在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
3 5
6 7 8 10 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

スティルポイント:ウルトラ SS










先日とても印象が良かった アメリカの名門スティルポイントのボトムエンド




ウルトラ MINI




今日はその上位機種である、ウルトラ SS を試聴しました。










今日の試聴システムは、

ESOTERIC :K-07

AUDIA:FL3/S

Vienna Acoustics:Beethoven Baby Grand Symphony Edition










そしていつもの試聴盤。









最初にクアドラスパイアのラックに直に K-07を設置して聴いたあと、



ウルトラ MINI を挟んでみます。










前回もお書きしましたが、エソテリックのフットは非常に高性能です。




しかし、ウルトラ MINI 3個で底板をダイレクトに支えると、




さっきは聴こえなかった音が聴こえてきます。




そしてさすがなのは、




特定帯域を強調して解像度感を出しているのではない点。










次。上位機種 ウルトラ SS。










まずベースを装着しない状態で聴いてみます。










ウルトラ Mini が早速色褪せました (^^;)。










中低域の彫りの深さがグンと増しますね。




びっくりしたのは、ホールトーンが明らかに精細になったこと。




K-07は Esoteric の SACDプレーヤーの中で一番安い方ですけど、




インシュレーター次第で相当すごい音を出せるだけのポテンシャルがあるのですね。




K-07が発生させた振動が、ウルトラ Mini を介したときよりも少なく下の棚板に伝わり、




なおかつ、下の棚板で処理しきれなかった振動が K-07に戻る際にも、




ウルトラ Mini より高い振動吸収能力を持つ ウルトラ SSを再度介することにより、




結果として、K-07に戻る振動の量が激減したわけです。



そしてこの振動の往復は、



K-07が再生を続ける限り重畳しながら続いていくわけですから、



インシュレーターの性能は音楽再生に非常に大きな影響を及ぼし続けるのです。




次。ベース装着。
















設置の安定度が増すのはもちろん、振動吸収能力をもつ金属の板が加わるわけですから、




多少なりとも効果はあるでしょう。










見た目もいい感じ。
















やはり、重心が低くなりましたね。




けど、ベース1個が税別定価 15,000円。。




音も設置の安定度も明らかにベース付の方がベース無しを上回りますが、




1個で税別定価 40,000円の ウルトラ SS 本体を3個でも、




かなり幸せになれますね。










ベースはお金ができてから買い足せばいいか。




って試聴するたび買っていたらきりがないですよね。




宝くじ売り場が御茶ノ水駅前にもあったなあ。スピードくじならジャンボよりは当たるだろうか?




店員 S田でした。