専門各誌入荷してます。




専門各誌が入荷しています。














300B book 。


本家ウェスタンが久しぶりに 300B を復刻するとのことで心待ちにしている方も多いかと存じます。


300B 以外にもいい球は沢山ありますけど名管なのは間違いありませんからね笑。そして 出力管が 300B のパワーアンプ、プリメインアンプは我が国だと各社から出ているのでアンプの選択肢の豊富さというのもやはり大きい。


・・やっぱり 300B シングルアンプ、1台は所有していたいですねー。いつかまた買うか。店員S田でした。




TRANSPARENT:Power Isolator XL 1.0




アメリカの名門 TRANSPARENT の Power Isolator XL 1.0 を今日は聴いてみましょう。





結構重い。





ハッベルのホスピタルグレードコンセント。











そしてコンセントプラグもハッベル。



今日はプリメインアンプ Audia:FL THREE S の電源ケーブルで試します。まず最初に壁コンセントから直接給電して聴き、








次に Power Isolator XL 1.0 から給電して同じ曲を再生。









かなり判り易い変化。打ち寄せるさざ波の泡立ちが明らかにキメ細かくなり、



唄もオカリナも音像が立体的に定位する。さっき壁直で聴いたときは音像のサイズがずっと大きかったことにも容易に気が付きます。





ハスキルのピアノがオケから鮮やかに分離。S/N が断然良くなってますね。





・・ピアノの左手方向が断然豊か。ピアノに使うべきではありませんが管楽器なら奏者の肺活量が激増したかのようと言いたくなる、響きの深さ。



総じて言えるのはドッカーンと広く展開する音場。そして表面が磨き込まれたような滑らかな質感。


トランスペアレントの音ってケーブルでもそうですが、上位機になればなるほど音場がドッカーンと広がる天衣無縫な表現になりますねー。そういえば子供の頃ヤナセでもらったキャデラックのカタログには国産高級車の比ではない天衣無縫に巨大な排気量が記載されていて驚いたものです。アメリカンなゴージャスってこんな感じなのかしらん。いまだにペーパードライバーの店員S田でした。








今日もラインケーブル3機種聴き比べちゃえ。




今日もラインケーブルを3機種聴き比べちゃいましょ。まずこの JORMA DESIGN:No.1 から。


※ No.1 は今は中古でしか入手できません。No.1 の後継機は UNITY





プラグは WBT-0110 Ag 。コンダクタ部は純銀製、なだけではなく、なんとプラチナコーティングを施してあります。





バイビー・クァンタム・ピューリファイアーを搭載。











今日はこの女性ヴォーカルだけ聴きましょう。





ヴォーカル、ピアノ、ドラムの前後関係が良く判る。そして特にピアノの音色が濃い。


どの楽音も解像度が非常に高いです。


では次。同じ JORMA DESIGN の現行機種、Duality RCA 。No.2 の後継機ですね。








プラグは No.1 と同じ WBT-0110 Ag 。














No.1 ほど各音像の前後を出さないので相対的に音場は水平方向の広さを意識させます。ピアノの音色が明るく薄く軽くなりました。


しかし解像度はやはり非常に高い。


次は Trinity 、といきたいところでしたが今日は聴ける個体が無いので、最近気になるカナダの新進 LUNA CABLES の ORANGE (オランジュ)RCA を繋いでみましょうか。








・・いやあ、ヨルマの2機種とあまりにも違い過ぎる笑。極端ながらある意味判り易そうな譬えをすれば、ヨルマの2機種はアキュフェーズ。そして ORANGE は EAR 。



No.1 と Duality は上記したような違いがあるものの遮音が完璧な静かなスタジオで、現代の高性能なマイクを使って録音した感じなのに対して、


ORANGE は観客は静かにしてはいるもののスタジオと比べれば色々なノイズが入るライブハウスで、昔の真空管式マイクで生録した感じ。価格差がかなりあることもありヨルマよりどの楽音も解像度は減ったんですが、


ヴォーカルもピアノも温度感が高いし、生音的な肉感 も出るんです。


・・これは極端な比較試聴だなあ笑。オーディオファイルにお勧めし易いのは明らかに No.1 と Duality ですが笑、


ツウ(?)のお客様には ORANGE を試してもらいたい。今夜もまたモノラル盤を聴く予定の店員S田でした。






モノラル盤再生と磁気伝導技術 その2




クナッパーツブッシュ指揮ウィーンフィルのこの盤を再生しても





やっぱり MC-1 Pro Double Helix+ Signature を繋ぐ前と繋いで 400時間ほど経過した今とではまるで違う音。音像も音場も濃厚かつ立体的。






そしてコルトーのショパンも、





ワルターのブラームスも、音像が磁気伝導技術特有の、メーカー言うところの液体のように滑らかで官能的なテクスチャでもって各楽音が描かれる。



私は現在自宅で主に 英国 QUAD 22+II 、 HARBETH:HL Compact と Vienna Acoustics:Haydn Grand Symphony Edition という全くハイエンドではない機器を愛用していますが、これらをチョイスしたのはひとえに「美音」だから。特に、 数年前 QUAD に極めてレアな某ヴィンテージ管を試してみたところこれがウィンアコの美音との相乗効果が凄まじくって、以来このコンビで聴く時間が愛おしくて仕方がなかったところに、


Signature がその美音を更に美しくしてくれているわけですから、私がハイエンドのスピーカーを買う日はやっぱりまだしばらく来ないかもしれない。勿論常に探してはいますがね。。店員S田でした。








MC-1 Pro Double Helix+ Signature 40% OFF キャンペーン延長!




米 High Fidelity Cables:MC-1 Pro Double Helix+ Signature。新品定価 55万円(税込)という、空きコンセントに挿すアクセサリーとしては異例に高額なこのアクセサリー、


当店では先日から 大特価40% OFF 33万円(税込)にて販売しておりますが、おかげさまで予想を超える数の御注文をいただいています。


ですので、このご好評にお応えするべく、当初は今月5月末までの期間限定だったこのキャンペーン、輸入元に交渉しまして 6月以降も 続けさせていただけることになりました!


この大特価品に関しましてはこれまで通りできるだけお安くご提供できるよう、元箱無しでの販売、そして一定数 御注文がまとまってからのメーカー発注とさせていただいていることもあり、お支払完了後一定期間の納期をいただきます。恐れ入りますがあらかじめご了承くださいませ。


ちなみに我が家の Signature はブレークインが 330時間ほど経過しました。






昨晩この、クレンペラー指揮のブルックナー 交響曲4番(モノラル盤)を聴いたところ、


やや前のめり気味のテンポと大胆なフレージング、アーティキューレーションに Signature を挿す前よりなぜか意識が向かいます。そして、ステレオ録音なんて必要なかったんじゃないか?と思わせるほどの音場の立体感。いや、それは以前から良質なモノラル盤を再生するたびに感じていましたが、Signature 効果が加わるとそれが確信に変わりかねないほど(^^;)。


今夜はコルトーを聴こうかしらん。店員S田でした。






LUNA CABLES:GRIS(グリ)RCA





LUNA CABLES:の入門クラス、GRIS(グリ)の RCAケーブル をお借りして自宅で試してみました。


ごちゃごちゃした写真ですが、フォノイコからプリまでに繋いでアナログを聴いてみたところ、


・・・古い録音のヴァイオリンって結構子音成分がきつく感じられることがありますがそれがない。そしてヴィオラやチェロの胴鳴りがかなり大胆に太い。


反面解像度は低くなりましたが、きょうびここまで個性のはっきりしたケーブルも珍しくっておじさん嫌いじゃない。。


LUNA CABLES のケーブルはグレードが上がるほど解像度が上がることは店で確認済なので次回は グレードが1つ上の ORANGE を借りてまた自宅で試すとして、





寝室で使っている Monitor Audio:Bronze 5 と 先日お書きした TRIODE:TRK-3488 とで試してみましょうか。











Apple Music で色んなジャンルを録音の新旧問わず聴いてみました。



Monitor Audio のスピーカーって、BBCモニターやタンノイ等 いわゆる英国の古風なスピーカーとは全く違って現代的な音調ですよね。そして同社の入門クラスである Bronzeシリーズはヨーロッパのリビングでマランツのリーズナブルなアンプあたりと組み合わされて電子楽器を多用する最近のポップスをあたりさわりなくおしゃれに鳴らしているスピーカーっていうイメージ。いわゆるバジェットオーディオで、ある意味日本のスピーカーより「日本的」に明るく薄く軽く綺麗な音(ドイツの集合住宅のリビングで鳴っている音ってけっこうそんな音だったりする)。





で、もちろんそういうポップスを GRIS を繋いで聴くと耳に刺さらないマイルドな質感が支配的になって心地よいんですが、アンプが TRK-3488 にヴィンテージ管を挿したやつっていうのもあるのでしょう、立ち上がり立ち下がりがのんびりしていて、もうちょっとシャキッとして欲しいかもしれない。









が、ダニー・ハサウェイやステイプル・シンガーズを再生すると 真空管シングルゆえの低出力と低ダンピングファクターによる締まらなくてあとに引くベース、そして GRIS のマイルドで湿度が高い音場・音像描写がかなりいい感じに雰囲気を出しますね。ステイプル・シンガーズがいつにも増して粘り気があるし。この価格帯でこんな個性のケーブル、ほんと無いですよ笑。


これが ORANGE になるとどうなるんでしょ? ともあれ、我々のように古今東西のケーブルを沢山聴いている人間には、強烈な個性を持っているケーブルって試聴のしがいがあって面白いです笑。


ところでついでながら、





この短いケーブル、LUXMAN のプリメインアンプをお使いの方ならあるいはお判りになるかもしれません。





そう、プリアウトとメインインの間を繋ぐジャンパーケーブルです。


我が家の L-505f は元々ここはコの字型のジャンパーピンで繋いであったんですが、以前キャンペーンか何かでこのジャンパーケーブルを入手して以来使っています。


けどやっぱりマニアはここにもっとグレードの高い RCAケーブルを繋いでみたくなりますよね?





例えば今回の GRIS を繋ぐとこんな感じ。スイッチクラフトのRCAプラグはこのように細身なので繋ぎやすい。試したことのある方なら御存知でしょうが、この端子部はかなり間隔が狭いのであまり高級なケーブルだともっと径が大きなプラグを採用しているものが多いのでプラグ同士が触れてしまいますし、コレットチャックだと狭すぎて締められなかったりする。



で、せっかく繋いだのでジャンパーケーブルの比較試聴もしてみましたが笑、ボトムエンドとは言えそれなりのお値段はする GRIS。情報量が明らかに増えました。ってこのために買う方もいらっしゃらないでしょうが笑。


店員S田でした。





モノラル盤再生と磁気伝導技術




ゆうべはこの盤を聴きました。






モノラル盤。





結構久しぶりに聴いたんですが、なんか違う。ぽぉっと浮かぶ各楽器の音像が以前よりはるかに濃くて、実在感が増している。変な言い方ですが前よりずっとモノラルっぽい。


アナログ周りは特に変わってないのにどうして? 色々原因を探してみましたが、、いや、我が家のシステムはアナログ周り以外もほとんどいじっていなかった。・・とすると原因は





・・やっぱりこれでしょうね笑。330時間ほど経過した MC-1 Pro Double Helix+ Signature


モノラル盤を上手く再生させようとして世間で評価の高い現代のコンポーネントやアクセサリーを導入するとかえって悪くなることが多いのは周知の通り。設計開発段階でそれらのコンポーネントやアクセサリーがモノラル盤再生を意識しているとはあまり考えられないですからね。


その点この Signature を始めとする磁気伝導技術搭載のアクセサリーは、やっぱり大したものです(^^;)。この技術自体は新しいもののハズですが、録音の新旧を問わず好ましい効果を発揮してくれるわけですから。





ところで我が家のガラード 401 のキャビネットは、






独 Alto Extremo:Neo Flex XL3 で支えられてます。こいつは本当に、究極のインシュレーターの1つです。周囲で歩いても音に影響ゼロなのは当たり前。混濁皆無になるうえに、例えば管楽器奏者や歌手の肺活量が底なしに増えた感じになるというおよそインシュレーターらしからぬ効果まで発揮してくれちゃいます。



というわけで今夜からしばらくモノラル盤を聴きなおす店員S田でした。







用途限定システム。





SACD化されたりハイレゾスペックで配信されたりする音源って意外とアナログ録音時代の名盤が多かったりしますよね。



それらはただハイレゾ化されるだけでなく良質なマスターから改めてマスタリングしてたりするわけですから通常CDと比較すれば高音質になっているのは間違いないのですし、


そのようなハイレゾソースを最新のハイエンドデジタル機器と、ハイエンドアンプ、ハイエンドスピーカー、そしてハイエンドなケーブルから成るシステムで再生するのも現代のオーディオファイルの楽しみのひとつとたしかに言えるでしょう。が、


そのような再生は録音制作者の意図通りの再生かと問われたらそれは違う気もします。私ならもっとシンプルに、敢えてハイレゾ音源は入手せず、オリジナル盤とまでいかなくてもできるだけ良質な中古のアナログ盤を入手して、さほど高価ではないものの古いソース向きなコンポーネントとケーブル、を組み合わせて再生しますね。


例えばいま当店にある機器を自由に組み合わせてそういう古い録音を再生してみろと言われたら、





まあスピーカーは Graham Audio:LS 3/5 でしょう。





アンプは Audia:FL3S (っていつもそれじゃないかと言われちゃうか笑)。しかし FL3S はこう見えて手前のラディウスより古いソースをうまく鳴らします。



当店にないものでもいいのなら、そうですねー、例えば TRIODE:TRK-3488 を買って真空管だけヴィンテージにしますかね。実際我が家でも TRK-3488 に仏 MAZDA の 12AX7 と RFT の EL34 を挿してたまに鳴らしてますが結構いい感じですから。





で、ケーブルはサエクでもアコリバでもアクロリンクでもなく、






LUNA CABLES の GRIS で揃えますかね。今日はスピーカーケーブルがないのでラインケーブルだけですが。


このシステムだと、














ハイレゾどころか、通常CDよりスペック的に劣りさえするストリーミングでも、こういう録音なら笑 ハイレゾ音源を現代ハイエンドシステムで再生したときより音楽として(少なくとも私は)楽しめます。





逆にこういう新しい録音はこのシステムだとダメです笑。いや、ダメとまで言わないですが、現代ハイエンドシステムでハイレゾを再生する方が断然いいですね。結局向き不向き。


我が家の MC-1 Pro Double Helix+ Signature 、挿してからやっと 300 時間が経過しました。600時間以上経過しましたらまた御報告いたします。500時間経過したデモ機を外したショックがようやく癒えつつある店員S田でした。




Architectura:Alina




Architectura:Alina







JORDAN WATTS の フラゴンしか思い出さない。というわけでもなくて、


15年くらい前にも丸十製陶さんというメーカーがハイエンドショウに出展して Alina と同じ信楽焼のスピーカーをデモなさってた記憶があります。形は全然違いましたけどね。





ユニットは audience 社製。





バスレフポート。





今回は Accuphase:E-800 を組み合わせてちょっとだけ聴いてみました。またとない組み合わせ。





写真で見てたより小さいこのスピーカーの音は外見同様の個性派。小口径フルレンジ1発ゆえのレンジの狭さに目くじらを立てるべきではなく、むしろ陶器独特の硬質な音像と、点音源とネットワークレスによるシンプルな位相表現を楽しむべきでしょう。


なんとなく真空管アンプとならけっこう合いそうな予感。ダンピングファクターが小さい方が逆に上手く鳴るんじゃないか。


ともあれ、点音源だ回折だ内部定在波だといった理屈を並べない方がかえって売れそうな、音楽を聴くためのスピーカーと言っていいでしょう。店員S田でした。











ラインケーブル3機種比較





オーディオというインドアな趣味を嗜む我々はいつもと変わらず ラインケーブルを3機種、聴き比べようじゃありませんか。






まず最初に LUXMAN:JPC-15000








両端ノイトリックの端子。














ピアノの左手がずしーんと重く響きます。そして表面を磨いた金属のような質感が支配的。しかし右手方向がきらびやかになり過ぎることはない。


では次。ACOUSTIC REVIVE:XLR 1.0 Triple C FM











両端の端子はアコリバオリジナル。





今日聴いた個体は中古でプラグの塗装剥がれが目立ちます(^^;)。











新品定価が JPC-15000 の倍以上なだけあってやはりハイファイ性能はかなり勝ります。



まずスピーカーの外側方向に音場が拡がる。そして特に左手=低域の解像度が明らかに向上して混濁が解消。音像はちょっと引き締まる。


しかしというか、JPC-15000 の方がやや音像が大きい代わり全体に手綱が緩んだ、ある種おおらかな表現だったので XLR 1.0 Triple C FM より JPC-15000 の方が好きという方がいらっしゃるかも知れませんね。アコリバはポリーニでラックスはホロヴィッツ、というのはあまり上手い譬えではないか笑。


では最後。LUNA CABLES:ORANGE XLR











両端の端子はノイトリック。











ピアノの左手の解像度がアコリバより低くて混濁。音場もスピーカーの外側にはあまり展開しない。そしてホールトーンがラックス、アコリバよりぱっと聴きは少ない。んですが、


ラックスともアコリバとも全然違うピアノの、なんとも心地良い質感。そして耳に美味しい音色。


今までこのブログでも何度か試聴してきた ORANGE ですが、ピアノ曲だけで比較試聴した今日の印象はかなり個人的にいいですね。。


正直なところ、アコリバやサエクやエソテリック、あるいはヨルマデザインやノードストといった現在主流派を形成していると言っていいメーカーの製品とは目指すところが相当違うので、それらのケーブルをお使いになっている方にはお勧めしにくい LUNA CABLES ではありますが笑、


これまた正直に言いますと、例えば 英国 LEAK や、「昔の」QUAD を愛用しているような方にならかなり自信をもってお勧めできるのが LUNA CABLES です。あるいはこう言ってしまいましょうか。フルトヴェングラーやトスカニーニ、フリッツ・ヴェルナーやクリュイタンス、バルヒェット・カルテットやブッシュ・カルテット等の録音盤を買ったけど現代ハイエンドシステムで再生しても実につまらない。なので定評のあるケーブルにすれば楽しく聴けるかと思ってあれこれ買ってみたけど高いケーブルにすればするほどハイファイ性能は高まる反面フルトヴェングラーとかはアラが目立つばかりでかえってつまらない度が高まってしまう。そんなお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら試しに LUNA CABLES を繋いでみてください。それらの盤の「本来の」音に多少なりとも近づけて、音楽として楽しめるようになるかも知れません。


LEAK の DELTA 30、そして QUAD 22+II を愛用している店員S田でした。








オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館

お茶の水アクセサリー館はオーディオアクセサリーのあらゆるアイテムを展開し、国内外の多数ブランドを取り扱いしております。新品はもちろん、中古品の品揃えも充実しており店頭試聴も可能です。高価買取・下取は通信販売も対応しています。是非お気軽にご相談ください。

【電話】
03-3295-3103

【FAX】
03-3294-6141

【営業時間】
平日 12:00~20:00
日曜・祝日 12:00~19:00

【E-mail】
accessory@audiounion.jp

【住所】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ブログ内検索

バーコード