在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

01 2019/02 03
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8
11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

1月19日(土)20日(日)オーディオアクセサリー フェスティバル開催です




明日1月19日(土)から2日間、


「オーディオアクセサリー フェスティバル  2019」が開催されます。


季刊・オーディオアクセサリー誌 主催のこのイベントは



当店からも近い 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3F にある


デジタルハリウッド大学、駿河台ホール を会場として


アクセサリー各社が出展。


豪華なプレゼントが当たる抽選会もありますので


ぜひ足をお運びください(^^)。


イベントでデモされるアクセサリーには当店でもお買い求めいただけるものがございますよ笑。

DH Labs:Pro Studio Progressive RCA エイジング中







先日から DH Labs の新作: Pro Studio Progressive RCA/1.0m をお借りして自宅のシステムに繋いで鳴らしこんでいます。


おろしたての新品なのでまだ伸びやかに歌いませんが、既に価格が信じられない高解像度と高S/N比を実感しています。







早く本領を発揮させたくて PAD のウルトラエンハンサーをかけつつ、「この録音が音楽的に満足できなきゃオーディオやってる意味がない」極私的に試金石となるこういった盤を少しずつ再生しています。


個人的には古い録音盤に試金石が集中してたりするのもあって、ただハイファイ性能が高いだけではダメなんですよね(^^;)。


他にも色んな盤を再生して、Pro Studio Progressive の性格を見極めてみます。今のところ音楽的にもいい感じです。10万円以下のインコネでこのようにじっくり試す気が起きるケーブルは稀ですね。


店員S田でした。












DH Labs:Pro-Studio プログレッシブ RCA













このたび DH Labs からインターコネクトケーブル  Pro Studio プログレッシブ が発売されました。



ベースとなった Pro Studio はスタジオで活躍を続ける銘機で実は私も自宅で愛用していますが、


Pro Studio プログレッシブ は Pro Studio がまだ秘め持つポテンシャルをフルに引き出すべく、


Pro Studio に画期的な電磁波対策・振動対策を施したものなのです。


では早速、標準の Pro Studio と Pro Studio プログレッシブ を比較試聴しましょう。






まず Pro Studio で聴きます。





では次。 Pro Studio プログレッシブ に繋ぎ換えます。







・・・これは、





・・お借りして自宅でもっとじっくり聴きたいですね。その気にさせる音です。


何かとノイズが多い店内で聴いてもかなりの変化なのですが、というか S/N比の向上度が凄まじいのはある意味想定内なのですが、


音楽表現において興味深いものがある。。


というわけでさっそく





エアキャップに包みました笑。カバンに入れて持って帰ります。


新たにトーンアームを買うことになった店員S田でした。














1月19日(土)、20日(日)オーディオアクセサリー・フェスティバル開催です





1月19日(土)、20日(日)の2日間、



東京・御茶ノ水の「デジタルハリウッド大学 駿河台ホール」にて」


音元出版の刊行の『季刊・オーディオアクセサリー』誌 主催


オーディオアクセサリー・フェスティバル 2019


が開催されます。


参加無料、入退場自由。


評論家 福田雅光先生、林正儀先生による実演に加えて


歌手の藤田恵美さんのトークイベントも開催と盛りだくさんの内容です。


ぜひ足をお運びください(^^)。










本日 1月12日(土)Kirmuss Audio レコード洗浄体験会開催です




本日1月12日(土)14時~16時、


当店にて「 Kirmuss Audio レコード洗浄体験会 」を開催いたします。










私も先日私物の聴きなれた LP をこの超音波洗浄機でクリーニングして自宅で改めて再生したところ、


「この盤にこんな音が入っていたのか!」とビックリしました(^^;)。


ターンテーブルやカートリッジを買い換えるより効果があるかもしれません。


御来店お待ちしております。









ロシア:TCHERNOV AUDIO(チェルノフオーディオ)









ロシアのオーディオ製品ってほとんどお目にかかりませんが、


このたび TCHERNOV AUDIO(チェルノフ オーディオ)社のケーブルが我が国のオーディオケーブル市場に参入となりました。


早速聴いてみましょう。
















ちょっと高域に爽やかなアクセントがありますね。そしてノイズフロアがかなり低い。


特に東方的という印象はないですね。オリエンタリズム的な期待をして試聴してはいけない真っ当なバランスの音です。


映画作家で言えば ニキータ・ミハルコフのような雑さや演出はないし、といってアンドレイ・タルコフスキーのような西欧的正統でもない。新進のハイエンドって感じです。


まだ数日は当店で御試聴いただけます(^^)。


QUAD ESL を探し始めている店員S田でした。















 


LUXMAN:PD-151




LUXMAN から PD-171 の弟分、PD-151 が発売されました。























とても美しいターンテーブルです。


来週まで当店で御試聴いただけます。


御来店お待ちしております(^^)。


店員S田でした。






SIXTH ELEMENT:QBR-525 3D Quantum Ball




あけましておめでとうございます。


オーディオユニオンは今日から営業しております笑。


今年も宜しくお願いいたします。


今年最初の試聴は、台湾 SIXTH ELEMENT:QBR-525 3D Quantum Ball です。






超絶高性能ヘッドホン、FOCAL:Utopia のケーブルにこのように装着してみました。





ノイズフロアが下がりますね。楽器の位置もより鮮明になる印象です。


小さくて軽いので特に違和感はありません。


静電気を除去するアクセサリーですので、乾燥して帯電しやすい冬、ポータブルで使用する際により効果を発揮するかもしれませんね。ヘッドホン・イヤホンのケーブルは衣服との摩擦で盛大に帯電するでしょうから。


今年は インターコネクトケーブルを買い換えるかもな店員S田でした。













年末年始の営業時間のお知らせ

当店オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館、


明日 12月31日(月)は 11:00 ~ 19:00 まで営業。


元旦はお休みをいただきまして


1月2日(水)、3日(木)は通常通り

11:00 ~ 20:00 に営業いたします。




どうぞ宜しくお願いいたします。



SIXTH ELEMENT:QAP-255 3D Quantum Tube





台湾 SIXTH ELEMENT 社のオーディオアクセサリー、QAP-255 3D Quantum Tube









日本のオーディオファイルの家にはあまり見ない色であり、かつまた、


謎の紋様が刻まれた謎の形状の物体です。


私には空港の手荷物検査でひっかかるであろうこの物体を説明して無事に飛行機に搭乗できる自信がありません。しかし警察官に職務質問されて鞄の中身を開けられてこれが出てきたら変な汗を大量にかく自信はあります。


それでも。我々 オーディオ愛の戦士たち はいい音を追究する歩みを決して止めることはないのです。


今日はこの QAP-255 の試聴をいたしましょう。






いつものこのCDを、まず QAP-255 無しで。


というか、せっかくなのでスピーカー間に置いて眺めながら聴きますか。









では次。 QAP-255 をプリメインアンプ Audia:FL 3/S の電源ケーブルに装着します。







・・効きますね。これ(^^;)。


強烈なのは オーパーツかと見紛う 超古代文明的なアピアランスだけではなかった。


実は今回プリメインアンプに繋いでいる電源ケーブルは、NVS のとんでもないやつなのですが、


電磁波シールド、振動対策、導体、絶縁、導体構造、メッシュ、プラグ等々ケーブルを構成する全ての要素において究極を追究したこの電源ケーブルに、まだ伸びしろがあることを知らしめるアクセサリーです。大したものです(^^;)。


SIXTH ELEMENT 社の説明によりますと、同社の製品にはランタノイドという素材を使用していて、マイナスイオンを発生させるようです。マイナスイオンについては諸説ありますが、イオン系のアプローチで静電気除去ができるのは他社の製品を試しても実感はできますので、具体的な仕組みはともかくとして静電気を除去してはいるのは間違いない気がします。







QAP-255 を装着すると、混濁が解消する上に音離れが極めて良くなりますね。


このピアノ協奏曲では、ピアノも管弦も共に解き放たれかのように実に伸び伸びと歌うようになります。


弦の温度感が若干ひんやりしますが、これは QAP-255 が温度感を下げたのではなく、NVS の電源ケーブルが帯電していなければ本来このような温度感だったはずと思える程度に全く違和感の無い変化です。


外見のインパクトが強すぎて笑 試聴前は正直あまり期待していなかったのですが(^^;) 音を聴いてしまうと、





超古代文明 スゲー!!・・じゃなかった、QAP-255  かっこいいかも・・!と


感じ始めている自分が、、いるかも、しれな、い。


店員S田でした。皆さま良いお年を。