在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 6
10 11 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

KRIPTON:KX-5P





名門 VICTOR のまさに直系である



KRIPTON 。



その KRIPTON の10周年記念モデル KX-5P を鳴らしています。










VICTORの数々の名機と同様に、ドイツのクルトミューラー製コーンをウーファーに採用。







密閉型なのでこういうソースも合います。低音が筋肉質。










美しいピアノブラック仕上げ。実はこの個体、デモ機特価で販売中。



今日もご試聴の希望がありました。












私はお酒が飲めませんが、



マッキンを見ると照明を落とした深夜のリビングでウィスキーグラスを傾けながら



古いジャズに浸りたいと思ってしまいます。



40超えても結局ヨークマートで買った100%オレンジジュースを安いコップで飲んでますがね。



店員S田でした。


van den Hul のトップエンドスピーカーケーブル試聴






オランダ van den Hul のトップエンドスピーカーケーブル、



3T The Cumulus Hybrid の中古品が入荷しています。



太くて重いケーブルです。










まず比較用の某ケーブルで試聴して、







アンプは Mcintosh:MA-8900 です。


今日の主役 3T The Cumulus Hybrid に繋ぎかえます。










太い(笑)。








視覚的なアンバランス感が凄いです。





EDM というんでしょうか、この手の音楽に最近はいわゆる優秀録音が多いようですが、


オーディオのハイファイ性能をはかる際に重宝しますね。


比較用ケーブルより明らかにダイナミックレンジが大きくなり、かつまた


音像にまとわりついていたザワザワしたノイズが綺麗に取り除かれました。







さすが老舗 van den Hul のトップエンド。アコースティック楽器による演奏でも、


前述した高いハイファイ性能が、人間の耳に生理的な違和感を感じさせないのですね。


そしてチェロのスケールのなんと大きいこと! 実に朗々と歌います。







ワイラースタインが素晴らしかったのでまたチェロ協奏曲。



アルト・ノラスもいい。  ペンデレツキは個人的に、軽薄なハイファイシステムに



ありがちな明るい音色だと聴くに耐えないのです。



他にも例えばエルネスト・ブロッホをダークな音色で聴けないなら私はオーディオを止めるでしょう笑。 van den Hul はその点、素晴らしいですね。



まだ CDプレーヤーを探している店員S田でした。

Quad 22 + II と合わせられるやつってあまり無いんですよね。


















Esoteric:7N-PC9700 MEXCEL 大特価販売中






Esoteric のトップエンド電源ケーブル、7N-PC9700 MEXCEL / 1.5m



当店に最終在庫品が僅かにございます。



生産完了してしまったのです。 モデルチェンジしたばかりだったのですが。。

















本当の最後です。MEXCEL の電源ケーブルを大特価で入手できるチャンスを



お見逃しなく(^^)!







TMD:Seraaak RCA  触るともっと妖S






個人的かつ一時的に特に欲しいオーディオ製品がなくなっております。



これではいけない。というわけで、



Audio Accessory誌でこそ結構レビューを見るもののさほど試聴機会が多いとは



言えない TMD のケーブルを試聴しました。



ガツーン ドシーン バシャーンと刺激を受けたらまた何か欲しくてたまらなくなるんじゃないかって。








ご覧のとおり外見も変わっていますが、







触ると妙なものが中に色々。







まさかのバネ。







天井の蛍光灯で透かしてみたくなるのが健全な好奇心というものでしょう。



仕事柄古今東西の色んなケーブルを見てきましたが、TMD は唯一無二。



聴く前から期待させてくれるじゃないか・・!







ではこの、ケーブルの唯我独尊を







試聴してみましょう。







比較用のケーブルは要らない。







相対評価が一番似合わないケーブルに対して比較試聴だなんてナンセンス。







絶対評価こそが礼儀というものです。







!!!







イタタタタッ!







手前にグイグイくる。







意外に滑らかな質感も出るけど







ティンパニが、胴鳴りより分厚い皮の張りで聴かせる。。













もっかい透かしてみたくなるケーブル。



ガツンとやられたのは間違いないです。



店員S田でした。新しい自分を探さなきゃいけないかもしれない。
















Mcintosh:MA8900

 








今日は マッキントッシュの半導体プリメイン MA-8900 で





















Stirling Broadcast:LS3/5a V2 を鳴らしています。






















今日はスピーカースタンドが変り種。



マッキン と LS3/5a V2、個性が喧嘩しないですね。



ワイドレンジ感を強調しない、中域の充実感で聴かせるコンビ。



生理的に嫌な音がしない。細かいことは考えなくていいから音楽を楽しみましょ。



っていうある意味非常に真っ当なオーディオ。



アンプとスピーカーも当店にて中古で販売中ですので、



売れちゃうまではお聴きいただけます。



CDプレーヤーがついに完全に壊れたので(叩いても読まず NO DISC と表示されるのです)



壊れないのを探し始めている店員S田でした。







伊 DIAPASON:Micra(マイクラ)






イタリア DIAPASON の Micra を当ビル1Fのお茶の水店から借りて



当店で鳴らしています。      ※ 仕事です。










私の iPhone から、ADL:GT8A で


DENON のプリメインアンプ DRA-100 のフロント USB-A に入力。


DRA-100 は自動的に認識してくれます。音源は Apple Music。


Apple Music には膨大な数の音源が提供されていますので


日曜の午後、音楽を楽しみながら寛げます。ちがった働けます。
























Micra はさすがイタリアのスピーカーで、よく歌います。


音色は艶やか。高域に美味しいフレーバーがのります。


有線よりやっぱり Air Play で再生する方が便利で優雅ですね笑。


とはいえ、適当に組んだシステムの割りにはかっこいいかも。


店員S田でした。









ATH-AP2000Ti






チタン製ハウジング。かっこいい。



ご存知のとおりチタンは非常に硬いので加工が困難ゆえ、



このハウジングも歩留まりがとても悪いそうです。



しかしチタンは極めて硬い上に軽く、振動減衰性能もずば抜けて高い金属ですので



たとえば MAGICO のアーロン・ウォルフも、可能ならチタンでスピーカーのエンクロージャーを



つくりたいと言っていましたね(コストがかかり過ぎて無理だと笑っていましたが)。






















チタン製エンクロージャーのスピーカーを聴くのは現時点では不可能ですが、



オーディオテクニカからは以前から、このようなチタン製ハウジングのヘッドホンが



発売されています。



このたびこの ATH-AP2000Ti 、そしてイヤホンの  ATH-CK2000Ti ATH-CM2000Ti



新発売となりましたので、代表してヘッドホンの ATH-AP2000Ti を試聴しました。












まずこのクリス・ボッティのライブ録音。



1曲目、広い会場に観客の拍手が響き渡るのですが、明らかにこの拍手が



速い!



電子楽器による強烈な低音がどれだけ長く続いても遅れることがないタイプの、



立ち上がりと立ち下がりがハイスピードな音ですね。









では次はちょっと意地悪な気分で笑、クラシックも聴いてみましょうか。







・・・この盤にはこんな面白さもあったのか!



という音ですね。  やはり音の立ち上がり・立ち下がりがとても速いので



ラン・ランの超絶技巧が楽しい。特に左手の。



ただ古い録音のクラシックやジャズを聴くとかなり好みが分かれるかもしれません。



私には経済的に難しいですが、聴く盤によってヘッドホンを使い分けるのも相当、



面白そうですね(^^)。



店員S田でした。
























LUXMAN 内覧会 その3










コンパクトなネオ・クラシコシリーズ、第2弾が登場。



真空管プリメインアンプ、SQ-N150







CDプレーヤー D-N150



こういうのを未来の美人な奥さんと寝室で使いたい。タンノイのフロア型と組み合わせたいな。







今回写真をうっかり撮り忘れてしまったのですが、



地下の試聴室で、この Diablo Utopia Evo と、



ペア 2,700万円の Grande Utopia EM Evo を LUXMAN のトップエンド機と組み合わせて



聴きました。








・・・ヴォーカルの密度、立体感が途轍もなくて仰天しました(^^;)。



薄くて軽いハイファイ調ではまったくなかった。。



仏 ERATO のオリジナル盤を海外から毎月取り寄せている人間には、



あの、細身にならず温度感も高い Utopia の音は強烈なインパクトがありました。



勿論ハイファイ性能は極めて高い上でのあの濃さですからね。。



何か買いたくて仕方がない店員S田でした。

LUXMAN 内覧会 その2






LUXMAN 内覧会その2。



Kanta No.2 (白いトールボーイ)も聴きました。





(左が来年発売予定の Kanta No.3、右が No.2)



Kanta はオーディオファイル向けに企画開発されたのではなく、



リビングで寛ぎながら音楽をいい音で聴けるおしゃれなスピーカー、という趣旨の商品。



ですので、カラーヴァリエーションが非常に豊富ですし、



クリティカルなセットアップをしなくても音楽を楽しめるように



スウィートスポットがかなり広い設計だそうです。DALI のスピーカーもそうですよね。



とはいってもそこは天下の FOCAL。音はクリティカルに聴いても本物のそれです。









ハイグロス仕上げだからかも知れませんが、マット仕上げだった Kanta No.1とは違って



すっきりくっきりした質感の音でした。



我が家のリビングで鳴らしているのは 30年前に買った パイオニアのヴァーチカルツイン



S-55 Twin SD なんですが、Kanta No.2 か、No.3 に買い換えたら



あのしがないリビングもさぞやオシャレになるでしょう(って部屋が負けるか・・)。













今回 Kanta 兄弟を鳴らしたのは、特にドイツで非常に高い評価を受けているという噂のL-509X 。



駆動力、クオリティ、どれをとっても下手なセパレートアンプが裸足で逃げ出すレベルのプリメインアンプです。



さらに続く。



店員S田でした。










LUXMAN 内覧会 その1






昨日はLUXMAN の内覧会に行ってきました。














このようにずらりと LUXMAN 歴代の名機が並ぶお部屋が会場でした。













LUXMAN が輸入する仏 FOCAL から新発売の密閉型ヘッドホン、ELEGIA 。



D-06u と P-750u の組み合わせで試聴しました。



同社の ELEAR、CLEAR、UTOPIA は全てオープン型でしたが、



密閉型ヘッドホンをつくらせてもさすが、巧いです。





















PD-171 に優秀な弟分が誕生。 PD-151。



価格こそ弟分ですが、PD-151のために開発したモーターは静かかつ非常に高性能。



例えばワウフラッターは PD-171 と同等以上の性能になってしまったそうです笑。



デザインも造りも素晴らしく、これなら永く愛用できると思いますね。


















Kanta にブックシェルフが誕生。



Kanta No.3 。









この FLAX のミッドウーファーがとてもナチュラルかつ豊かな音色。



特にマット仕上げの Kanta が音の質感もいい感じに気持ちよい粗さで



個人的にかなり気に入ってしまいました。














続く。




中古で買ったCDプレーヤーの調子が悪くて、トレイが引っ込んだあと読み込ませるために毎回トレイの蓋をある特定の角度から一定の強さで叩いている店員S田でした。

何かの熟練の職人になった気分になれます。