DH Labs:REVELATION PURE 自宅試聴




米 DH Labs の新製品、REVELATION PURE


PURE がつかない 従来モデルの REVELATION は、同価格帯では異例と言っていい 銀単線を導体として採用したハイCPで非常にハイファイなスピーカーケーブルでしたが、


この REVELATION PURE は、Q10 Progressive や Pro Studio Progressive 等と同様に、DH Labs 独自の振動対策・電磁波対策を施してあります。


Q10 Progressive は私も自宅のサブシステムで愛用しておりますが、その振動対策と電磁波対策がてきめんに効いていて、価格を遥かに超えた S/N比と解像度で音楽を愉しませてくれています。


で、今回は REVELATION PURE を サブシステム用 Q10 Progressive とではなく、メインシステムで結構長く使っている NVS:COPPER 2 SP と比較試聴してみました。






我が家の Vienna Acoustics:Haydn Grand Symphony Edition にはこのように空いているバナナ用の穴に MUTECH:MU-BNCAP が挿してありますし、スピーカーケーブル COPPER 2 にも 電磁波対策・振動対策として金属パウダーが充填してありますので、我ながら結構ハードルの高い?比較試聴です。





まずはサヴァール。SACDです。





・・COPPER 2 + MU-BNCAP コンビに匹敵するほどに REVELATION PURE のノイズフロアの低いことが、再生を始めて最初の1音が出るまでの、録音空間に満ちる緊張感で判ります。やるなあ。。





しかし悔しいことに REVELATION PURE の方がレンジが広い。。ここは銀単線の威力でしょう。






このアンプでスピーカーケーブルの比較試聴をする例はそんなに多くないでしょうが笑


このアンプでだとただハイファイなだけのチープなケーブルには容赦ない判断を下せるのですよね。






・・COPPER 2 の方が中低域が太くて濃いですね。 REVELATION PURE はフラットバランス。ここは COPPER 2 の方が私には好み。


しかし音色が妙に明るくならないし、銀単線にありがちな高域のキツさは皆無。PURE がつかない REVELATION はちょっとキツイところもあったんですが。


近日、同価格帯の他のスピーカーケーブルとも比較試聴しましょう。コスパの高さがかなりヤバそう。店員S田でした。












オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 6
10 11 12 13
19 21
23 24 27

ブログ内検索

バーコード