在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 9
12 13 16 17
20 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

HFC:MC-0.5 の上級機 MC-0.5 HELIX + 登場





磁石同士なのでこうやってすぐくっつくんですよね。


米 High Fidelity Cables の MC-0.5 は当店で今も人気ですが、その上級機である MC-0.5 HELIX+ が近日国内発売開始ということですので、




左が MC-0.5 HELIX+ 。サイズは 右の MC-0.5 と変わりません。




左が MC-0.5 。右が MC-0.5 HELIX+ 。






今日の試聴盤はこちら。竹富。MQA-CDです。







輸入元によると壁コンセントでも電源ボックスでもクリーン電源でも効果があるとのことでしたので、今日はプリメインアンプとCDプレーヤーに給電している ISOTEK に挿したり挿さなかったりで試してみます。


まず御覧の通り何も挿さない状態で。





では次に MC-0.5 を挿して聴きましょう。磁気伝導技術はその本領が発揮されるまで時間がかかりますが、さすがに 1,000時間も待っていられませんので今日は 挿してから 5分間 待って再生します。


~ 5分経過 ~





冒頭、手前に打ち寄せるさざ波の向こう、沖方向でゆらめく海面に聴き手の意識が向くようになるのは MC-0.5 の効果ですね。空間の広さ、音源の方向、そして各音源間の距離の再現能力がたかだか5分のブレークインでも向上するのです。


では次。MC-0.5 を引っこ抜いて同じコンセントに兄貴分の MC-0.5 HELIX+ を挿します。





~  5分経過 ~





・・・。






同じ5分なのに、HELIX+ は MC-0.5 のブレークインが相当進んだ後みたいな音がします(^^;)。


ブレークインが完了した MC-0.5 の音を知っている方なら御存じでしょうが、Magnetic Waveguide の効果は実は空間再現能力の向上だけではありません。


各楽音の質感がウェットになる。音像定位がビシッと定まるようになる一方で音像の輪郭線にまとわりついていた歪み感は消える。そして音像自体における空間成分というべき「音像の立体感」が 明らかに増す。


HELIX+ はこれらの効果をたった5分のブレークインでかなり実感できるのです。


。。。やばい比較しちゃったな。これ専用に電源ボックスをつくるとなるとまたおカネが。。


店員S田でした。