DENON の新しいフラッグシップ




先日内覧会で試聴した DENON:PMA-SX1 LimitedDCD-SX1 Limited


DENON の新しいフラッグシップである両機をさきほど改めて お茶の水店で聴くことができました。









今回は B&W の 805 D3 Prestige Edition と組み合わせて聴きました。





先日はフロアスタンディングの B&W 802 D3 と組み合わせての試聴でしたが、今回はブックシェルフ。





ドヴォルザークの交響曲第9番を再生。・・音像だけでなく音場も揺らがないですねえ。実に堅固なステージの上に管弦がぱあっと伸びやかにしかし整然と展開します。


振動源であるトランス、ドライブにアルミ砂型鋳物で振動対策を施しているのが効いているのは明らか。なだけではないですね。


先日こちらでもお書きした通り両機はトップカバーを前作より敢えて鳴るように1枚板構成にしたり、トップカバーとフットに A7075アルミ合金を採用したりしていますが、それら聴感によるファインチューニングがてきめんに効いているのでしょう、


音楽の土台はずっしりと深く沈み込ませながら、音楽の躍動感を全く損なっていない。どころか今までになく躍動感に満ち溢れています。


ケーブルに例えると笑 NVSの Copper 1 が Copper 1 S にモデルチェンジしたときの印象に似ています。旧モデルの Copper 1 は私も RCAケーブルを2組買って自宅で愛用していましたが、パウダーの質量が下位モデルの3倍もあったので低域の沈み込みの深さと音像の実在感が半端なかったところ、


Copper 1 S にモデルチェンジしたら低域の沈み込みと音像の実在感はそのままに、ともすれば足取りが重く躍動感に欠けがちだった欠点が見事に解消していたのです。それは 旧来のパウダー層に、Inspire パウダーを重ねたからだったのですが、


PMA / DCD -SX1 → PMA / DCD -SX1 Limited への進化はまさにそんな感じ。凄いのは 進化しても SX1 コンビの長所である音像の実在感の高さ等が正しく継承されているところです。継承されていなかったら進化ではなく単なる変化ですからね笑。


DVD-2900、DCD-1650SR、DCD-755RE、DCD-1650SE、PMA-2000IV、DP-500M 等々、そういえばかなり沢山 笑 DENON 製品を購入し愛用してきたことを思い出した店員S田でした。・・中学時代に LC-OFC Class 1 のスピーカーケーブルも買ったっけ笑。





オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
4 6 7
10 11 14 15
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

バーコード