツメモリアル の1階席の



前からたしか3,4列目あたり、そして一番右端の席で



ブラームスの交響曲を聴いたときのことを「逆に」思い出します。








前方かつ右端の席なのでコントラバス隊との直線距離がそもそも近かったことに加えて、



頭の上に2階席が張り出していたからでしょう。その席の低い天井と床の間で



コントラバスの帯域が不自然な形に歪んで増幅されてしまい(定在波?)



音像が、下手なオーディオで聴くときと同様にやたら強く、弾力に富んでいたのです。



アクエリアスを通したときのコントラバスはそうはなりません。



オーディオではボディの強い低音は総じて歓迎される傾向がありますけど、



クラシックの演奏会場の、ちゃんとした席笑で聴くときに



コントラバスのボディなんてそんなにブリブリ筋肉質になんかなりませんよね。



ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスは下手なオーディオで聴くときと異なり



精妙なハーモニーを構成して、高く遠くに行くほどにブレンドされてたなびいていきます。



そして例えば朝顔がオーディエンスに向いているトランペットやトロンボーンはもちろん



ガツーンと向かって来る。



アクエリアスを通して聴いた音はクラシックの生演奏体験を想起させます。



ホールで楽器が鳴った後の空気が、電源ノイズを巧みに取り除くことにより



その震える様自体だけでなく、空気の疎密が伝わりゆく方向まで精緻に



描かれるようになる。



さすが名門。オーディオ電源専業ブランド。



ボトムエンド機ながら極めて高性能なアクエリアス、売れるわけです。



・・っていうかべた惚れじゃないか! 逆に何でまだ買ってないの!?



日本未導入の Mosaic Genesis 待ちな店員S田でした。



















クリーン電源試聴:KOJO Aray 6 Mk.II






クリーン電源試聴シリーズ 第3回は









KOJO TECHNOLOGY:Aray 6 Mk.II 。









交流電源を再生成するリジェネレーター方式の








クリーン電源です。
















出力容量が 580 VA ですので、前段機器用とお考え頂いた方がよいでしょう。








クリーン電源試聴:アキュフェーズ PS-1230






当店にはクリーン電源の展示機が常時数種類あるのです。



ですから、比較試聴もできるのです。



今日はアキュフェーズ:PS-1230 を聴いてみましょうか。









ご覧の通り、現在当店には PS-530 (PS-1230 の下)もございます。









PS-1230 に入っている電源の波形の歪みは









こんな感じで、




それが PS-1230 を出るときには








歪みがほぼゼロになっています。








今日の試聴盤はこちら。




ギュンター・ヴァント指揮 BPO ブルックナー 交響曲第4番第1楽章を聴きます。









最近のアキュフェーズのアンプは これでもかこれでもか!という感じで



モデルチェンジのたびに S/N 比を上げているのは周知の通りですが、



クリーン電源 PS-1230 を聴いてもやはりというべきか、



音場のノイズフロアがググッと下がり、



ひとつひとつの音像の周囲と、音像自体のノイズ感がすっきりと取り除かれることに



まず気がつきます。



そして、質感について言えば



金管楽器の、硬さを伴ったきらびやかな音色が若干強調される印象ですね。



もちろん



木管楽器から何から全ての楽器の音色が金管的になるなんてことはありませんが笑。



クリーン電源試聴、次回以降は



ISOTEK、PS AUDIO、KOJO TECHNOLOGY 等を予定しております。




ヘッドホンを再開しようかと考え中の店員S田でした。



































クリーン電源比較






クリーン電源の比較試聴始めました。



近日中にまた投稿いたします。



店員S田でした。

PS AUDIO:Direct Stream P12 Power Plant を試してみました。







これが当店の壁コンセントからとった電源の電圧の歪率で、









P12 を通すと歪率はほぼ0%になりました。









これが P12 による改善率。









上から2番目の THDとは、Total Harmonic Distortion(全高調波歪み率)の略。



入力の2.4%に対して出力が0.1%と大幅に改善していますね。



しかし我々オーディオファイルにとって数値はあくまで指標の1つに過ぎないのであって、



P12使用前、使用後の音の違いこそが大事なわけですが、















ところで、



いつもいつもオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館は



非トランスデューサータイプの古風なスピーカーで試聴しているけれど、



アクセサリーによる「微妙な」音の変化を果たして確実に



聴き分けられているのだろうか?



といった素朴な疑問を抱いてらっしゃる読者の方があるいは



いらっしゃるかも知れません笑。



たしかに(たしかにかい!)、たまに音の変化が微妙に過ぎて



B&W 800シリーズあたりが試聴用にあったら判りやすいのになあと思わなくもないのですが笑、



例えば今回のこの P12 のような製品などは、



当店のいつもの古風なスピーカーでも、笑ってしまうほどその効果が判ります。



P12、効きます。 凄く。 いい悪いというレベルではなく、



強烈な S/N改善効果です。 びっくりします。



まず最初に、壁コンセントから






















Esoteric:K-07、Audia:FL 3/Sの電源をとって聴いてみます。









壁直の波形。あからさまにいびつです。














・・これだけ聴く分には、波形ほどの歪みは感じないのです。



この盤だとあとで P12 を通してもそんなに変化がわからないかも知れないな・・



店員的にそんな不安が頭をよぎります。なので、ここは念のため優秀録音盤の








この盤も聴いておきましょう。



・・いや現状でも十分、優秀録音を優秀録音として聴けてる気が。ヤバイな。大丈夫だろうか。



次。同じ壁コンセントから P12 の電源をとり







(ジョデリカのコンセント+アコリバ 切売 Power Sensual PC Triple C 18000)



(紫色の被覆のケーブルです)








K-07、FL 3/S の電源を P12 からとります。








これが P12 を通した後の波形。きれいです。








まずこの盤を聴いてみます。









・・全然違います。優秀録音盤を持ち出す必要は全く無かった。完全に杞憂でした。



P12 を通した音は、ちょっと聴いたことがないレベルの 超絶!高 S/N比。



雑味が消えたどころの話ではなく笑、



壁直で聴いたときの音は何だったんだ?というほどの情報量の差。



ノイズでざわつき、団子になっていた音像が全て原音の通りに分離。



音場空間のノイズフロアが極限まで下がります。



これこそまさにクリーン電源。一聴の価値ありすぎです。



当店にて御試聴いただけます。



店員 S田でした。











PS AUDIO:Direct Stream P12 Power Plant デモ機入荷しました

 




アメリカ:PS AUDIO の新製品









DirectStream P12 Power Plant
















当店にて展示を始めました。































画期的な技術 が導入されたこの新しいクリーン電源、




試聴して近日中に改めて詳しく御報告いたします。




勿論当店にて御試聴いただけますので、




不安定な天気が続いておりますが(^^;)




御来店お待ちしております。




店員S田でした。





KOJO TECHNOLOGY:DA-6 誕生






クリーン電源、最近はずいぶんと選択肢が増えました。








今日は我が国が誇る電源専業メーカー、KOJO TECHNOLOGY の新製品、



DA-6 を試聴しました。








デザイン、かなりかっこいいですね。













サイドパネルに本革。かっこいい。。



























音は正直、まだおろしたてで本領発揮と言えない印象ではありますが、




壁コンセントから直接電源をとったときと、




DA-6から給電したときとの違いは明らかでした。




ノイズフロアが圧倒的に下がります。












オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード