アースケーブルの比較試聴にうってつけの日




ある意味最も優先順位が低そうなアースケーブルの比較試聴を師走にする。それが当店です。





最初に エントレック TELLUS 付属のアースケーブルで。








ノイズフロアは少し下がりましたが、左に位置するヴァイオリンがちょっとキツイですね。



では次。 12月末をもって新品での入手が不可能になる NVS の Copper Inspire GR を繋いでみます。























・・つくづくオーディオは面白い。音楽信号が流れないアースケーブルを換えるだけで音が変わることを当店の店内でなら大声でお話いただいても全く大丈夫、どころかむしろ完全にノーマルですが、街中ではお控えいただいた方が平穏無事な生活を続けるためにはやはり望ましいでしょう。


ノイズフロアが下がるというアースの効果に変わりはありません。TELLUS の付属品アースケーブルから NVS の Copper Inspire GR に換えてみると、


付属品だとキツかったヴァイオリンからキツさがとれただけでなく、


ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロそれぞれの音色が付属品より明らかに精密に描き分けられる。そしてしっとりウェットに官能的なテクスチャでもって音場に浮かび上がりました。


アースケーブルとして私も切売含め色々試したことがありますが、Acoustic Revive の SPC-PA を使えば音像の輪郭線が滲まずすっきりしましたし、ヨルマの No.2 にすれば 音像定位がビシッと定まりましたし、


今回のように Copper Inspire にすれば 上記したようになる。ならば。












おそらく世界最高のアースケーブルの1つでありましょう、


NVS のトップエンド、Silver Inspire GR と比較してみようじゃないですか。












・・ 以前愛用していた Silver 1 Ultimate XLR の音を思い出しました。銀導体のケーブルは高域にクセがあって苦手な方が多いですが、NVS の Silver の音には銀特有のクセが全くありません。音像が肉厚でむっちり。滑らかな極上のテクスチャ。そして半端ない実在感。なのでヴァイオリンがキツいなんてことは全くない。


銅より高い導電率を音楽的な情報量を増やすことだけに活かす。それが NVS の Silver です。当然それは この アースケーブルにも当てはまります。


アファナシエフのピアノでも比較してみましょう。






画面が乱れておりますが 鬼才アファナシエフによるクライスレリアーナ。Silver Inspire で聴いてしまうと Copper Inspire がパサパサに、そして軽く感じてしまう。アファナシエフのピアノが軽く感じるってどういうこと??・・・比較試聴はやっぱり怖い。店員S田でした。


























オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード