中村製作所:PLC-03W




中村製作所の電源ボックス、PLC-03W 。


内部に アモルメットコアを使用したチョークコイルと高性能なコンデンサを搭載して、コモンモードノイズ・ノーマルモードノイズを強力に除去するようです。





明工社製のホスピタルグレードコンセントを採用。





インレット周りにはカーボンプレートが。電磁波・振動対策でしょう。





バーチ合板で覆われたシャシー。





底部。フットの接地面にはフェルトが貼ってあります。


今日は LUXMAN:D-03X の電源で試してみましょう。





最初に壁コンセントから直接電源を取って聴きます。








次。 PLC-03W から給電。














いつものクリス・ボッティ3曲目。壁直のときより明らかにノイズフロアが下がりました。拍手のパサつきが後退。パーカッションの残響音がやたらと明瞭に。








MQA-CD の名倉誠人  " TEARS AND PRAYERS " 1曲目「グリーン・スリーヴス」。壁直のときは2台のマリンバ、そしてヴァイブラホーンとがかなり混濁していたことが判ります。それはそれで気持ち良かったんですが笑、 PLC-03W を通して聴く方が各楽音の分析と、全ての楽音の総合とが克明にかつ動的に描かれるので聴き手の感覚だけでなくアタマも刺激してくれる印象。



アモルメット系はやっぱりよく効きますねー。


ところで、ノイズフィルター搭載の電源ボックスや各種のクリーン電源を導入すれば「サーッ」というノイズも取れるのかというお客様からのお問い合わせがけっこうあるのですが、そのテのノイズは取れません。


「サーッ」系のノイズはほとんどが残留ノイズあるいはテープヒスなので前者ならアンプのゲインを下げることで、後者なら(アナログ)録音時の録音レベル設定によるものですから潔く諦めることで解決?します。ちなみにFM放送でそのようなノイズが出るのであれば電源ノイズ対策がかなり効きます。具体的には、ノイズフィルター搭載電源ボックスや各種クリーン電源を導入したりして FMチューナーの電源をクリーンにしたうえで屋根にちゃんとしたアンテナを立てればたいていは消えます。高校時代に屋根に5素子の FM アンテナを立ててヤマハのチューナーで NHK FM を聴いていた店員S田でした。




オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
11:00~20:00
(日・祝日は19:00まで)

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

バーコード