在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

日本音響エンジニアリング:AGSの威力












現在当店にて




日本音響エンジニアリングの柱状拡散体




Acoustic Grove System




=AGS の、




Sylvan




ANKH-III(アンク・ミニ)




ANKH-VI (FL66)






を御試聴いただけます。
























AGS 有りで聴いたあとで











AGS 無しで聴くと、




とっても寂しくなります(^^;)。




有りだと、スピーカーが解き放たれたかのように伸び伸びと歌いだし、




無しだと、音の束が団子になり、音場が狭くなり、録音現場の空気感が明らかに失われてしまいます。




自宅試聴すると戻せなくなるアクセサリーの最右翼ではないでしょうか。。




ぜひ AGS の効果を御体感ください。




店員S田でした。





OCTAVE:V 70 SE









独OCTAVE :V 70 SE
















バウハウス的な造形美。




だなんて、自分らしくもない気取った喩えも使いたくなるシンプルで合理的なデザイン。










このドイツの合理主義アンプに




英国 Stirling Broadcast の古典的な2ウェイバスレフスピーカー SB - 88 を組み合わせ、









姿も音も生成りな日本オーディオ(PROXIMA)の電源ケーブルで給電して









































色々聴いてみました。




音でなく音楽に集中させてくれますね。




S/Nに優れ、ドライブ力も充分。




これ以上何がいるのか。




オプションの Black Box、そして Super Black Box を加えれば更に




ドライブ力が向上してスケールも大きくなります。




昨晩プリから煙が出た我が愛機 QUAD 22+IIとは異なり、




信頼性、動作の安定性も十二分。




実に良いアンプです。




店員S田でした。















audiounion DAY vol.3 間もなく開催します!






本日12時からいよいよ、




audiounino DAY vol.3 開催です!










我々もそう滅多には聴くことがない、NVS のトップエンド、




Silver Inspire S シリーズが勢揃いしています。




新製品の USB ケーブルをデモするために使用する DACに急遽変更がございました。




dCS の Rossini DAC に代わり、英国 CHORD の DAVE を使います。




ただいまネイサン氏が最終調整中です。




あいにく超大型台風が近づいておりますが(^^;)、




今日はむちゃくちゃいい音が聴けますよ~笑。




ご来場お待ちしております!

YG ACOUSTICS:Carmel 2 !!


















先日開催された 2017 東京インターナショナル・オーディオショーで




最も話題を集めたブースの1つが、AccA ブース だったと言っていいでしょう。




Sonja XV の音は衝撃でした(^^;)。




ホログラフィックな再生というものは XVが初めて実現したとさえ言えるのではないか。




スピーカーが消え、音像と音場が立体的に立ち現れる様に




圧倒されました。。




インターでの衝撃がきっかけ?で、




当店でいま、XVの末弟 Carmel 2 が鳴っています。










YG ACOUSTICS:Carmel 2 




10月22日に audiounion DAY vol.3 で使用する、
























これらのコンポーネントと組み合わせて何枚か CDを聴いてみました。




XV に通じる高解像度、ホログラフィックな音像・音場が




はっきりと聴きとれます。




さすがにこのサイズですので低音のスケール感は XV に及びませんが、




私のような 6畳間のリスニングルームで聴いている者にはこのサイズの方がありがたい。




6畳間で究極の高忠実度再生を実現するためのスピーカー候補として




Carmel 2 は筆頭に挙げられるでしょうね。




欲しい。




店員 S田でした。




趣味を仕事にすると貯金なんてムリ。







audiounion DAY vol.3 デモ機が続々







audiounion DAY vol.3




明後日 10月22日(日) 12:00 ~ 14:00 





当店にて開催です。




当日使用するデモ機が続々と到着しています。




冒頭写真のSACDプレーヤーは スイス ORPHEUS の SACD HE/P です。











プリは イタリア AUDIA の Strumento n1 Mk.2










パワーアンプは同 AUDIA : Strumento n4 Mk.2









YG Acoustics:Hailey と、dCS:Rossini DAC は明日当店に到着予定です。




当店にしては珍しくハイエンド笑。




やっぱりハイエンドは素晴らしいです。情報量の桁が違う。




あさってが楽しみです。




店員S田でした。















10月22日(日) audiounion DAY vol.3  ネイサン氏来日講演です!







10月22日(日曜日) にオーディオユニオン全店にて開催される

audiounion DAY vol.3 




当店では今回、アメリカから NVS創設者 

Nathan Vander Stoep 氏をお迎えして、

滅多に聴けない同社のトップエンド、Silver Inspire S シリーズ

ネイサン氏自身の解説と共にお楽しみいただきます。


最終的に販売モデルとならなかった幻のケーブルもご紹介。

NVSのサウンドチューニングの秘密に迫ります。



そしてなんと、新作の USBケーブルも初お披露目!





10月22日(日曜日) 12:00 ~ 14:00

 当店にて開催!



【 当日の使用機材 】

●スピーカー  YG ACOUSTICS : HAILEY
●SACDプレーヤー ORPHEUS : SACD HE / P
●DAコンバーター dCS : ROSSINI DAC

●プリアンプ AUDIA : STRUMENTO n1 Mk.II
●パワーアンプ AUDIA : STRUMENTO n4 Mk.II




乞うご期待です(^^)。






超ハイエンド・ラインケーブルの誕生です







Acoustic Revive から 超ハイエンド・ラインケーブルが発売されました。




当店で御試聴いただけます。




●RCA-Absolute-FM / 1.0m=880,000円(税別定価)

●XLR-Absolute-FM / 1.0m=980,000円(同上)




(ファインメットビーズを装着しないモデルもあります。

ファインメットビーズを装着する上記ケーブルと比べて各2万円安価になります。)





まあ、価格にビックリです笑。




NVSのトップエンド、Silver Inspire S RCA / 0.9m が長さが10cm 短いながら同価格。
































先日からブレークインを兼ねて試聴を続けています。





超絶ハイファイです。




圧倒的な高解像度。ノイズフロアが底なしの低さ。




コンサートホールの空気がダイレクトに伝わります。




トランスデューサーとしての性能が高い現代ハイエンドスピーカーをお使いになる方には、




是非一度聴いていただきたいケーブルです。




とにかくハイファイ性能が高いケーブルですので(^^;)。




当然ながらエッジを立てて高解像度感を演出するようなまやかしは皆無。




一聴の価値大アリです。





店員 S田でした。







HELCA-1 の使いこなし







先日9月9日(土)午後に当店で開催した





ケーブルインシュレーター KRYNA :HELCA - 1 試聴会は




大盛況でした。





知らない人が見たら意味不明な写真でしょうね。っていつもか。




 HELCA - 1の効果には皆様驚かれていました。




私も当日購入し、早速我が家で色々試しているところです。










試聴会が終わった後、KRYNA の方とお客様とで、




「アースケーブルに装着してもやっぱり効くだろうか」という話になり、




その場ですぐやってみました笑。









右手に見えるのは Entreq のヴァーチャルアース、Minimusです。




付属のアースケーブルに HELCA - 1を装着してみたのです。





試聴盤はこちら。



結果、



装着前はオケとピアノがごっちゃになっていたんだ!と。すなわち、




装着後はオケとピアノの間に正しく距離が発生。




そして全体のノイズフロアが下がり、楽音から雑味が消えたからなのでしょう、




弦の艶が増しました。




アースケーブルを換えるだけで音が変わることは当然知っていましたが、




改めて、オーディオって不思議だなと思いましたね笑。



ともあれ HELCA - 1は、効果が大きいだけに、使いこなしも意外と難しいところが



あるようです。



我が家でも昨日、色々なケーブルに試してみたところ、



CDプレーヤーの電源ケーブルに装着したときに最も大きな効果を得ることができました。



ヴィンテージの真空管アンプなのに、非常にハイファイに。




ただ、効き過ぎとも言えそうで笑。




どうも、HELCA - 1はあまり伸ばさないで使う方が、



音色を変化させることなくメリットだけを享受できる印象です。



つまり、伸ばして使うとどうしても HELCA - 1の内径が狭くなり、



ケーブルに圧力をかけてしまいます。



すると、HELCA - 1の樹脂の音色がのったり、音がつまったりしがち。



ケーブルにはせいぜい軽く触れる程度になるよう 調整した方が良さそうです。



とりあえず私は今夜は、システムの中で一番細いケーブルである アナログRCAケーブルをまず




天然シルクで緩く覆い、その上に HELCA - 1を装着してみようと考えています。




ここにこう使ったどうだろう?というアイデアが湧いてくるオーディオアクセサリーって、




マニア心をとてもくすぐりますよね笑。




店員S田でした。




明日 9月9日(土)午後、KRYNA:HELCA - 1 試聴会です!








明日 9月9日(土)午後、当店にて




KRYNA から新発売の 画期的なケーブル専用インシュレーター




HELCA - 1 の試聴会を開催いたします。










私も今、HELCA - 1有り無しで軽く比較試聴してみましたが、




非常に効果があります。。











ケーブルに巻きつけて使います。



効果のほど、是非試聴会にてご体感ください(^^)。









High Fidelity Cables : Trinity - Go !






今年の8月は雨ばかりで、晴れようが雨が降ろうがインドア人間的には当然まったく関係なかったのですが、




7年もの間 土の中にいてようやっと地上に出たのに鳴けずじまいだったであろうセミ達が




万年花嫁募集中の独身な私にはとても他人事とは思えずあまりにも気の毒でした。セミの心配をする暇もないはずなのですが。




まあそれもどうでもいいこととして、




独自の磁気伝導技術が話題の米 High Fidelity Cables からこのたび、




ヘッドホンケーブルに介在させることで音質を改善させる、Trinity - Go




発売されました。





当ブログでも、試作機をご紹介したことがあるこれです。













今日はこの Trinity - Go を試聴しました。








ケースを開けるとこんな感じ。



オヤイデ製のミニプラグ - ミニプラグケーブルが付属しています。














試聴に使用したヘッドホンは audioquest の NIGHT HAWK。









LUXMAN のヘッドホンアンプ、P750u に、まずクエストのケーブルを直で繋いで聴いてみます。
















次に Trinity - Goを、P750u のアンバランス出力から NIGHT HAWK の間に介在させます。















我が家でも愛用中の、空きコンセントに挿す MC-0.5 と



同じ方向に音質が改善されますね。



我が家では MC-0.5 のブレークインが完了してからというもの、



低域の混濁が消えて、独特の官能的なテクスチャーを堪能できるようになりました。



チェロ、コントラバス、ティンパニにそれは顕著なのですが、



装着前には定位しているとは言えなかったそれらの楽器の位置関係が明らかになります。



楽器と楽器の間の距離が聴き取れるようになるのです。




しかも、妖しいとさえ言えるようななまめかしさを伴って。




ポータブルユースを意識した Trinity - Goですが、他の High Fidelity Cables製品と同様、




ブレークインに時間がかかります。ですので、




深夜のリスニングにヘッドホンをお使いの方にむしろお勧めですね。




といいますのも、ご存知の通り同社の製品は一度外すと




最初からまたブレークインを始めないといけないところ、




ポータブルですとケーブルを外すことも多いでしょうから(^^;)。




据え置きのピュアオーディオでこそ本領が発揮できると思います。




当店にて Trinity - Go 、ご試聴いただけます。




店員 S田でした。