MUSIC TOOLS:SLN-204




オーディオラックで有名な イタリア・MUSIC TOOLS の インシュレーター SLN-204 が入りましたので聴いてみましょう。





ちょっとオシャレな箱。





イタリア製。












御覧の通り、スパイク受けとして使えます。そして付属の M8 ボルトを使えばコンポーネントの脚にもなります。





この部分はステンレス製。







この黒い部分はアルミ製。





これは底部。





真ん中が銅製。周囲の黒い部分がデュポン社の デルリン。デルリンは打ち鳴らすと金属的な音がします。比重はアルミよりだいぶ小さい。





引っくり返したところ。





左のステンレス部の中心がスパイク(円錐状)。この裏側に先ほどのスパイク受け部があります。


つまり ステンレス のスパイク受け部で受け止めた振動はその真下に位置するスパイクから  部に伝わり、最終的に デルリン で処理される。トドメ?は黒いアルミ 製のハウジング。


単一素材だとその固有の共振周波数がモロに音に反映してしまうので4種の素材の組み合わせで共振周波数をコントロールしています。


では聴いてみましょう。





今日は OPPO のユニヴァーサルプレーヤーの下で試します。


ソースはおなじみ クリス・ボッティ のボストンライヴ。





最初に SLN-204 無しで聴き、





次に SLN-204 を OPPO の下に。





・・・これは判り易い笑。冒頭の拍手が直接音成分、間接音成分共に明瞭に描かれるのでホールの容積の巨大さがいとも簡単に判る。だけでなく、


ベイス がですね、実に活き活きと歌うんです。粘りと俊敏とが高次元に両立するとでもいいますか、ブインブイーングイングイーンと気持ちよーく歌います。


一般に、不要振動を正しく処理すると解像度が高まり、空間が拡大し、音像定位が向上するものですが、


それだけでなく活き活きと伸びやかな表現をも実現させてしまう製品もたまにある。この SLN-204 はその良い例ですね。 多分異種素材それぞれの量と使用箇所、そして構造をかなり練り込んだんだと思います。


・・こうなると同価格帯のインシュレーターと比較してみたくなる。





定番の クライナ:D-Prop Extend / 3P も聴いてみましょう。





面白いですねー。表現が全然違います。


SLN-204 がベイスの気持ち良さを高めた点で音像型とすれば、 D-Prop Extend は音場型です。


拍手の直接音成分、間接音成分を共に明瞭に描く点では  SLN-204 と変わりありませんが


D-Prop Extend は トランペットのタンギングや ベイスのゴリっとした強さ、を SLN-204 ほど意識させない。ベイスの伸びやかさに特に意識が向かった SLN-204 とは違い、どの楽音も均等に意識させる。凹凸を多少均す感じ。その反面、音場が繊細にふんわりと展開する独特の面白さがある。・・これは完全に好みですね。


そういえば先日改めて聴いた Stillpoints の Ultra SS は完全に SLN-204 系で彫りが深くなる音像型でした。アンプやスピーカー、そしてケーブル同様 インシュレーターにも個性がありますから、インシュレーター選びも闇雲にやると大変です笑。店員S田でした。





オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード