D&M 新製品内覧会に行ってきました




一昨日、D&M新製品内覧会に行ってきましたので御報告。まず DENON から。


写真右の方が DENON の新しいサウンドマネージャー、山内 慎一さんです。





向かって左手が今までのトップエンド、DCD-SX1PMA-SX1


右手が新しいトップエンドの DCD-SX1 Limited と PMA-SX1 Limited





DCD-SX1 の天板


PMA-SX1 の天板


このように SX1コンビは天板が中央で分かれる2枚構成。その分ビスも多く、叩いても鳴きませんが



DCD-SX1 Limited の天板


右側手前が PMA-SX1 Limited の天板。


ちょっと分かりにくいですがその奥にある PMA-SX1 と違い1枚構成でビスは SX1 より少ないです。



叩いて鳴きの違いを確認しているところ。


SX1 Limited コンビは SX1 コンビ より明らかに天板が鳴ります。これはコストダウンのために剛性が落ちたのではなく、


チューニングの結果、天板をガチガチに固めない方が音が良かったからだそうです。盛大に天板がなるソウルノート製品に結果的に近づいた? デノンの上級機って高剛性で鳴かないことでは最右翼というイメージでしたからこの変化は興味深いですね。











細かい話が続きますが笑 お分かりになるでしょうか、Limited の方はビスに銅メッキが施してあります。メーカーHPに書いていないことは大体これくらい笑。


あ、あと





フット。右の黒い方が SX1 用(のサンプル?)、左の銀色の方が SX1 Limitedのもの(試作品かもしれません)。








どちらにも Limited Edition ロゴがついています。


で、SX1 コンビ・SX1 Limited コンビの比較試聴を何枚かのCDでしましたが、


SX1 Limited コンビは明らかに SX1 コンビより解像度がより高くなり空間は拡がりノイズフロアは下がりました。あと印象的だったのは低域です。SX1 Limited を聴くとどの CD でも SX1 より低域の実在感が増して音楽的な説得力も向上していました。


とはいえ SX1 Limited  コンビもやはり音像が力強い点で今までの DENON サウンドを確かに継承しています。


今回写真はないのですが、他にも PMA-390 シリーズの後継となる PMA-600NE、そして DCD-755 シリーズの後継となる DCD-600NE 、


そしてデザインシリーズの新製品 PMA-150H を試聴しました。


いずれも価格を遥かに超える音 でした。ちなみに私は寝室で DCD-755RE を使ってますが DCD-600NE との比較試聴は所有者的に悲しくなる結果となりました( 600NE の方が断然良かった笑)。まあサブシステムのサブシステム?なので慌てませんが笑。




マランツ試聴室。


同じく MARANTZ :PM-5005 を所有する者的にはで今回難を免れたましたがその後継機が出たら多分悲しくなるであろうことに、





まだ資料ができていなかったプリメインアンプの新しい2機種も、それぞれの先代より断然良くなってました。


SA12、PM12 が気になり始めている店員S田でした。









オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
4 6 7
10 11 14 15
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

バーコード