在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2
5 6 8 9 10
13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

組み合わせの相性

オーディオユニオンお茶の水アクサリー館アナログ担当の 久埜 でございます。


ただいま4Fアクセサリー館にて、なんと FirstWatt SIT-1 の中古が入荷しております!!


 

店頭販売価格:¥998,000円(税込み)
http://www.audiounion.jp/ct/detail/used/128298/


組み合わせのプリを当初PHASEMATIONCA-3にしていましたが、SITの真空管アンプのような甘さが、高性能半導体アンプの純粋で薄まってしまったような音になってしまいました。

そこで相性を考え、1974年型のラックスマンの管球式コントロールアンプCL-35Ⅱに入れ替えてみたところ、やっと甘さが出ました。

スピーカーがPENAUDIOCHARIASMAなので音がストレートにきっちりでるため、FirstWattSIT-1を基点として生かすためにはこのような組み合わせがよろしいのかもしれません。



このように、コンポーネントやアクセサリー含め“音”の組み合わせは、まずご自分がどのような音を好むのかを見極め、それに対しそぐわう個性を各コンポーネントの役割に合わせ、纏め上げるのがよろしいかと思います。

オーディオはつねにトライ&エラーでございますので、長く探求できて一生モノですね。



次回はCL-35Ⅱの内蔵フォノイコライザーとPHASEMATIONのEA-500で比べてみたいと思います。