【PB-HR1000】 + 【CP-HR10 x 4】 +【PC-Triple C】 = 【PB-HR2000】





PB-HR2000 を引っくり返すと、


このように一番外側の赤いフレームの内側にフレームとほぼ同じ厚さの板、


黒い板2枚の間に灰色の素材がサンドされている板、 が接しているのがお判りいただけるかと思います。


これは、





こんな感じに





PB-HR2000 の四方を覆っています。





PB-HR2000 の外観で特徴的な赤いフレームは、これらの板をボックスの筐体に


ネジ留めするためにあるのですね。おそらく接着剤は使っていないはず。


そしてこれらの板は、







クリプトンの傑作コンセントプレート、CP-HR10 の板と同じ構成。


つまりカーボン2枚でネオフェードをサンドしている板なのです。


私も自宅で CP-HR10 を何枚も愛用しておりますから、CP-HR10 の極めて高い S/N 比と


特定の素材の色づけがないことをよく知っています。


PB-HR1000 は筐体上面パネルにのみこの板を採用していたのですが、


PB-HR2000 は贅沢にも上面に加え4つの側面にも装着。








私もこう見えて電源ボックスを自作したりしますが、その際


1センチ厚のアルミ板を組むボルトの素材を色々比較検討したことは以前にもお書きした通りです。


そしてそのとき私は、ボルトの素材を換えるだけでスピーカーから出てくる音がいかようにも変わることを知りました。


例えば






このCD。ラジカセ等で聴く方が音楽として楽しめる音づくりをしているであろうこのCD、


電源ボックスの筐体の性能を図るには実はもってこいです笑。


ピュアオーディオシステムでこのCDを聴く際、


不要振動減衰性能が低かったり、素材固有の共振がのったりする筐体の電源ボックスだと耳に痛くて仕方がない





最初のこの曲。電子音でガチャガチャキンキン。


破裂音も定期的に入るのですが、





PB-HR1000 をもってしても非常に痛い。


ですが、






PB-HR2000 に繋ぎ換えると、グシャーン!と意味もなく痛かっただけで芸のない破裂音の、音像とさえ言えなかった単なるノイズの拡がりが、キュッと引き締まり音場にきちんと前後左右の位置を得ました。


加えて各種電子音の無闇に痛かったサ行成分が痛くなくなりました。


これは別にこのCDに限ったことではなく笑、宇多田ヒカルでも何でも、電子楽器を多用したポップスではこうなります。


ひょっとすると意外に思われるかもしれませんが、電子楽器音もきちんと再生すれば、電子音の種類毎に位置を分けて録音されていることがよーくわかります。


そしてただひたすら耳に痛かった電子音のサ行成分も、正しく対策を施せば録音が原因ではなかったことがわかるのです。



電源ボックスは言わば電源の巣ですから、電気が流れるのに伴ってその内部は振動だらけになります。


当然、電源ボックスの筐体の振動対策いかんによっては、いやーな振動がボックス内部で錯綜・増幅され、それが電流にのってしまうわけなのですね。


自作電源ボックスを組むボルトの素材によって、すなわちステンレス、アルミ、POM材、純チタン等各種素材のボルトによって面白いように音が変わるのには理由があるわけです。



クラシックの録音でも結果は同じです。パフュームはさすがに極端な例で笑、あくまで PB-HR2000 の極めて高い絶対性能を実感するために試聴しただけですが、


アコースティック系でも PB-HR2000 の圧倒的な性能は実感いただけます。


しばらくは当店にて PB-HR1000 と PB-HR2000 の比較試聴が可能です。


ご来店お待ちしております(^^)。


店員S田でした。






オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1
7 10 12
14 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード