Feliks Audio:Euforia




ポーランド  Feliks Audio の真空管ヘッドホンアンプ Euforia を聴いています。





なんと OTL 。真空管アンプは内部インピーダンスが半導体より高いので出力トランスを搭載するのが一般的ですが、Euforia が搭載する 6AS7 は内部インピーダンスが低いので OTL 向きとのこと。


OTL の真空管ヘッドホンアンプですと、私が知っているのは我が国の MACTONE のものくらい。スピーカーを駆動するアンプだと惜しくも正規輸入が終わってしまった独 EINSTEIN あたりが有名ですね。








背面。アンバランス入力1系統。同出力1系統。プリアンプとして使えるとのことですので、この出力は可変出力でしょう。









電源の横には謎のスイッチ。これは クロスフィード という機能のオンオフスイッチで、低い周波数帯域だけ左右を入れ替えるとのこと(色々試しましたが再生ソースによってオンにした方が好ましいことがあります)。












では聴いてみましょう。


リビングからいつもの散らかりまくった我がリスニングルームに移動します。



・・いつもながらごちゃごちゃしてるよなあ。





まずマリナー指揮の「魔笛」。御存知の通りマリナーは普通のピュアオーディオシステムで再生すると明るくて薄くて軽くてイージーリスニング調になりがち。です。が、



Euforia は私の期待に応えてくれました。すなわちマリナーでもイージーリスニングにしない。ダークで濃くて重い。えらいっ!


けどホールトーンがいくらなんでも少な過ぎるかなあ。直接音の充実度と空間情報のそれとはトレードオフになってしまうのだろうか?





もう20年以上経ちましたが香港が中国に返還される際に録音されたタン・ドゥン作曲&指揮のこのアルバムだとどうでしょう?


この録音はスピーカーで再生すると古い鐘の音が録音会場の空気感を伴いつつ水平方向に広く展開する様が面白いんですが、ホールトーンが弱い Euforia だとどうなるか?





うーん。。左右のヘッドホンの間にたくさんの鐘がぎゅうっと集まります。・・ただまあ、HD800 と半導体ヘッドホンアンプでもスピーカーのようにはさすがにいきませんからね(^^;)。


逆にそのぶん?鐘の音が濃くて太くて熱いので聴きごたえは凄いです。


では次。





トロップ。これは素晴らしい・・真空管特有の偶数次歪が豊かだからなのか、ユニットの制動力が程良いのか、ピアノの音色が実に玄妙。いわゆるハイレゾ系ヘッドホンアンプだと無駄に立ち下がりが速いのでこんなに味しく余韻が漂いません。高性能・低能率な現代のトランスデューサータイプスピーカーを高出力でダンピングファクターが大きな現代ハイエンドアンプで鳴らしてもユニットを制御し過ぎになりがちで美味しく緩まないんですよね。


しかしヘッドホンリスニングでもトロップのピアノに酔えるとは。。Euforia いいな。。





バルトークのオケコン(管弦楽のための協奏曲)もダークで濃い音色が効いて実にいい。これを明るく薄く表現されると興醒めなのです。・・ただ、やっぱりホールトーンはもっと欲しい。さっきのマリナーは天然でないホールトーンが付加されている印象の録音なのでまあ良いとしても、天然のホールトーンしか入っていないこのオケコンがあんまりデッドだと違和感があります。


ならば、





シャシー底板の四隅にもともとついているフットの下に、KRYNA の D-Prop Extend を敷いてみたらどうか?


・・これは正解。ホールトーンを正しく出したいときは D-Prop Extend です。不要振動を2段のスパイクと充填した液体とで素早く減衰させるこのインシュレーターは特に空間表現力を大いに高めるので、空間情報と一体を成すホールトーンの再現能力も高まるのです。





なのでこのダイアナ・クラールのライブ録音も D-Prop Extend ありの方がライブ空間の空気感が出て断然いい。





そして元々空間情報が少ないこのアルバムは、Euforia のダークで濃い表現が内省的な曲調ともマッチしていい感じ。


ちなみに今日組み合わせたヘッドホンは、














Feliks Audio と輸入元が同じ ZMF の Auteur でした。このヘッドホンは有機的な音色を聴かせる素晴らしいヘッドホンなんですが、反面ゼンハイザーの HD800 のようにドッカーンと拡がる空間表現はしませんので、Euforia でも HD800 ならもっと空間が広くホールトーンも豊かでしょう。あとは電源ケーブル次第ですかね。


ヘッドホンアンプは Euforia と LUXMAN の P750u 、ヘッドホンは ZMFのヴェリテ と HD800 と Utopia 。を所有していれば無敵じゃないだろうか? 店員S田でした。
 


 

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
平日 12:00~20:00
日曜・祝日 12:00~19:00

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ブログ内検索

バーコード