「原音再生」各論1 「 NVS とはなにか? 」草稿

(1)生演奏=原音
(2)マイク
(3)録音・制作
(4)記憶媒体
(5)オーディオ
(6)再生音
(7)鑑賞


総論を踏まえて各論でオーディオ製品について。

その① NVS とは何か?


狭義のオーディオは当然(5)でしたが、広義には(2)(3)(4)も含まれていました。


そして(2)~(5)は総論で論じた通り人間の認識における主観的な形式であり、(6)は(2)~(5)を通じた「現象」だったわけですが、

NVS SOUND のプロダクトはその点かなり異質です。というのも周知のとおり同社のネイサン氏がプロのトロンボーン奏者であり、同社製品の設計・開発そして制作にいたるまで(1)演奏家としての表現が積極的になされているからです。

すなわち、本来主観を経由した「現象」面でしか取り組まれなかったオーディオの営みに、客観的な(=その認識主体の主観が関わらない)物自体である生演奏者の主観が関わっている。

これは主観でありながら(1)に関わる者のそれであるがゆえに客観と言い得る。

勿論、我々オーディオファイルが聴く音源が全てネイサン氏の演奏というわけではありませんが笑、プロの演奏家が演奏家のレベルで音楽を聴くその聴き方が(2)~(5)を経由した(6)において直接立ち現れるわけです。それは(1)=本来鑑賞者が客観的には認識しえない演奏、を(6)において認識し得るものにしてしまうということ。


以前ベルリンフィルが来日した際、ゲネプロを見学できたことがあります。マーラーの交響曲第5番第3楽章の演奏を始めてから数秒後、オーケストラには演奏を続けさせながら指揮台からさっと降りたサイモン・ラトルが客席に降り、我々が座る1階席中央まで来てステージに振り返り響きをチェックしていたことを、NVS のケーブルを繋いで音楽を聴くときに私は思い出してしまいます。・・言わんとしていることはお判りいただけるかと思います。


ドイツのブルメスター、イギリスのミュージカル・フィデリティ







オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1
7 10 12
14 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード