FURUTECH:NCF Booster-Brace 試聴 。




NCF シリーズ で快進撃中の フルテックから新製品が誕生。


その名も NCF Booster-Brace 。


Brace (ブレイス)=締め具、支持具 といった意味。しかしこの製品はコンセントに電源ケーブルのコンセントプラグを確実に挿すためのアクセサリーなだけではない。


不要振動を減らし、静電気の除去もしてしまうアクセサリーです。





私はこの新製品については音展でお披露目された際の写真を見ただけでしたので、





↑ 実はこんなに凝りに凝った素材構成、構造だったと知ってビックリ。


フルテック、攻めてます。











赤いのは両面テープ。





この面をコンセント側と両面テープで固定させます。








今日は プレーヤー、プリメインアンプの電源で試します。まずこのように NCF ブースターブレイス 無しで。



ちなみに今回はイジワル?で、コンセント GTX-D NCF (R) 、コンセントプレート 105.1 NCF という NCF コンビに ブレイス 有・無 で試します。NCF を既に沢山使っているんだから このうえ ブレイスなんて要らない気もして。ブレイス も決して安くはないんでね笑。





さ、ではいよいよ NCF ブースターブレイスを装着。





気のせいかな。ついこないだもこんなよーなことやったような。





いや、多分きっとこれからもずっとこんなことを





・・続けるんだろうな。ってナニまたこのかっこいいこと!

これだからオーディオはヤメラレネエ。





ハァ・・(溜息)。





今日の試聴スピーカーは 伊 audel の Magika Mk.2 。なんですが、





ブレイス無しで聴いたときと笑っちゃうほど違う! さざ波が沖から手前まで断続的に、つまり途切れ途切れに展開していたのが、


ブレイス有りだと欠落無く繋がって前後に展開するようになるだけでなく 
唄、オカリナの音像がキュウっと絞まる。





安直ハイファイ系アクセサリーだとモワンとした美味しい質感を消してバカのひとつ覚えみたいにスッキリクッキリハッキリの1本調子にしてしまうこの録音も、ブレイス有りだとモワンとした質感がむしろより際立つ(ノイズとシグナルを正しく判別できるアクセサリーということです)。





そしてこの曲。冒頭右手のパーカッションからして全然違う。


奏者と楽器の周囲を覆っていた淀んだ空気が取り払われたかのよう。


ノイズフロアの低下・音像サイズの適正化・空間情報の精密化。


ブレイスの効果をまとめればこんな感じでアクセサリーの効果としてはよくある表現になってしまいますが、


音質の向上度からすると NCF Booster-Brace は 超絶ハイC/P アクセサリーだと断言してしまいましょう。


店員S田でした。







オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1
7 10 12
14 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード