在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2
7 8
12 15
18 19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

DMSD 60PRO 試聴しました。




イタリア製のインシュレーター DMSD 60PRO を試しましょう。









今日は SPENDOR:SP3/1R の下に置きます。







かなり背の高いインシュレーターです。


ハーベスほどではありませんが、スペンドールもやはりエンクロージャーが鳴るタイプのスピーカーですので、


振動吸収性能が高いインシュレーターやスピーカースタンドを組み合わせると全く歌わなくなります。


ですので DMSD 60PRO がその類のインシュレーターであればつまらない音になってしまったのでしょうが、


相性のいいインシュレーターを組み合わせたときに共通する効果である、音離れの良さ・音像定位の向上・低音の余計なだぶつき解消が得られました。



箱鳴りを活かす設計のスピーカーを面で支えるとあたかも太鼓の腹をてのひらでおさえながらバチで叩くような詰まった音になりがちなので、


今回のように3点、あるいは4点で支える方が朗々と歌うんですよね。


DMSD 60PRO はスピーカーとの接触面がゴム系素材ですので音の質感も少々ゴムくさくなりはしますが、


ある意味古風なこの質感は生理的に気持ち良いですし笑、金属製あるいは木製インシュレーターにどうしても違和感を覚えてしまう方にはいちどご検討いただきたいところです。



店員S田でした。




SIXTH ELEMENT:QUANTUM TUBE 近くまた実験予定。




SIXTH ELEMENT:QAP-255 3D Quantum Tube 。



先日は電源ケーブルに装着して試しまたが、メーカーによると他にも色んな使い方があるとのことですので、



時間を見つけてまた実験いたします。



店員S田でした。



日本ディックス:Pentaconn Yラグ / バナナ端子を試聴しました。




Pentaconn シリーズ で有名な 日本ディックスから スピーカー端子(Yラグ、バナナ)が発売されます。





JIB の切売スピーカーケーブル をまず裸で繋いで聴きましょう。











JIB のこのケーブル、かなりのお手頃価格ではありますが


いつも完成品スピーカーケーブルを繋いで聴いている当店で改めて聴いてみると


意外と聴ける笑。 ここの切売はいまどき珍しい強い音がするので聴いてて面白いんです。


では日本ディックスの端子を装着して聴いてみましょう。











ジェニファー・ウォーンズがさっきはビッグマウスだったんですね笑。口元がきゅぅとしぼまりました。


裸で繋いだときより情報量はむしろ増えた印象です。スピーカーターミナルの形状にマッチするよう成型されたプラグの方が裸よりも接触が安定しますから(良質なという限定はつきますが)Yラグ、バナナ端子を装着する方が音は良くなります。


ちなみに日本ディックスのこの端子は真鍮でなくOFC(無酸素銅)と特殊銅合金でできているので導電率はとても高い。加えて下地メッキがよくあるニッケル(磁性体)メッキではなく非磁性体の特殊メッキ。


ニッケルメッキが絶対悪かというとそうとも言い切れないのですが、音質的考慮の行き届いたプラグであることに違いはありません。


予定価格がけっこうお高いようですが笑 とてもいい端子です。店員S田でした。


 






HARMONIX:TAKUMI Maestro を聴いてみました。




猛暑にめげず HARMONIX:TAKUMI Maestro SMT-15R 電源ケーブルを聴きましょう。







せっかくなので Esoteric:7NPC-9900 MEXCEL と比較します。







・・バッハ・コレギウム・ジャパンの演奏・録音って再生が難しくありませんか?


私は SACD 化される前から結構沢山買って再生してきましたが、どうも明る過ぎる。カール・リヒター的な暗く重厚でコブシがきいたドラマティックな演奏・録音や、フリッツ・ヴェルナー的な地味でローカルで実直なそれともまるで違う、


タメの無い、ちょっと速い、そして明るくて軽い古楽特有の演奏と録音。


まあバッハのカンタータに限らず ホグウッドのモーツァルト交響曲全集や、コープマンのハイドンとかでもそうなんですが、


古楽系はハイファイ性能を高めるほど明るく軽く薄くなってしまいがちな気がします。あるいは私が昔から聴いてきたベームやリヒターに馴染み過ぎているだけなのかもしれませんが。


7N-PC9900 MEXCEL でプリメインアンプ に給電した音は、Magika Mk.2 自体の明るい音色と妙に相乗?したようでかなり明るいものでした。7N-PC9900 MEXCEL 自体は音色の明暗バランスは中庸なのですが、Magika Mk.2 との組み合わせるとちと明るい。






これも明るい。ちょっと違うんじゃないか。


 


では TAKUMI Maestro に繋ぎ換えましょう。





コタツの電源ケーブル太い版。





※ お中元の箱ではありません。


我ながら上記したことがフリにしか思えない展開ではありますが、7N-PC9900 MEXCEL より解像度は下がった反面、音色バランスは中庸になりましたね。


で、これはおそらく 9900 のエイジングがまだ完了していないせいかと思うのですが 9900 は1本調子で強い音がとにかくぐいぐいくる感じだったのと対照的に、


TAKUMI Maestro (何度も書いてるとちょっと恥ずかしくなる名前かも)は「押す」と「引く」をきちんと描き分けるので抑揚表現が TAKUMI 。


TEN-IN ESUDA でした。















当店にもイヤホンがございます。




こう見えて当店にも僅かながら イヤホン のお取扱いがあるんです。


final:E1000





radius:HP-NEH31





NUARL の完全ワイヤレスイヤホン


こう見えて当店も勝ち馬には乗るのです。馬券は1回しか買ったことがない店員S田でした。





audel:Magika Mk.2 を鳴らしています。




イタリア・ audel 社の2way ブックシェルフ、Magika Mk.2を鳴らしています。





シチリア島にあるメーカーとのこと。





いちど真空管アンプで鳴らしてみたいですね。







HARMONIX の 電源ケーブル・・・その名は TAKUMI Maestro 。




HARIMONIX の電源ケーブル、TAKUMI Maestro SMT-15R をお借りしました。


先日発売された 『 電源&アクセサリー大全 2020 』72p で紹介されています。

















雅な箱に収められたこの電源ケーブル。どんな音がするんでしょう?



試聴後改めて御報告いたします。


みやび・・こないだ聖護院の八つ橋を食べた店員S田でした。










8月20日まで SPU 多数展示。




SPUシリーズをオルトフォンからお借りしています。





展示は8月20日(火)まで。


御来店お待ちしております。


MC 0.5 Helix + 2個使い





外すとむちゃくちゃ寂しくなると話題のアクセサリー、


High Fidelity Cables の MC 0.5 Helix + を今日は



2本使いしてみました。









御覧のように DAC と プリメインアンプの電源を壁コンセントから直接とった状態で聴いたあとでこのように同じ壁コンセントの空きに MC 0.5 Helix + を挿してから









今日は15分待ってみました。御存じの通りこのアクセサリーが本領を発揮するまで挿してから最低でも 400時間かかりますので15分って短すぎるんですが実際上仕方ない(^^;)。





・・MC 0.5 のユーザーの方ならお分かりになるでしょう、MC 0.5 挿入後 1,000時間経過するとえも言われぬ官能的な質感に音場が満たされますが






MC 0.5 Helix + を2本挿した今日も 例えばいつものロバータ・フラックみたいに古い録音なんかが特に気持ちよく聴けるようになるんですよね。ちなみに我が家でいわゆるヒストリカル音源をたとえデジタルでも音楽としてまともに聴けるようになったのは、もちろん他にも色々やってはいますが笑  MC 0.5 を2本使っているのがかなり効いてる結果だと言ってしまっていい。具体的には、


ヴォーカルも楽器もテクスチャがぞくっとするくらいしっとり肌理細やかになる。もちろん見境なく全ての音をそうしてしまうのではなく、カチッとした音はカチッとしたまま、ハスキーヴォイスもハスキーヴォイスのままに、


つまり各楽音のテクスチャの性質はそのままに、といいますか、その性質をむしろ「高める」んですよね。下手なリマスター盤みたく化粧しすぎて、オリジナル盤で聴けた粗いながらも生々しいテクスチャを消してノペーっとペターっとしてしまうようなことがない。スペインで頻発しているというフレスコ画や彫刻等の素人による「修復」的なことは絶対しない。


なので





当然この録音が逆にヒストリカル調になるなんてこともない笑。ちなみにこの録音で比較試聴した印象では、MC 0.5 Helix+ 2本を15分挿した後はオケのすべての楽器からあたかもツカエが取れたかのようにスッカーンっと音が出るようになる。そして楽器間の距離が明瞭になり、各楽音のテクスチャの描き分けがより精緻になる。



次回、マーラーの交響曲で比較試聴してみましょうか。特に各金管楽器の音の描き分けを精緻にできないシステムだとマーラーの交響曲は厳しいですから。



MC 0.5 Helix を2本挿した今回この録音を再生してみて、MC 0.5 を2本所有し愛用している私の印象ではどうやら MC 0.5 より明らかに MC 0.5 Helix+ はハイパワーです。15分でかなりの効果を実感できてますから。ブレークインが完了した後どんな世界が待っているのか・・。



前の私のシステムだと トスカニーニ・コンプリート RCA コレクション(84CD+DVD)を聴くのは苦行でした。一貫してパッサパサな質感だったうえに平面的にしか音場も音像も展開してくれなかったからなんですが、

今の私のシステムはトスカニーニやフルトヴェングラーやミトロプーロス等のヒストリカルはもちろん、ノリントンでもラトルでもヤニック・ネゼ=セガンでも自分史上最高に音楽的説得力高く再生してくれます。(注:のろけです。)これは MC 0.5 無しだと結構厳しくなる。数か月前、全接点を TMD で再処理した際 コンセントから MC 0.5 も外したんですが、全部戻してから1週間ほどの音はかなり寂しかったのがその哀しい証拠です。



なので MC 0.5 は二度と外したくない。また最初からブレークイン始めるのはヤダ。もちろん Helix + を追加は当然シタイ。けど高い。謎の遺産でも転がり込まないだろうか?店員S田でした。





FURUTECH:NCF Booster-Brace 試聴 。




NCF シリーズ で快進撃中の フルテックから新製品が誕生。


その名も NCF Booster-Brace 。


Brace (ブレイス)=締め具、支持具 といった意味。しかしこの製品はコンセントに電源ケーブルのコンセントプラグを確実に挿すためのアクセサリーなだけではない。


不要振動を減らし、静電気の除去もしてしまうアクセサリーです。





私はこの新製品については音展でお披露目された際の写真を見ただけでしたので、





↑ 実はこんなに凝りに凝った素材構成、構造だったと知ってビックリ。


フルテック、攻めてます。











赤いのは両面テープ。





この面をコンセント側と両面テープで固定させます。








今日は プレーヤー、プリメインアンプの電源で試します。まずこのように NCF ブースターブレイス 無しで。



ちなみに今回はイジワル?で、コンセント GTX-D NCF (R) 、コンセントプレート 105.1 NCF という NCF コンビに ブレイス 有・無 で試します。NCF を既に沢山使っているんだから このうえ ブレイスなんて要らない気もして。ブレイス も決して安くはないんでね笑。





さ、ではいよいよ NCF ブースターブレイスを装着。





気のせいかな。ついこないだもこんなよーなことやったような。





いや、多分きっとこれからもずっとこんなことを





・・続けるんだろうな。ってナニまたこのかっこいいこと!

これだからオーディオはヤメラレネエ。





ハァ・・(溜息)。





今日の試聴スピーカーは 伊 audel の Magika Mk.2 。なんですが、





ブレイス無しで聴いたときと笑っちゃうほど違う! さざ波が沖から手前まで断続的に、つまり途切れ途切れに展開していたのが、


ブレイス有りだと欠落無く繋がって前後に展開するようになるだけでなく 
唄、オカリナの音像がキュウっと絞まる。





安直ハイファイ系アクセサリーだとモワンとした美味しい質感を消してバカのひとつ覚えみたいにスッキリクッキリハッキリの1本調子にしてしまうこの録音も、ブレイス有りだとモワンとした質感がむしろより際立つ(ノイズとシグナルを正しく判別できるアクセサリーということです)。





そしてこの曲。冒頭右手のパーカッションからして全然違う。


奏者と楽器の周囲を覆っていた淀んだ空気が取り払われたかのよう。


ノイズフロアの低下・音像サイズの適正化・空間情報の精密化。


ブレイスの効果をまとめればこんな感じでアクセサリーの効果としてはよくある表現になってしまいますが、


音質の向上度からすると NCF Booster-Brace は 超絶ハイC/P アクセサリーだと断言してしまいましょう。


店員S田でした。