在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
15 16 17 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

【 FS-267 】 クールな音楽性 《 ELAC 》









暑いですね(^^;)。





こういう日には熱い音を聴きたくない。こういう日は冷たいものでも飲みながら、現代型のハイファイなスピーカーで音楽を聴いていたい。って私だけでしょうか。


















独 ELAC のトールボーイ FS-267を今店内で鳴らしていますが、実にひんやりクール。鳴らしているアンプがマランツの現行プリメインというのもあるのでしょうが、







曇りない音場。にじまない音像。






高域から低域まで一貫してハイスピード。
















ブラームスだと、ベーム盤でなくラトル盤を聴きたい。






って気分になるといえばなんとなくわかっていただけるでしょうか。















昔インターナショナルオーディオショウで、当時私が容姿と音に惚れ込んでいた Sonus FaberのCremonaを聴いたあと、




























独 audio physic 、そして ELACと、ドイツのスピーカーを聴いて、







惚れ込んでいたソナスとはまるで違う音なのに、







この明瞭極まりない、そしてひんやりした温度感の音も自分は実は大好きなんだと驚いたことを思い出します。

















ドイツ製です。







オーディオ業界で「音楽性」というと、音場も音像もぼやけた感じ、






ワイドレンジよりもナローレンジ、を暗に意味しがちですけれど、






それも随分と安直な話だと思うわけです。






たしかに、無闇にハイファイを強調するために高域にハーシュネスを感じさせる類のチープなオーディオ製品もいまだに多かったりしますが、





ワイドレンジでクリア、高解像度な音でないと本来の音楽性を全く味わえないソースは沢山ありますよね。





クラシックで言えば例えばクセナキスやブーレーズ等20世紀の作曲家の作品。





























レーベルでいえばオクタヴィアレコードやマイスターミュージック等。



これらを敢えてローファイに再生する意義を私は見出せません。



音楽性にも色々ありますよね。って当たり前か笑。





店員S田でした。






ポケモンGOもピュアオーディオには関係ないでしょうね。