在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5
8 9 10 12 13
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

インシュレーター比較試聴 2






前回に引き続き、シューマン「献呈」を聴くための?インシュレーターを探ります。




ちなみに、試聴に用いた演奏は





ソプラノ:クリスティアーネ・カルク、ピアノ:マルコム・マルティノー




によるロンドン・ウィグモアホールでのライブ録音でした。




この曲を含むアルバムは非売品のアキュフェーズと違い普通に発売されているようです(2018年4月8日現在)。




前回とても良かった Harmonix:TU-666M “Beau Tone” Million Maestro で味をしめてしまったのは、



ソプラノの豊かな肉声感。



不要振動をただ吸収して、ソプラノのハーシュネスを取り除くだけでは音楽として十分ではない印象でした。もっと豊かに艶やかに響かせたくなる。




勿論全てをインシュレーターで解決するつもりはありませんが笑、ファインチューニングの手段は多いほうがいいですよね。




今日はまず、かなりお安いものから。



















ZIGSOW:DC-mini。




ラボラトリーグレードの超低質量・高硬度ナイロン樹脂から切り出したもの。




当店に中古品が今たくさんあります。4個セットの新品定価 6,480円(税込)のものが中古販売価格 3,000円(税込)。




激安です。










ソプラノのキツさは多少丸まりました。無しの状態よりは音離れもいい。




が、価格的な限界でしょう。比較の対象が気の毒過ぎますが、Million Maestroと比べるとピアノの重層的な響きがかなり簡略化されました。残響成分も減りましたね。




ただ、石油化学製品系特有の有機的な質感は好印象です。




次。


































MISTRAL:TUNDRA-IS




1個で税別定価 28,000円もします笑。




素材はカーボングラファイト。かなり造りこまれた製品です。









・・・これはいい。中低域にも不要振動に由来するハーシュネスがあったのですね。



ピアノが断然豊かに彫り深く響くようになりました。




よく言われることですが、




単一素材でできたインシュレーター、素材の振動吸収性能だけに頼ったインシュレーターですと、



ともすればその素材固有の共振がのりがち。




しかし TUNDRA-IS にそんなところは皆無ですね。



外見から想像してしまう高域のきつさは全くない。逆に柔らかくほぐします。



中低域の重層的な響きがすばらしいです。



続く。



店員S田でした。