在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

ヘッドホン音質改善にアモルメットコア






大人気アクセサリー、中村製作所の アモルメットコア




今日はヘッドホンケーブルで試してみました。









仏 FOCAL の CLEAR で比較試聴。




 LUXMAN:P-750u で試聴したかったのですが、お客様ご試聴中でしたので今回は









OPPO のヘッドホン出力を使います笑。









試聴盤はこちら。優秀録音です。



まず アモルメットなしで聴いてみます。












CLEAR、やっぱりいいヘッドホンですね。音色と質感が実にナチュラルで、



解像度は極めて高い。



これに磁石なんか装着したらバランス狂って、耳障りな音になっちゃうんじゃないか?



なっちゃったらこの企画、無かったことにしよう。









次。アモルメットを装着。通しただけです。









!! 



S / N が俄然良くなりました。楽器の周囲の空間も出てきた。



・・・いいじゃん笑。



ハイエンド化著しいヘッドホンではありますが、スピーカーにどうしても追いつけない部分がやはりあります。



空間表現です。これはどんなに頑張っても限界があります。




解像度に関しては逆にヘッドホンの方がスピーカーより圧倒的に安い金額で高い解像度を実現できるんですが。



しかし個人的な経験から言っても、



プレーヤー、ヘッドホンアンプの電源やケーブルや足回り等に手を加えれば、



空間表現もかなり変わります。



ヘッドホンの音質改善手段はリケーブルだけではないですね。




ちなみに、アモルメットは内径のヴァリエーションが豊富なので、



例えば NS385 なら、バランス端子にも装着が可能です。



















ご覧のとおり外見上の違和感がなかなかのものですが笑。




店員 S田でした。