FOCAL:UTOPIA を何で鳴らすか?




仏 FOCAL:UTOPIA





解像度、音場、質感、全てが究極。





ヘッドホンマニア ならいつかは UTOPIA と私は強く言いたい。


これだけの超高性能ヘッドホンを駆動するヘッドホンアンプは何がいいか? UTOPIA を買う前から人知れず悩んでいる私は仕事と称して


今日も今日とて色々な組み合わせで聴くのです。







現実的な価格帯のなかで考えればやはり LUXMAN:P-750u は筆頭候補の1つでしょう。


このようにアンバランスで駆動する場合でも、フルバランス構成を転用してパラレル・アンバランスで増幅。アンバランスの方がエネルギッシュで音像のボディが強い印象です。


しかし UTOPIA の極めて高いハイファイ性能に、ソースや体調によっては 真空管増幅の生理的な心地良さを加えたいときがあるのも事実。そうすると例えば





Cayn:HA-1A Mk.II 。これあたりは( LUXMAN と比較するとブランド的には正直見劣りしますが笑 )濃くて厚くて歪み成分も偶数次ゆえ逆に心地よくて、その割にお手頃価格でアリではある。


もし私が HA-1A Mk.II を買ったら真空管をヴィンテージに換えますね。そして必殺の反則系電源ケーブルを繋ぎます。


ちなみに今日 P-750uHA-1A Mk.II で









この3枚を比較試聴した印象では、上2枚のコンチェルトは HA-1A Mk.II だとぶ厚過ぎて足取りが重過ぎてで、足取りの軽重を正しく描き分けられる P-750u の方が断然良かった。


しかしリヒター指揮のカンタータは皆様お察しの通りぶ厚さが逆に活きて HA-1A Mk.II の方がリヒター!って感じ。


まあ単体のヘッドホンアンプでなくても例えば Marantz:SA-10、SA-12 とか Accuphase のプリやプリメインのヘッドホン出力も極めて出来がいいですから、UTOPIA をそれらで駆動するのも大アリですね。私も以前は C-2820 のヘッドホン出力で HD-800 や Dharma D1000 を駆動して楽しんでいたものです。


また海外にオリジナル盤を30枚近く注文した店員S田でした。











管球式ヘッドホンアンプ:Cayin HA-1A MK.2







オーディオファイルがヘッドホンリスニングに求めるものって何でしょうか?




スピーカーをメインシステムの中心に据えるいわゆるピュアオーディオシステムをお使いの方が




ヘッドホンで音楽を聴くのは、




深夜に大音量を出せないので仕方なくという消極的な理由から、という場合もあるでしょうし、




逆に、ヘッドホンにはメインシステムとは違う個性を敢えて求めるという積極的な理由から、という場合もあるでしょう。




現代ハイエンドのハイファイスピーカーを愛用なさっている方が、




ヘッドホンには、ローファイとまではいかなくても、スピーカーとは全く違う濃厚な個性を求めるのも



面白いかと思います。









例えばこの盤。



スピーカーで聴いても、口がマイクにとても!近いジョアン・ジルベルトのささやきの生々しさったらないですが、



ヘッドホンだとまさに文字通り耳元でささやくわけです笑。



どうせなら鬱陶しいくらいこのささやきを濃厚にウェットにしてみたい。



















濃くしたいなら真空管です。って安直?









そして濃い音がするヘッドホンといえば、audioquest の Nighthawk Carbon でしょう。



まず、比較の対象として、LUXMAN の名機 P750u でまず聴いてみます。


















圧倒的な高S/Nと高解像度。広い音場。ニュートラルなバランス。



勿論残留ノイズはほとんどありません。



では次。今日の主役 Cayin:HA-1A MK.2


















とっても濃くて



熱いです。



蒸すほどに熱くてウェットなヴォーカルが耳元でささやきます。



これは好みが分かれるでしょうね。。



残留ノイズはさすがに P750u より多いですが、



スピーカーでもなかなかお目にかかれない種類の個性ですね。



耳に近い分、個性がもろに出ます笑。



HA-1A MK.2。当店でご試聴いただけます。



ご来店お待ちしております。



店員S田でした。








STAX:SRM-T8000!!







スタックスから待望の最高峰ドライバーユニット、




SRM-T8000 が今月中旬に発売されます。











初期ロットは既に予約でいっぱい。




しかし当店にほんの僅かではありますがまだ御注文いただける在庫がございます。




(早い者勝ちです!)











今日はデモ機を試聴しました。このデモ機も6/12までしかお借りできないのです。





やっぱり引く手あまたなのですね(^^;)。











今日の試聴盤。











STAXの同じくトップエンドのイヤースピーカー、SR-009で試聴しました。












当店のヘッドホン試聴コーナーです。










えもいわれぬ艶が




ありますねえ。。




耳障りな音がまったくしないのに




驚異的な解像度です。




そしてこれぞヘッドホンではなく「イヤースピーカー」!と言わざるを得ない空間情報の多さ。











初段が真空管で、出力段がAクラス動作の半導体のハイブリッド構成。




そしてフルバランス伝送。



STAXドライバーユニット史上初の大型トロイダルトランスを搭載し、




シャシーは非磁性のアルミ製。




その他STAXのノウハウがフル投入された SRM-T8000。




まあ、究極ですよね。。




私は最近ヴィンテージの真空管を見つけては買いを続けているので経済的にちと難しいですが、




資金が用意できたら間違いなく買います。









6/12月曜日までこのデモ機を御試聴いただけます。




御来店お待ちしております。




店員S田でした。










【ENIGMAcoustics】 ヘッドフォンアンプ《ATHENA A1》

皆様、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?

今日は米ENIGMAcosutics(エニグマ・アコースティクス)のヘッドフォンアンプ Athena A1(アテナ A1)をご紹介させていただきます。

Athena A1 は先日ご紹介した同社のハイブリッドヘッドホン Dharma D1000 ともども店頭にてご試聴が可能です。



 

店頭販売価格:オープン価格店頭までお問い合わせくださいませ!!
http://www.audiounion.jp/ct/detail/new/122160/


Athena A1・・・まずその美しいルックスに心惹かれます(オーディオ製品はやはり美しくなくては!)。

ヘアライン仕上げのアルミ製フロントパネル上部に、非常に大きなボリュウムノブ。リアパネルも手抜きなくフロントパネル同様のアルミ製


 





そして肉厚のガラスで構成される側板・天板からは、名門独ムンドルフの最高級 M cap シルバーゴールド・オイルコンデンサーや、これまた名門であるアルプス製ロータリー・ボリュウム等が透けて見えます。





ヘッドフォンは深夜のリスニングにお使いになる方も多いでしょうが、静かな夜に部屋の照明を落としてほのかに灯る真空管を眺めながら音量を気にせずお気に入りの音楽に聴き入るのは、、この上ない贅沢と言えるでしょうね。

とはいえ深夜のヘッドフォンリスニングで残留ノイズが気になるようでは興醒めですよね笑。
しかしAthenaはハイファイ性能も一流! 無音時にボリュウムを目一杯あげてもわかりますが、Athena A1からは残留ノイズがほとんど聴こえません

非常に高度なハイファイ性能と、真空管ならではの美しい音色。そして趣味性の高いルックス。。Athena A1はヘッドフォンアンプ史に残る文句なしの名機と言えるでしょう。






是非一度御試聴くださいませ。

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 9 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード