MYSPHERE 3 ~ AKG:K1000 の直系 ~




いつもお世話になっている取引先の Yさんに装着していただいているのは、





AKG 出身の技術者が 名機 K 1000 の現代版?として開発した、MYSPHERE 3 です。





左右のユニットを外側に開くと





こうなり、







閉じると





こうなります。Y さん男前です。俳優みたい。


御想像いただける通り、外側に開くとオープン型でもまったく敵わない広大な音場がリスナーを取り囲みます。これは凄い。閉じると普通のヘッドホンの空間表現に近づきます。





これが専用のハードケース。





開けるとこんな感じ。








MYSPHERE 3には 3.13.2 があります。これは 3.1 のユニット。3.2 のユニット と形状は同じ。


ドライブ力 が小さめな ヘッドホンアンプ(ポータブル等)で駆動する場合は 3.1 を、


ドライブ力 が大きなヘッドホンアンプ(据置等)で駆動する場合は 3.2 を注文時に選択するようです。








ユニットを装着していない状態。





このようにユニットを取り付けてから、ヘッドパッドを取り付けると





こうなるわけです。





アキュフェーズのCD。非売品。





オーディオチェックにはもってこいのこのCDを MYSPHERE 3 で聴いてみました。





当店常設のヘッドホンアンプ、LUXMAN:P750u に 4PIN バランスで接続。


耳に触れないヘッドホン。スピーカーとはまた違う音場表現。


解像度等ハイファイ的なファクターについては国内予価 54万円(2019年11月5日時点)という極めて高い価格の製品なこともありさすがにとても優秀です。


価格帯的に他社のハイエンドヘッドホン、例えば 仏 FOCAL:Utopia あたりと比較検討することになるかとも思いますが、


音場表現が違い過ぎてある意味違うカテゴリーの製品という気もします笑。


とりあえず、深夜にスピーカーで大音量を出すのが難しい場合、MYSPHERE 3 なら「疑似的にスピーカーで」音量を気にせず音楽を楽しめる。かなりありがたいかもしれない。


加えて断言できるのは、耳に触れないので夏でもイヤーパッドが汗で湿らず快適、ということでしょうか笑。


汗かきな店員S田でした。










オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
4 6 7
10 11 14 15
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

バーコード