極私的 芸術性テスト用アルバム その1





(1)ヴィクトリア:レクイエム
 


当然アナログのオリジナル盤で聴くのが望ましいのですが、世界で初CD化されたこちらでも相当凄いアルバム。ふんわり柔らかに妖しく漂うコーラスは、より高い解像度を求めてハイファイの光を不用意に当ててしまうと台無しになります。



(2)ヴィルヘルム・バックハウス / 最後の演奏会


こちらも有名なアルバムですがその芸術性に相応しい再生は現代ハイファイ系システムだと難しいところがある印象。ワイドレンジな再生音だと相対的に中音域がスリムになってしまいますし、制動力が高すぎるパワーアンプだと低域が美味しくビヨンと膨らまない。


(3)ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 op.125『合唱つき』(録音:1998年10月)

メラニー・ディーナー(ソプラノ)、ペトラ・ラング(アルト)
エンドリク・ヴォットリヒ(テノール)、ディートリヒ・ヘンシェル(バリトン)
フィリップ・ヘレヴェッヘ(指揮)シャペル・ロワイヤル、コレギウム・ヴォカーレ

名演。上記した2枚とは異なり現代ハイファイな録音。古楽系によくある温度感が低め、薄い中音域な演奏と録音。それだけに管弦の各楽器の音色の描き分けと緩急強弱の抑揚に長けたシステムでないとモノトーンで1本調子になってしまう。しかし名演に変わりはないのでよっぽど変な音でない限り芸術的感動は得られます笑。



いつもながら私事で恐縮ですが、試聴会で再生されるアルバムを自宅でオーディオ的に上手く再生できるように調整すると肝心の愛聴盤の再生がかえってダメになることが日増しに多くなっておりまして、


少しずつそういうアルバムをご紹介?します。途中で止めるかも知れませんけど笑。


「誰の参考になるのか? 誰の参考にもならないのだ!」


一般論クソくらえ。特殊こそ普遍。店員S田でした。














オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 9 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード