自宅で NVS:FD V を試してみる。




私のメインシステムのアナログの音が最近どうもおかしい。特にユボーやハスキルやバックハウス等の古い録音のピアノの音が。


つい先日までその麗しい音色にうっとりしていたのが今はうっとりできない。これはとってもマズイ。


というわけで、その原因を探るべくまずフォノイコとプリアンプ間を繋ぐラインケーブルを現用のものから NVS:FD V RCA に換えてみたのです。


って、つい先日まで今の某ラインケーブルを繋いでいい音してたのでラインケーブルが原因ではないことは勿論わかっているんですが笑、お察しの通り要はシステムをいじるキッカケができたんで色々試したいわけです。





QUAD 22 の入力端子は浅いうえに径が小さくしかも重量をかけられない貧弱な造りですから、現在流通している一般的な RCAケーブルだと実にあぶなっかしい。特に私が以前2組使っていた NVS:Copper 1 RCA あたりは極めて重いので絶対ムリ。


その点、FD V RCA は従来の NVS ケーブルのイメージを覆す軽さと細さ。端子をコレットチャックできつく締めた状態ならば(かなり危ういながら)写真の通りなんとか繋げられることがわかりました。





試聴のためとりあえず取り回した状態です。


(さすがに普段はケーブル同士が物理的に触れ合わないように極力距離をおいて立体交差させています。ついでに言えば当然輪っかにはしませんし、ケーブル同士を平行には走らせず直交させるよう工夫しています。)



※ カートリッジとシェルを御覧になってオーバーハング大丈夫かと思われるかもしれませんが笑、GRADO のこのタイプは針先がかなり奥まった位置にあるのでこんな感じになります。


で、何枚か聴いてみました。


・・FD V にしたら俄然空間の前後が出た上に、各楽器が整然と定位。手前に展開する Via Nova Quartet の向こうにユボーのピアノ。・・ピアノが遠い!


やっぱり FD V はヨルマ的だなあ。。Copper 3 S あたりはもっと音像が豊かに膨らむ反面定位は曖昧だし音場はスクリーン状で前後には展開しないんですよね。Copper 2 S / 1 S  / Inspire S は定位は決まるし音場も3次元に展開しますが、FD V は それらとも異なる。他のグレードがどちらかと言えばピラミッドバランスなのに対して、FD V はフラットバランスなんです。


そして FD V はパウダーの1つ1つが超軽量、超微小だからでしょうか、抑揚や音色の変化に実にきめ細かにかつ敏捷に対応するので、例えて言えばフル HD が 4K になったかのような(音楽的)情報量の増加を実感できます。


・・・FD V がいいのは改めてわかりました。そして先日からのオカシナ音についても FD V によって相当程度解決しただけでなく、オーディオ的かつ音楽的に先日までよりグレードアップできることもわかりました。が、


今回のオカシナ音の原因が別に判明しました。アンダンテラルゴの TMD による接点処理をしなおす時期が来ていたのです。試しに今まで繋いでいたラインケーブルの端子に TMD のポリマー液を塗って拭き取ったらかなり元の音に戻ったんですよね。・・てことは他の全ての接点もかあ。。


というわけで NVS のラインケーブル導入はお金を貯めてからにして、とりあえず TMD をまたこつこつやります。年に最低でも2回は TMD って感じのペースですかね。店員S田でした。



--------------------------------------------------------------
オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館
TEL:03-3295-3103

ケーブル、インシュレーター、電源ボックス等々 オーディオアクセサリーのことなら当店にお任せください!












オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 9 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード