在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

ただいま High Fidelity Cables新製品試聴会 開催中です






本日、米国特許取得の磁気伝導技術が話題の




High Fidelity Cables  試聴会 開催中です。




今回は、同社から発売された、




リーズナブルな価格の新シリーズ、




Reveal シリーズから、スピーカーケーブル、アナログ RCAケーブル、




AES/EBUケーブル、




そしてヘッドホンモジュール Trinity ポータブルの試作機を

















流し込み形式にて御試聴いただけます。









もちろん、空きコンセントに挿す Magnet Waveguideもありますよ。




本日17時まで。




御来店お待ちしております!





3月25日(土)13:00~17:00 High Fidelity Cables 新製品試聴会 開催!







この奇妙な物体は、




米国特許を取得している磁気伝導技術でお馴染みの、




High Fidelity Cables の新しいケーブルです。





同社のケーブルは非常に高価なので、





その劇的な効果に惹かれながらも、





なかなか買うのが難しかったのが実情です。





ですがこのたび、





同社のラインナップに、リーズナブルなシリーズが加わりました。





その名も Reveal シリーズ





当店では、3月25日 土曜日13:00~17:00





Revealシリーズの試聴会を開催いたします。





加えて、ヘッドホンケーブルの中間に挿入する形式の




ヘッドホン・モジュール、Trinityの試作機もデモいたします。





今日は試聴会当日に使用する製品のうち、





スピーカーケーブルとアナログ RCAケーブル、そして Trinity 試作機を





聴くことができました。





まずはスピーカーケーブルから。

























デモ機はバナナ端子仕様。




上級のケーブルは、両端の端子にも磁気伝導技術が組み込まれていましたが、




Revealシリーズでは、ケーブル中央の箱にのみ。










これです。










今日の試聴盤です。












空きコンセントに挿す Magnetic Wavaguide を私も2本購入して




自宅で使っています。




ようやくブレークインが完了して、




今まで聴いたことが無いような、えもいわれぬ柔らかなテクスチャと、




低いノイズフロア、そして高い解像度を堪能できるようになりました。




つくづく不思議なのですが、




使用前は引っ込んでいた帯域や音像が、




使用後になると何かにアシストされて、




正しいバランスで鳴るようになる。




Magnetic Waveguideで抱いているそういう印象を、このケーブルに換えても抱きます。





アナログRCAケーブルも加えてみます。

















デモ機が短かったので、SACDプレーヤー K07の背面をこちらに向けました。





RCAケーブルを加えたことで弱かった帯域あるいは楽音が更なるアシストを得て、




全体のバランスが整う感じです。




空間もさらに拡がりました。




この効果が現実的な価格で得られるようになったのですね。





価格競争力はかなりのものだと思います。




だって、繋いだ直後でこの効果ですからね(^^;)。




同社製品はすべて、数百時間を経過しないと本領を発揮しないのです。




ブレークインが完了したらどれだけ凄いことになるか。










そして、Trinity。

















ブルメスターのプリメインアンプ 101のヘッドフォン出力から、











まず Trinityに入ります。 そして










Trinity の反対側から出して、
















改めて御試聴中なのは、試聴会 講師の 株式会社ブライトーン 福林さんです。




私もヘッドホンは SONY の MDR-CD999あたりから始まって、




MDR-CD3000、ゼンハイザー HD800、エニグマコースティクスの Dharma D-1000等を




愛用してきました。










そんな店員的に、Trinityは本気で欲しい!











無しだともう聴けなくなるレベルです(^^;)。





今回試聴した製品に共通して言えるのは、




通常のケーブルによる伝送だけではどうしても何かしらのロスが生じて、





最終的な音に欠落していた楽音が、




適切なアシストを得て、活き活きと蘇る。




かのような効果を実感できたということですね。




3月25日(土)13:00~17:00の試聴会は流し込み形式ですので、




普段お聴きのCDで磁気伝導技術の威力を体感いただけます。




店員 S田でした。





























サエクから待望の PC Triple C 完成品スピーカーケーブル発売!







オーディオ専用に開発された PC Triple C はいまや





PCOCC-Aの生産が完了した現在、新導体を代表する1つとしてその地位を確立した感があります。




PC Triple Cの持ち味は、




高い解像度、生理的に心地よい滑らかな質感、そして音場表現に秀でている点、等々にあるように私は感じていますが、





これらの持ち味を、長年培った技術とセンスで巧みに引き出したケーブル群が人気を博しているサエクから、




ついに完成品スピーカーケーブルが発表されました。





その名も  STRATOSPHERE(ストラトスフィア) SP-10












導体の断面が独特です。




サエクではこの導体構造を、スーパーストラタム構造と呼んでいます。











中心部に撚り線、




その周囲に、1本1本絶縁を施した細い単線を配しています。




切売スピーカーケーブルの名作、SPC-850では中心部に単線、その周囲が撚り線という構造でした。










わかりにくい写真ですが(^^;)、中心に単線・その周囲に撚り線という構造です。





表皮効果やインダクタンス等、理論的な理由がそれぞれにあるはずですが、












SPC-850と、この STRATOSHERE SP-10の音を聴くと、





サエクが追い求める方向にブレがまったくないことを痛感します。











澄み渡った静かな空間から、











余計なエッジを立てることなく、精密に描かれた立体的な音像がたち現れます。


















音楽的なバランスが真っ当なので、古い録音も凄くいいんです。





そしてこの STRATOSPHERE SP-10。


























なめらかな質感と、極めて高い解像度! 





やっぱり切り売りとはわけが違う(^^;)。





当店にて御試聴が可能です。





店員S田でした。










USBケーブルの限界を突き破る USB - AES/EBU アダプター 








デジタル再生において今や欠くことができないとも言える USBケーブル。










しかしその構造上、どうしてもクオリティ的に限界がありました。




電源供給とデジタル信号伝送が1本のケーブルに同居していること等、




オーディオケーブルとしては非常に好ましくないのが USBケーブルの構造であるのは周知の通りです。




もちろん、Acoustic Revive や KRIPTON、SAEC等々、ケーブル各社から




音質的に考慮した良いケーブルが出てはいます。





しかし、既存の電源ケーブルや AES/EBU ケーブルには




USBケーブルの比ではない種類の、高品質なものが数多くありますよね。





今日、当店にて試聴会をいたしました、





Mc Audio の USB - AES/EBU アダプター:UX - 02




このアダプターを使用することにより、




市場に数多ある既存の良質なスピーカーケーブル等を電源ケーブルとして、





そしてデジタル信号はラインナップが充実している AES / EBU ケーブルにより伝送することが




可能になるのです!











この PCから、











DENON のこの DAC に繋いでの比較試聴です。











本日の講師は株式会社ポーカロ・ライン 村山さんです。



















ちょっとわかりにくいですが、最初は通常の USBケーブルで聴いてみました。











アンプがドイツの名門 ブルメスター:101、




スピーカーがイタリア Sonus Faber の ガルネリ・エヴォリューション。




試聴ソースは 96kHz / 24bit FLAC。リヴィンストン・テイラーの超有名曲です。




これはアンプとスピーカーが効いてますね。澄んだ音場に美音がふんわりと漂います。




次。アダプターを両端として、


















間に サエクのスピーカーケーブルを給電用に、











ACROLINK の AES / EBU ケーブルをデジタル信号伝送に用いてみます。











。。




付属品レベルの先ほどの USBケーブルとは、次元が違いました(^^;)。




ヴォーカルと楽器との位置関係がより明確になり、楽音の立体感も向上。




ヴォーカルの密度感が明らかに増大。




ただまあこれは、USBケーブルを違うものに交換しても得られる変化です。




アダプターの醍醐味はここから。

























AES / EBU ケーブルだけを、ACROLINK から 




某社が近日取扱い予定という、私も初めて見るケーブルに交換して聴いてみます。











ヴォーカルの質感、テクスチャが変わりました。




ACROLINK より口元が若干小さくなり、ちょっと温度感が下がりました。




私は ACROLINK の方が好きですね。




・・このアダプターを使えば、




デジタルファイル再生時の音質を、電源ケーブル、デジタルケーブルの無数の組み合わせによっても、




追究できるようになるわけですね。 こりゃー面白い。オモチャが増える笑。




オーディオってつくづく楽しいですね笑。





店員 S田でした。











ブルメスターのプリメインアンプ 101 展示中です!







ドイツの超高級車 マイバッハ





そのカーオーディオとして採用されているのが他でもない、ブルメスター。













宝くじが当たれば、ベントレーやロールスロイス、そしてマイバッハも所有したいと





捕らぬ狸の皮算用がライフワークとなって早幾年の私が常日頃考えているのは





当然過ぎることです。














しかし、今当店でハイエンドオーラを放つブルメスターのプリメインアンプ 101 なら、












実は頑張れば手が届く価格。











101の展示が始まってからというもの、



























いつになく真剣に試聴を重ねているのは、



















しかしそのブランド性だけが理由ではありません。












非常に艶やかなんです! 音が。











・・弦とピアノが本当に素晴らしい。





女性ヴォーカルも実に潤いに満ちています。。





普段なら楽音にまとわりつく耳障りなハーシュネスが見事に取り除かれ、





直接音と間接音が、実に芸術的に、そして精妙に漂います。










ご存知のとおりブルメスターの製品はどれも非常に高価なのですが、





101はなんとか買える価格。




フロントパネルのスイッチの感触も官能的。。





こいつは危険です。。












ブルメスター 101、来週末まで展示する予定です。





ぜひ御試聴ください(^^)。




私も空き時間を見つけては試聴する予定です。




店員 S田でした。













































ジェネシスサウンド試聴会









今日、当店で試聴会を開催していたジェネシスサウンドの製品群。





その原理は AiTEC製品と同様、常に私の理解を超えるのですが、





音が変わるのは確かなのです。











ジェネシスサウンドの伊藤さんです。




















今日の試聴機は











CK-1












電界ノイズ低減プレート











特殊カーボンマット C-1。











今日の試聴システムは、










ESOTERIC の K-07










ドイツの超名門ブルメスターのプリメイン 101





そしてスピーカーが











ソナス・ファベール の ガルネリ・エヴォリューション。






では試聴。











試聴盤はいつものこれです。





まずは、ジェネシスサウンド製品無しで聴いてみます。











何も載せていません。





・・・ブルメスターは、ガルネリと相性本当にいいですね。





基本、理知的なのですが、





ガルネリの甘い艶を実に上手に引き出してます。よく歌ってる。




特に不満はないです笑。




では今日の主役、ジェネシスサウンド製品の3点全部を一気に加えてみましょう。






































































何かのおまじないって感じです笑。









・・・変わりました。




さっきも十二分に、ガルネリが気持ちよく歌っていたんですが、




ジェネシスサウンドのアクセサリー3点を加えたら、





喉に実はまだ何かつっかえていたかのような音の詰まり感が払拭されて、




伸び伸びと歌うようになりました。




ナゼ?(^^;)




シャクティストーンと似たようなアプローチと効果、という印象ですが、




いずれにせよ理由はわかりません。





オーディオアクセサリーて、やっぱり不思議。











ジェネシスサウンドの試聴会、次回は 6月24日土曜日午後を予定しております。




C-1は試聴機が常時ございます。




店員S田でした。




























英国 EAR:V12他、御試聴いただけます







だいぶ春めいてきましたね。




今、当店で英国EARのプリメインアンプ V12と、











プリアンプ 868、











同じくプリアンプ 834L、そしてフォノイコライザーアンプ 834Pを




御試聴いただけます。



















じんわりと身体に沁みこむ美音。




すごーくいいです!




御来店お待ちしております。





次元が違い過ぎる・・・








ついに発売開始となりました。





NVSの電源ボックス、CCS-4













購入後早速御自宅で繋いでお聴きになったあるお客様いわく、












これは電源ボックスというより、



















プリアンプだ!




と。











たしかに、この音の変化は、




我々が知っている電源ボックスによる変化とはまるで違います。




特に、音色と、




音楽的な抑揚のダイナミクスが、




超ハイエンドのプリにしたときと同じように劇的に変化します。





しかもまだおろしたてでこの効果!





ブレークインが完了したときいったいどうなるのか。。












なんといってもNVSがつくったボックスですから、




ネーサン氏の至高のチューニングが施されています。





結果として、内部には NVSのトップエンド、




Silver Inspire Sと Copper Inspire Sがハイブリッドで使用されています。




その他、筐体やインシュレーターにも同社独自のノウハウを投入。











電源ボックスとして考えれば確かに高価ではありますが、




35万円でこの音が得られるコンポーネントと考えると、逆にとんでもないバーゲンプライス。。











アクセサリー界に久々の超大物が登場です。




これは本当に凄い・・・。




店員 S田でした。
























アルフェコのインシュレーター 「ココチメタ UFO」

 





チェロのエンドピンや、






ピアノ専用のインシュレーターを製作しているアルフェコから、





スピーカー専用のインシュレーター、その名も





ココチメタ UFO」。





が発売されました。 ・・変わった名前笑。




















なるほど。むかーしの、コテコテの、ベタな UFOの形状してますね笑。













今回の試聴システム。











スピーカーはオルトフォンの Kailas SS 200。





地味なんですが笑、なかなかどうして非常に真っ当な音と造りのスピーカーです。










試聴盤。













プレーヤーは ESOTERIC : K-07。












プリメインアンプは ACCUPHASE の E-600。












こんな感じでスピーカーの下に設置。












横から見たところ。





点接触系のインシュレーターですね。





スパイクは円錐の頂点で上に載せた機器から伝わる振動を下に素早く伝えますが、





ココチメタ UFOは半円を下の皿にうがたれた小さな穴の1点で受けます。





そしてココチメタ UFOは、上部の半円スパイク?も受け皿も、




微振動を吸収する合金「アルフェ」でできているのが最大の売り。




分厚いインシュレーターが多い中、ココチメタ UFOは素材の振動吸収能力がずば抜けているので、




このような薄い造りで十分に効果を得られるようです。






で、有り無しで比較試聴したところ、











おっ、










ココチメタ UFOを下に敷いた途端に、音場と音像がふわりと浮かびました。





微小振動も効果的に吸収しているのでしょう、





音像の輪郭線のにじみも消えました。




さすが、チェロのエンドピンを作っているだけのことがあるというか、




妙にオーディオ的な色づけをしない、真っ当なインシュレーターです。




奇をてらっているのは名前だけでしたね笑。




ココチメタ UFO、絶対的な金額がお手ごろですので





ペア10万円以下のスピーカーには価格バランス的にもお勧めですね。





店員S田でした。





















1/28(土)29(日) 12時~17時 フェーズメーション新商品試聴会です!






今週末 1/28(土)29(日)  12:00~17:00は、




フェーズメーション新商品試聴会です。




話題の新カートリッジ PP-500、




300Bパラシングルのモノラルパワーアンプ MA-2000




をお聴きいただけます。











MA-2000はPSVANEの300Bをパラシングルで使用。










ターミナルがまたゴツイ! いいパーツをふんだんに使ってます。


























モノラルフォノアンプ EA-1000










同じく EA-500










そして PP-2000 !











フェーズメーションのフラグシッププリ CA-1000。 電源が左右別筐体!











実にゴージャスな陣容です。





ぜひ足をお運びください(^^)!