在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 10 11 13
14 15 16
22 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

超高性能 チューナー:アキュフェーズ T-1200 を聴きました






改めて探してみると、




据え置きの、ピュアオーディオで使える AM / FMチューナーって




新品ではほとんど出ていないんですね。




昔は各社から発売されていたものですが、




今はインターネットラジオが聴けるネットワークプレーヤーの類がほとんどで、




FM の音質を愚直に追究したチューナーは希少になってしまいました。



そんな現状にあって、さすが Accuphase。




T-100という創業モデルから現在に至るまで、世界でも稀なレベルの



ハイエンドなチューナーを造り続けています。








5月発売となる同社のチューナー、



T-1200 を今回聴くことができました。




あくまで簡易的なセッティングでしたのでそのポテンシャルを感じる程度の試聴でしたが、




この内容は凄いです。










バランス出力、










そしてなんとデジタル同軸出力があるチューナーです笑。









アキュフェーズの方いわく、









外部DACで音の違いを楽しんでいただけるだけでなく、










例えば DAT や MD 等をまだお持ちの方にエアチェック用にお使いいただけるはずですからと。




エアチェック。懐かしい響きです。




私も 家の屋根に FMアンテナを立てて、YAMAHA の単体チューナーを買い、




NHK-FM の、N響定期演奏会のライブ放送等を




A&D のカセットデッキ GX-Z9100EX で、メタルテープに録音していたクチです。




今は radiko で電波状況を気にせず日本中のラジオを聴くことができますが、



radikoは圧縮ですので、FM放送の音質を追究するのであればやはり今も



専用のチューナーの方が優れています。



昔、長岡鉄男さんが FM fan誌で



FMのライブ放送の音質を絶賛なさっていました。



パッケージメディアとは違う鮮度を楽しむというオーディオファイル的な理由で



今敢えて、FM専用アンテナを立てて Accuphase:T-1200 をソース機器に加えるというのも



一興かと。ちと高いですが笑。





T-1200 にはリモコンも当然のように付属。



昔 NHK FM の番組「世界の民族音楽」を愛聴していた店員S田でした。