在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 6
10 11 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

2018 インター その6 ~ フューレンコーディネート ~




2018 東京インターナショナルオーディオショウ その6。


フューレンコーディネート。


個人的に不意を突かれました。・・ピエガってこんなに良かったっけ!?





私がフューレンコーディネート・ブースに入ったとき、


新製品  Master Line Source 3 を





独 OCTAVE の トップエンドで駆動していました。


私事で恐縮ですが以前、ピエガの Coax 70.2 の導入を真剣に検討したことがあります。


木製エンクロージャーとソフトドーム・ツィーター、という組み合わせが好きな私が


アルミ押し出し材エンクロージャー、リボン・ツィーターの Coax 70.2 に惹かれたのは


ひとえにその音色が美しかったからなのですが、




現行 Coax シリーズのトップエンド、Coax 711。





Master Line Source 3 は、OCTAVE との相性の良さもあるのでしょうが、


えっ! と驚くほどの美しい音色。 Coax 70.2より更に美しくなってる。


単なるハイファイにありがちな、ノイズが聴こえないだけで平面的で彫りが浅い「美音」ではなく、


音像のひとつひとつにアナログ的な筆圧が感じられ、彫りが深く立体感もあり、


自然音にしか無い倍音ってものをじっくりと味わいたまえ!と言わんばかりの


重層的かつ微細な音色表現。。


これらを私が愛用してきた木製エンクロージャーを巧みに鳴らすスピーカーのそれとは違うアプローチで見事に実現していることに驚きました。


エンクロージャーは基本的に鳴かないスピーカーですからね。


金属エンクロージャーのスピーカーは今は珍しくありませんが、


音色で惹かれるものって私は他にあまり知りません。






我ながらわかりやすいことに





気になると写真を沢山撮ってしまう。





ヘアライン仕上げのアルミもいいですねー。音が気に入ると全てが好きになる。





個人的にピエガ熱が再燃しました。iPhone に Coax 711 の画像を沢山保存中。


6畳のリスニングルームには Master Line Sourceは 無理過ぎるので Coax 711が限界。
711でもデカいですけどね。